SIMフリースマホ

ファーウェイから発売されている格安スマホを比較してみた!

2016/11/16


huawei001

ファーウェイは、日本において積極的にSIMフリースマホを販売している会社のひとつです。

ファーウェイは、例えばASUSがZenfoneシリーズでSIMフリースマホを展開し続けているのに対して、様々なシリーズを一つの会社で展開していっているのが大きな特徴ですね。

現在はPから始まるシリーズと、楽天モバイルで展開しているhonorシリーズが主なファーウェイ製スマホです。

この記事では、現在気軽に購入できるファーウェイ製スマホの中からおすすめのものを紹介していきます。

SIMフリースマホがほしいと考えている方は、ご覧ください。

端末名 価格 OS 画面 メモリ ストレージ容量 CPU カメラ バッテリー容量
honor 8 32800円(楽天モバイル) Android 6.0 5.2インチ 1920×1080 4GB 32GB Hisilicon Kirin 950 1200万画素×2 3000mAh
P9 lite 19980円(楽天モバイル) Android 6.0 5.2インチ 1920×1080 2GB 16GB Huawei Kirin 650 1300万画素 3000mAh
P9 59800円(楽天モバイル) Android 6.0 5.2インチ 1920×1080 3GB 32GB Huawei Kirin 955 1200万画素×2 3000mAh
P9 lite PREMIUM 未定(UQモバイル) Android 6.0 5.2インチ 1920×1080 3GB 16GB Snapdragon 617 1300万画素 3000mAh
honor 6 9600円、14600円(楽天モバイル) Android 5.1.1 5.5インチ 1920×1080 3GB 32GB Hisilicon Kirin 925 800万画素×2 3600mAh

honor 8はコスパの高さが魅力、P9に勝る部分も

honor8

楽天モバイル専用モデルであり、他のMVNOでは購入できないhonor 8。SIMフリースマホといえばどこでも購入できるものでしたが、honor 8は楽天モバイルでしかセット購入できないことに注意が必要ですね。

デザインはZenfone 3に近い、メタリックな外観。サファイアブルー、サンライズゴールド、パールホワイトといずれも高級感があります。

honor 8の最大の特徴は、ダブルレンズが搭載されていることでしょう。iPhone7Plusにもダブルレンズが搭載されていますが、honor 8の方が安く購入できます。

ダブルレンズによってより細かい描写の表現が可能になっていて、暗い場所での撮影にも有利です。

そして今回紹介する中でも、honor 8が一番優れているのはメモリ容量です。最もハイスペックなP9は3GBなのに対し、ミドルスペックの端末であるhonor 8は4GB。なぜこのようなことになったのかは謎ですが、メモリは大いに越したことはありません。

CPU性能はP9の方が優れていますが、メモリを重視する方はhonor 8を選ぶと良いでしょう。

P9 liteは価格が安く、やはりコスパ重視の端末

p9lite

P9 liteは、楽天モバイルにおいて定価が29980円。そして現在は、19980円で購入可能です。

CPUはKirin 650が搭載、メモリは2GB、ストレージ容量は16GBとなっていて、ハイスペックなスマホではありません。しかし、ハイスペックでないと動かないようなゲームで遊ぶなどしなければ全く問題はないでしょう。

安い端末でありながらフルHDの画面が搭載されているため、動画を見るときなどに役に立ちます。

指紋認証にも対応しており、コストパフォーマンスはセール中でもセールが行われていないときでも、かなり高いといえるでしょう。

安くて使えるスマホがほしいと考えている方には、今回最もおすすめしたいスマホですね。

P9は、価格が高いが性能も高い、ハイスペックスマホ

p9

P9は、P9liteの上位モデルです。価格は59800円と高めですが、その分性能も高いので、満足できる端末ですよ。

P9の特徴はダブルレンズですが、honor 8と違ってライカ製のレンズです。カメラメーカーの大手であるライカのレンズを搭載していることは、大きなアドバンテージですね。

CPUも今回紹介している端末の中で最も性能が高く、ゲーム好きな方などにも対応できると考えられます。

P9 lite PREMIUMはWiMAXでの通信に対応する最新のファーウェイ製スマホ

20161111173133

P9 lite PREMIUMは、UQ mobileで販売される予定のSIMフリースマホです。今回紹介する中では唯一、au回線に対応しています。

P9 liteとP9の中間的存在で、メモリは16GBですがメモリは3GB、CPUがSnapdragon 617に変更されています。

WiMAX 2+での通信に対応しているため、日本のSIMフリースマホの中でもトップクラスの速度で通信ができることが考えられます。

執筆時、価格はまだ発表されていませんが、UQ mobileへの乗り換えを検討しているなら購入を考えてみてはどうでしょうか。

honor 6Plusは安くて性能も高いが、OSが古いのは弱点

honor6

honor 8と同じく、楽天モバイル専用モデルであるhonor 6Plus。ダブルレンズを搭載している、発売当時は数少ない端末でした。

現在はゴールドのみが販売されていて、1万円台で購入可能。撮影した写真であとからピントをずらすことができたり、バッテリー容量が大きかったりと、性能は高めのスマホです。

しかし、弱点があります。それはOSが最新でもAndroid 5.1.1と古いことです。

Android 6.0と比べてそこまで大きな差はないものの、OSは古いことを踏まえて、購入を検討してみることをおすすめします。

まとめ

ファーウェイのスマホは、コストパフォーマンスが高い機種が多いことが特徴です。

ASUSのZenfoneシリーズはZenfone3以降、ちょっと価格が上がってコスパが悪くなりました。しかし、ファーウェイのhonor 8やP9liteは価格と比べて性能は高く、魅力的なスマホです。

端末名 価格 OS 画面 メモリ ストレージ容量 CPU カメラ バッテリー容量
honor 8 32800円(楽天モバイル) Android 6.0 5.2インチ 1920×1080 4GB 32GB Hisilicon Kirin 950 1200万画素×2 3000mAh
P9 lite 19980円(楽天モバイル) Android 6.0 5.2インチ 1920×1080 2GB 16GB Huawei Kirin 650 1300万画素 3000mAh
P9 59800円(楽天モバイル) Android 6.0 5.2インチ 1920×1080 3GB 32GB Huawei Kirin 955 1200万画素×2 3000mAh
P9 lite PREMIUM 未定(UQモバイル) Android 6.0 5.2インチ 1920×1080 3GB 16GB Snapdragon 617 1300万画素 3000mAh
honor 6 9600円、14600円(楽天モバイル) Android 5.1.1 5.5インチ 1920×1080 3GB 32GB Hisilicon Kirin 925 800万画素×2 3600mAh

-SIMフリースマホ