SIMフリースマホ

今流行りのDSDSとは?

2017/06/02



sim探偵
しむ子はDSDSって聞いたことあるかのお?

しむ子
もちろん分かりません!!

DSDS対応のSIMフリースマホZenFone3、Moto G4 Plus、ZTE Blade V7 MAXの3つを比較!

格安SIM会社が続々と登場している中、SIMフリー端末も劇的な進化を遂げています。

国内メーカーの半額以下の価格で購入が出来る端末の中には高性能な物も増えてきており、コストパフォーマンスが魅力の端末も多く存在します。

そんな中海外メーカーのSIMフリー端末で目にすることが多くなったDSDSの文字。

一体DSDSとは何なのか?DSDSに対応したSIMフリー端末にはどういったものがあるのか?

皆さんの疑問にお答えしたいと思います。

そもそもDSDSって?

DSDSとはデュアルシムデュアルスタンバイと読みます。

デュアル(二重)にSIMを差すことが可能で、差されているSIMのどちらも通信が行える状態(スタンバイ)を指します。

2つのSIMを手動で切り替える必要が無く、片方のSIMでインターネットをしている最中に片方のSIMからの電話の着信や通話を行うことが出来ます。

通話定額を契約しているガラケー持ちの方など、2台のスマートフォンを運用している方はそれらのSIMを1台のスマートフォンに差して運用を行えるようなり、非常に便利な機能と言えます。

sim探偵
プライベート用と仕事用の電話が1台にまとめられるという大きな利点があるから、近年注目が集まっている機能となっておる。

DSDSの便利な運用方法

先に挙げた2つの電話番号を持つ音声通話機能付きSIMの2枚差しの他にも、音声通話機能付きのSIMとデータ通信専用SIMの2枚差しを行うといった運用方法があります。

これにより1カ月あたりに使用することが出来るデータ量を安くすることが出来るため、1人で複数回線の契約を行いながら月々の料金を抑えることが出来ます。

その他にも通話定額のみのSIMとデータ通信専用SIMを合わせることで通話料金を気にせずにデータ通信を行い、従来よりも安く運用することが可能です。

DSDSの注意点

sim探偵
非常に便利な機能じゃが、1つのSIMに音声通話の着信があった場合片方のSIMは通信が行えんじゃよ。

音声通話とデータ通信が行えるSIMのようにバックグラウンドで通話を行いながらWEBブラウジングを行う、といった運用が行えないため、通話時には注意が必要です。

また、端末によってはnano SIMとmicro SIMしか差せないものやnano SIMとnano SIMの組み合わせにしか対応していないものなど、SIMのサイズにも注意する必要があり、SDスロットを利用してSIMカードの2枚差しを行うことからmicroSDが使用出来ません。

一部の機能が制限されてしまうため、1台の端末で2つの電話番号を持ちたい方や、お得にデータ通信を行いたい方向けの機能となっています。

DSDS対応SIMフリー端末について

2017年現在非常に多くのSIMフリー端末が登場しており、DSDS対応のSIMフリー端末の数も増えつつあります。

いざDSDS対応端末の購入となってもどの端末を買えばいいのかわからない方も多いハズ。

そこでDSDSオススメな3機種を紹介したいと思います。

ZenFone3のスペックや特徴

通常モデルはRAM 3GBストレージ32GBの5,2インチのディスプレイとなっており、Snapdragon 625を搭載しています。

バッテリー容量は2650mAhで、背面カメラは1600万画素です。

AnTuTuのベンチマークスコアは61000前後となっており、3DMarkのベンチマークスコアは14000前後となっています。

価格は35,000円前後です。

大きすぎず小さすぎず、ミドルスペックスマホとして扱いやすい端末となっています。

Moto G4 Plusのスペックや特徴

RAM 3GBのストレージは16GBと32GBの2モデルが登場しており、5,5インチディスプレイにSnapdragon 617を搭載しています。

バッテリー容量は3000mAhで、背面カメラは1600万画素です。

AnTuTuのベンチマークスコアは47000前後で、3DMarkのベンチマークスコアは9800前後となっています。

価格は30,000円前後となっています。

3Dゲームなどをする場合はやや頼りないスペックと言えますが、通話やWEBブラウジングをメインとする方にオススメな端末で、価格の安さが魅力の端末です。

ZTE Blade V7 MAXのスペックや特徴

RAM 3GBストレージは32GB、5,5インチディスプレイにMTK6755Mを搭載しています。

バッテリー容量は3000mAhで、背面カメラは1600万画素です。

AnTuTuのベンチマークスコアは45000前後で、3DMarkのベンチマークスコアは300前後となっています。

価格は33,000円前後となっています。

処理の重い3D描写のゲームなどには向いていませんが、大容量RAMによる安定した動作と大画面が魅力です。

DSDS機能を活かしたスマホを選んでみては

どの機種もDSDSに対応したSIMフリー端末で、価格も30,000~35,000円前後ですが、性能だけでみるとZenFone3がトップとなりました。

しかし、画面の大きさやバッテリー容量などでは他の2機種に劣っており、通話やWEBブラウジングをメインに運用する方にとっては価格の安いMoto G4 PlusやZTE Blade V7 MAXがオススメです。

格安SIM会社によってはこれらの端末とのセット販売を行っており、一般価格よりも安く購入することが出来るため、お得にSIMの運用を行うDSDS機能を活かしながら自分に合った端末を探してみましょう。

-SIMフリースマホ