SIMフリースマホ

格安スマホに入れるならお勧め5つのアプリを厳選

2017/04/27



しむ子
アプリってたくさんあるよね~探偵のお勧めアプリってある?

sim探偵
そうじゃな。格安スマホに入れておきたいアプリを特別に教えるとするかの。

スマホの料金が家計に負担をかけるので、格安スマホに乗り換えてみたいと思っている人もいるでしょう。

格安スマホにすることで、大手キャリアと比較すると半額以下の料金に節約できます。格安スマホも従来のスマホ同様、いろいろなアプリをダウンロードできます。その中でもおすすめのアプリ5つを以下で紹介します。

データ通信量節約できるアプリ

大手キャリアのスマホを利用してきた人は、おそらくデータ通信についてパケット定額プランを利用してきた方が多いはずです。

主要なキャリアを見てみると、標準コースとして5~7GBのパケット定額プランで契約している人が多いようです。

しかし格安スマホ業者の場合、データ通信量のプランがかなり少なめです。一般的なプランは月2GBと音声通話付きのコースです。

今までと比較して、半分以下の通信量になります。しばしばデータ通信を利用するのであれば、通信量を節約できるアプリを取り入れるといいでしょう。

例えばChromeブラウザがあります。

こちらのブラウザには、データセーバーという機能のついているのが特徴です。データの転送量を圧縮できる機能で、データのやり取りをするときに無駄にデータ消費する心配がありません。

sim探偵
PCブラウザでも有名なChromeブラウザは速い上にお勧めじゃ。

そのほかには、Opera Max データマネージャもおすすめアプリです。データを圧縮できるアプリで、すべてのデータについての通信量を圧縮できます。スマホのゲームや動画サイトなども含まれますので、データ消費の節約効果がより高まります。

通信速度切替アプリ


格安スマホの場合、月単位だけでなく、日単位で高速通信のできる容量に制限を加えているプランも多いです。

無駄に高速通信を使ってしまうと、たちまち速度制限がかかってしまう恐れもあります。通信速度切替アプリは、目的に応じて通信速度を変更できるアプリです。

IIJmioクーポンスイッチは、IIJmioBIC SIMで利用できるアプリです。

アプリを起動してワンタッチすれば、速度切り替えが簡単にできます。また当該月のデータ通信量の利用状況なども表示できます。

b-mobileという格安スマホを利用するのであれば、Turbo Chargeがおすすめです。画面に大きく表示されるので、速度切り替えが簡単に行えます。
こちらはデータ通信量の目安が画面表示されるので、データ通信の調整ができます。

sim探偵
どちらも自分のペースに合わせて簡単に切り替えられるから入れておいて損はないぞ

上で紹介した2つのアプリはいずれも、インストールは無料なので気軽に取り入れることができるでしょう。


↑IIJmioの公式ページへ

↑b-mobileの公式ページへ

通話アプリ

格安スマホは、データ通信をする分では主要キャリアよりも安いです。

しかし音声通話をするとなると、高くなってしまうのがネックです。そこで格安スマホの音声通話ではなく、通話アプリを使えば、電話料金をかなり安くできます。しばしば電話で相手と会話したいと思っている人にはお勧めです。

通話アプリの中でも最も知名度の高いアプリが、楽天でんわです。

楽天でんわをインストールすれば、今使っているスマホの電話番号を使って通話ができます。相手が携帯電話の場合、従来通り番号が着信時表示されますし、固定電話を相手に通話することも可能です。アプリのインストール・月額料金も無料、通話した分料金が請求されます。

電話料金を支払うと、その料金に従って楽天スーパーポイントが貯められるのも特徴です。楽天グループのサービスを利用している人には、おすすめのアプリといえます。通話料金の支払いは、クレジットカードのみになっているので注意しましょう。

G-CALLも楽天でんわとともに人気の通話アプリです。

楽天でんわと料金システムはほぼ一緒です。しかし国内の通話料金に関して、消費税が一切かかりません。楽天でんわと比較すると、少しお得です。

しかし楽天でんわアプリでは電話番号リストを作成できるのですが、G-CALLではそのような機能はありません。


↑楽天モバイルの公式ページへ

「あとで読む」アプリ


格安スマホの場合、先ほども紹介したようにデータ通信量が制限されています。ですから記事をチェックするときに、いちいち最初からアクセスしているとデータを無駄に消費してしまいます。そこで活用してほしいのが、「あとで読む」アプリです。

いろいろな記事を保存できて、途中で読むのを中断した場合でもその途中の部分から再開できるわけです。

例えば公共Wi-Fiで興味のある記事をストックしておきます。そして時間のある時に、このストックした記事を読めば、自分のスマホのデータ通信を消費せずに済みます。

「あとで読む」アプリの中でも代表的なのは、Pocketです。どのようなウェブサイトの情報も一元化で管理できます。
しかもアカウントを作っておけば、スマホだけでなく、パソコンやタブレットなどの複数の端末を使ってアクセスできます。

さらにSNSを使って、ほかの人と情報をシェアすることも可能です。無料でインストールできるので、いろいろな情報をスマホで得ている人には必須のアプリといえます。

自動機内モードアプリ

格安スマホのデメリットでしばしば紹介されるのが、バッテリーの消費の早さです。機内モードに変更すれば、無駄なバッテリー消費を防げます。

自動機内モードアプリであれば、機内モードへの切り替えを自動的に行えます。自動機内モード制御 Freeが自動機内モードアプリの中でも人気です。

簡単なチェック操作できないモード制御設定のできるのが魅力です。機内モードのときでも、定期的に通信を行うことは可能です。もちろんメールの受信やSNSの通知なども受け取れます。

しむ子
格安スマホの条件をアプリで補える!知っておいて損じゃないわね!

-SIMフリースマホ