SIMフリースマホ

中古スマホを買うときの注意点は?

2017/02/08


3c096044c573af847db8e0bf465571fd_ssimfree

中古スマホを買うにあたって、注意したいことがいくつかあります。新品のスマホと違って中古は気をつけて購入しなければ、安物買いの銭失いとなってしまうでしょう。

中古スマホには良いものもあり、悪いものもあります。中古スマホを買うときの注意点を知りたい方は、ご覧ください。

古い中古スマホを購入すると、バッテリーが劣化しているかもしれない

2f2c71d7dfdfdb8d1c20a2f2201130ea_ssimfree

古い中古スマホを購入する場合、一番注意したいのはバッテリーの劣化です。スマホは、使っているうちにバッテリーが劣化してしまいます。

バッテリーが劣化していると、1日も経たないうちに電池がなくなって使えなくなってしまうこともあります。これでは意味がありませんよね。

バッテリーの劣化は、なかなか中古で購入するときに確認できませんよね。そこでおすすめなのは、バッテリーが交換できるスマホを購入することです。

公式・非公式問わずバッテリーの交換を受け付けていたり、あるいはネットで新品のバッテリーを交換して付け替えられたりすれば安心ですよね。

ソフトバンクの中古スマホは、格安SIMで使えない

ソフトバンクの中古スマホは、格安SIMで使うことができません。ソフトバンクのSIMを契約する必要があります。これでは意味がありませんよね。

そのためソフトバンクの中古スマホは、購入しない方が良いでしょう。

auの中古スマホは、VoLTE対応ならSIMロックを解除してVoLTE対応SIMを使わなければ格安SIMで使えない

auの中古スマホを購入したい場合、注意が必要です。VoLTEに対応しているスマホの場合、そのままでは格安SIMで使えません。

格安SIMでVoLTE対応のスマホを使う場合は、2015年5月以降に販売された機種であれば、auショップに持ち込んでSIMロックを解除し、VoLTE対応SIMを入れる必要があります。

VOLTE非対応の端末ならVoLTE非対応SIMを入れれば格安SIMで使えますが、今からauのスマホを買うなら、VoLTEに対応している新しめの端末がおすすめです。

中古スマホは、古いものだとスペック的に厳しい

中古スマホを購入するにあたって気をつけたいのが、スペックです。古い端末だとスペックが低く、今から使うには厳しい端末もあります。

例えば初代Xperia、SO-01Bの場合。メモリは384MB。ストレージ容量は1GBで、ほとんどアプリも入れられませんし、OSも古すぎて対応しているアプリがあまり多くありません。

2014年頃からのスマホであれば、スペック的には不都合なく使うことができるでしょう。できれば新しめのスマホを選ぶことをおすすめします。

中古スマホはケースなどが販売されていないこともある

c775b187bc266f7f836491caf90f9316_ssimfree

中古スマホを購入する場合、ケースなどが販売されていないことがあります。Androidスマホの場合、1年以上前の機種になると店頭では取り扱われていないと考えた方が良いでしょう。

インターネットなら取り扱われている場合もありますので、ケースやその他周辺機器が欲しいならネットで探してみることをおすすめします。

中古スマホは実際に手にとって動作確認をするか、保証があるものを選ぼう

中古スマホは、できる限り自分でしっかり状態を確認してから購入することをおすすめします。

ただし、いくら状態を店頭で確認しても、思いがけない不具合があることもあるのが中古スマホです。できれば保証が少なくとも1ヶ月程度あるお店での購入をおすすめします。

実際に手にとって動作確認できるお店では、ボタンの押し心地やタッチパネルの動作などを確認しましょう。もしも反応が悪い場合は、購入しない方が良いですね。

中古スマホもそれなりに高い

72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_ssimfree

最後に注意していただきたいことは、中古スマホもそれなりに高いことです。新しめのスマホだと、普通に5〜6万円くらいにまで値が張ることもあります。

ただし価格が高い新しめの中古スマホならあまり以前の所有者が使っていないので、バッテリーの劣化もなく新品とそれほど変わらない感覚で使える場合が多いでしょう。

また、せっかく中古で購入するならばできるだけ性能の高い機種を購入した方が良いですね。性能の高い端末なら、それだけ長い期間使えます。

中古スマホを買うときの注意点まとめ

中古スマホを購入するときは、できるだけ状態が良く新しい端末を選ぶのがおすすめです。古いと周辺機器を探すのにも一苦労ですし、性能的に快適に使えないこともあるでしょう。

そして中古スマホを購入するとき、中古ショップの店頭で購入するなら動作を確認することが大事ですね。

ネットショップの場合は動作を確認できないので、保証がしっかりしているサイトからの購入をおすすめします。

中古スマホは、新品では手が出せない端末でも気軽に購入できるのがメリットです。予算の許す限り性能の良いスマホを購入しましょう。

また、Zenfone Goのように新品でも格安で売られているスマホもありますので、比較してみるのもいいかもしれません。

ASUS ZenFone Goのスペックや価格

-SIMフリースマホ