MVNOお得情報

動画が見放題でデータフリーになるBIGLOBEのエンタメフリーオプションが登場

2017/05/22



しむ子
電車の中で動画見たり音楽聴いたりするのにやっぱり容量を気にしちゃうのよね。

sim探偵
BIGLOBEのエンタメフリーオプションを知らないな?

動画をたくさん見たい人におすすめ

スマホを使って電車に乗って通勤しているときなど、動画を見て時間をつぶしたいと思っている人もいるでしょう。しかし動画を長時間視聴すると、容量をかなり使ってしまいます。

大手キャリアの中には、長時間動画を気にせずに視聴できるように月々20GBのような大容量プランを提供しているところも出てきています。

格安SIM業者の中でも、動画をガンガンみられるようなプランを提供しています。

その中でも注目されているのが、BIGLOBEエンタメフリーオプションプランです。

BIGLOBEのエンタメフリーオプションは、AbemaTVYouTubeGoogle Play MusicApple Musicを利用する場合、データ通信量がカウントフリーになるサービスのことです。

自分の高速データ通信容量を一切消費せずに済むので、長時間動画を視聴したい・音楽を聴きたいという人にはお勧めといえます。

sim探偵
ただしApple Musicの動画視聴は対象外じゃよ。


↑BIGLOBE SIMの公式ページへ

BIGLOBEのエンタメフリーオプションのサービス詳細を紹介

BIGLOBEのエンタメフリーオプションですが、BIGLOBEの中でもライトSプラン12ギガプランの契約をしている場合にのみオプションをつけることが可能です。

オプションの料金は、どのSIMタイプで契約しているかによって変わってきます。

もし音声通話のSIMであれば、月額料金は480円です。

そのほかのデータ通信専用やSMSつきのSIMカードの契約をしている場合には、どのプランであっても月額料金は980円となります。

ちなみにライトSプランや12ギガプランで契約している人の中には、シェアsimを使っているケースもあるでしょう。

この場合、シェアsimにもエンタメフリーオプションをつけることは可能です。ただしSIMカード1枚ごとにオプション料金が発生しますので、あらかじめ注意しておきましょう。


↑BIGLOBE SIMの公式ページへ

BIGLOBEのエンタメフリーオプションを使った場合の動画視聴の質は?

しむ子
でもさ~画質とかは実際どうなの?

BIGLOBEのエンタメフリーオプションを使用することで、自分の高速データ通信の容量を使うことなく動画を視聴したり、音楽を聴いたりできます。

しかし動画や音楽の質に問題はないのか気になる人もいるでしょう。

容量は温存できても、動画や音楽の質が下がってしまっては意味がありません。動画視聴の通信速度について検証したサイトがありましたので、その結果をもとに紹介します。

画質についてですが、スマホを対象にしているので360~480P程度になります。

このレベルであれば、動画を視聴する場合でもスムーズにみられるでしょう。ただしもっと画質を上げて、720PのHDが異質で見ると、バッファが追い付かない可能性があり、途中途中で止まってしまう恐れがありますのでストレスを感じるかもしれません。

ただし動画のサービスによっては、画質の設定に関係なく低画質に落とされる可能性もあります。

中には240P程度の画質になってしまうので、ドラマなどを視聴する場合全体的にぼやけた感じになるので物足りなさ・見づらさを感じるケースもあるでしょう。

BIGLOBEのエンタメフリーオプションは、自分のデータ通信容量を消費することはないです。ここで問題になるのは、自分のデータ容量を使い切ってしまって、速度制限がかかった場合、エンタメフリーオプションを利用できるかどうかです。

結論から言いますと、エンタメフリーオプションの対象である、AmebaTVやYouTubeなどを視聴するのは可能です。

先ほど紹介したように、360~480P程度の画質で見ている分には映像が途切れることなく視聴できるでしょう。速度制限がかかると、動画は見られないのではないかと不安に感じるでしょうが、以前と比較して全く一緒のコンディションで視聴できるはずです。

さらにテザリングで、BIGLOBEのエンタメフリーオプションを使ってスマホにてデータ通信をしてパソコンで視聴することも可能です。

もちろんスマホもパソコンも自分の高速データ通信を消化することはないです。

sim探偵
ただし画質はダウンしてしまうから、パソコンのような大画面を見た場合見にくく感じることはあるかもしれんな。

BIGLOBEのエンタメフリーオプションの注意点

BIGLOBEのエンタメフリーオプションですが、あくまでも通信容量のカウントフリーになるのは動画や音楽のデータ通信そのものに関係するものだけです。

例えばサイトやアプリにアクセスして、検索を行う、検索結果が表示される際の文字や画像、広告表示についての通信データはカウントされますので注意しましょう。

またAndroidやiOSのようなOS標準以外のブラウザを利用した場合、上で紹介したエンタメフリー対象のサイトで視聴したとしてもカウントフリーの対象外となる恐れもあります。

カウントフリーになるかどうかですが、BIGLOBEがその通信内容を判断して決めています。ですからカウントフリーサービスを確実に利用するためには、それぞれのサービスの提供する専用アプリを使ったほうがいいでしょう。

また環境によっては、カウントフリーの利用できない恐れもありますので注意しましょう。

動作確認状況についても、BIGLOBEのホームページで紹介されていて、ほとんどのOSで問題なくどのサービスでも利用できるようです。

ただしAndroid4を使用している場合、Google Play Musicはエンタメフリー機能の対象外となる恐れがありますので注意しましょう。


↑BIGLOBE SIMの公式ページへ

-MVNOお得情報