SIMフリースマホ

スペックが充実・FREETEL RAIJINの特徴を紹介

2017/05/01



FREETELの2017年モデル

FREETELはコマーシャルでも宣伝しているので、名前だけなら知っている人もいるでしょう。

FREETEL RAIJINは2017年2月1日から発売されたAndroid対応のスマホです。

スペックが充実しているけれども、比較的リーズナブルな価格で販売しているということで、コスパに優れた機種として注目を集めています。

IT系の雑誌などでも、早くも紹介されています。そのレビューを見てみると、いずれも高評価です。FREETEL RAIJINの特徴について、詳しく見ていきます。

大容量バッテリーで長持ち


FREETEL RAIJINに搭載されているバッテリーは、5000mAhが搭載されています。

このバッテリーは「モンスターバッテリー」といわれているほどで、パワフルです。

一度フル充電できれば、連続最大24日間持つといわれています。

スマホユーザーの中には、電池の残量が気になるという人もいるでしょう。FREETEL RAIJINであれば、よほどのことでもない限りバッテリー残量を気にする必要はないでしょう。

バッテリーの能力はもちろんのこと、無駄に電池を消費しないような対策を施しているのも長持ちする秘訣です。Android7.0という最新バージョンが搭載されています。

省エネ機能でも優れています。インターネットのほかにもゲームや動画、音楽であっても電池のことを気にすることなく、思う存分楽しめます。

5000mAhの大容量バッテリーが搭載されていると、サイズが大きいのではないかと思う人もいるでしょう。しかしこれだけのパワフルなバッテリーの割には、重量は183gと軽量ボディに仕上がっています。

充実した構成


FREETEL RAIJINには、オクタコアプロセッサという6つのコアと4GBのメモリによって構成されています。

3万円弱という価格の割には、十分なスペックが搭載されているといえます。

メモリの容量4GBは十分なスペックで、処理にあたってストレスを感じることはまずないでしょう。

アプリの起動や切り替えをする場合でも、スムーズに作動します。WEBの閲覧やSNSへの投稿、動画の再生などの比較的負荷のかからないタスクを実行する際にストレスを感じることはまずないといっていいでしょう。

FREETEL RAIJINのストレージは64GBとかなりの容量を誇ります。またもしこのストレージを使い切ってしまったとしても、FREETEL RAIJINにはmicroSDカードスロットが装備されています。SDカードを挿入することで、容量をさらに増やすことが可能です。

FREETEL RAIJINの画面は、5.5インチです。スマホの中でも画面は比較的大きいです。このため、映画などの動画を視聴する際にも見づらさを感じることはないでしょう。

しかも画面にはIPSディスプレイが採用されています。明度に優れているのが特色で、室内以外でも晴れたまぶしい屋外でも細部までしっかりと視認できます。色も鮮やかなので、華やかな画像を閲覧できるはずです。

スマホを購入して、液晶にひびが入ってしまったという人もいるでしょう。FREETEL RAIJINの場合、Gorilla Glass3によって保護されています。
ですから多少どこかにぶつけたとしても、傷がつきにくいので取り扱いやすい機種といえます。

指紋認証センサーが搭載


最近のスマホにはセキュリティ対策の一環として、指紋認証センサーが搭載されている機種も多いです。

FREETEL RAIJINにも背面部に指紋認証センサーが搭載されています。センサーは従来のスマホと比較すると、ややサイズは小さめのようです。

指紋認証をした際、口コミやレビューを見てみると「認証してくれなかった」という意見もしばしば見られます。
その場合には、少しやり方を変えてみるといいようです。指で触れるのではなく、押し当てるような感じでセンサーに触れると認識してくれる可能性は高いです。

さっと触れただけでは、認証してくれないかもしれません。しばらくセンサーを指で少し押すような感じで待っていると、認証してくれます。簡単に認証してくれる機種を今まで使っていた人は、この部分では少しストレスを感じるかもしれません。

扱いやすいスマホか?


FREETEL RAIJINは、現在販売されているスマホの機種の中では少しサイズは大きいです。

先ほど紹介した5.5インチのパネルを利用していることが関係しています。成人男性であれば、片手で持てる程度の大きさです。しかし女性で手が小さめの人は、やや持ちにくいと感じることもあるかもしれません。

大容量バッテリーを搭載しているので、ボディは最新の機種と比較すると分厚い印象があるでしょう。厚さは8.65mmです。ただし大容量バッテリーが搭載されている割には、他と比較して圧倒的に分厚いという印象ではないでしょう。「ちょっと厚めかな」程度の印象のはずです。

重さは先ほども紹介したように、183gです。現在の最新機種と比較すると、バッテリーの重みの分重量感があるかもしれません。
しかしはっきりと重たいと感じることや長時間片手でスマホ操作するのは大変と感じることはないでしょう。軽量のスマホをこれまで使ってきた人は、少し重たく最初のうちは感じるかもしれません。しかし、しばらく使い続けていれば、その重みも忘れてしまうでしょう。

長時間スマホをする、充電しなくても機能を楽しみたいと思っている人にはFREETEL RAIJINがおすすめです。
また液晶が大きいので、動画などを見る頻度が多い人にも向いている機種といえます。

-SIMフリースマホ