SIMフリースマホ

ASUS ZenFone 2 Laserはこんな人におすすめ!スペックや価格を解説

2017/01/20


zenfone2lasersimfree
2015年に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン・Zenfone2 laser。1年以上前の端末なので、今から買う理由なんてあるの?と思ってしまうかもしれません。

しかし、まだまだ性能的には問題なく使うことができます。OSもアップデートされましたし、さらにau回線にも対応しました。

そしてZenfone2 laserは、この記事を執筆している時点で2万円以下で販売されることが多くなっています。

この記事では、Zenfone2 laserの魅力に迫っていきます。どんな人におすすめかも解説していきますので、ご覧ください。

ASUS ZenFone 2 Laser スペック
価格 24624円、30024円
CPU Snapdragon 410
メモリ 2GB
ストレージ容量 8、16GB
サイズ 143.7mm×71.5mm×3.5mm~10.5mm
重さ 140g、145g
解像度 1280×720
カメラ 1300万画素
バッテリー容量 2070mAh、2400mAh
OS Android 5.0.2(6.0)

8GBモデルと16GBモデルがある

Zenfone2 laserには、8GBモデルと16GBモデルがあります。ただし現在購入できるのは、基本的に16GBモデルです。

16GBモデルのほうがアプリをたくさんインストールできますし、バッテリー容量も多め。8GBモデルよりも、16GBの方が良いでしょう。

メモリはどちらも2GB。最近は3GB以上のメモリを搭載したスマホも増えてきていますが、2GBでも十分快適に動作させることができます。

OSがアップデートでAndroid 6.0に

OSがアップデートされたため、現在Zenfone2 laserで利用できるのはAndroid 6.0。それまでに搭載されていた5.0.2でも特に不自由することはないのですが、新しめのOSである6.0に対応したことで、セキュリティは強化されました。

ただし、内部ストレージをmicroSDに設定する機能には対応していません。

カメラ性能が高いのが、Zenfone2 laserの魅力

Zenfone2 laserは安価なスマホですので、性能についてはある程度妥協が必要。しかしその中で誇れる点があります。

それはカメラ性能。レーザーオートフォーカスに対応しているため、ピント合わせが得意であることがZenfone2 laserの魅力です。

デュアルSIMスロットが搭載されているが、同時待ち受けは不可能

Zenfone2 laserは、デュアルSIMスロットとなっています。2枚のSIMカードを同時に入れておくことができますが、Zenfone3などのように同時待ち受けはできませんので、あくまで入れておけるだけなことに注意しましょう。

片方で通信をしているときはもう片方のSIMに来る着信を受けることができません。例えばデータSIMを2枚入れておいてテザリング用に使うならOKですが、仕事用のSIMとプライベート用のSIMを入れてどちらからも着信を受けよう!という方法は使えません。

CPU性能は高くはないが、ポケモンGOのプレイなどは可能(16GBモデル)

Snapdragon 410が搭載されているZenfone2 laser。このCPU、はっきり言って性能はそれほど高くありません。

3Dグラフィックの性能が悪めなので、ゲームをたくさんプレイする人にはZenfone2 laserの購入をあまりおすすめできないのが事実です。

ただし、ポケモンGOについては多少動作がイマイチだったり、ARに対応していなかったり弱点はあるもののプレイ可能です。

そしてゲーム以外については、他のスマホとそれほど遜色ない動作をします。動画を見たり音楽を聴いたり、ブラウザを閲覧したりといった動作は普通にできますので、ゲーマー以外の方ならとくに気にする必要はないでしょう。

Zenfone2 laserはこんな人におすすめ

Zenfone2 laserはどんな人におすすめか、解説していきます。

SIMフリースマホを安く入手したい

実売価格がかなり下がっているのが、Zenfone2 laser。例えば楽天モバイルでは、通常27800円のところセールで13900円から購入できます。セット購入におけるSIMカードの初期費用を加えても2万円以内で購入でき、とても安価です。

NifMoでは、一括9800円で販売されています。ただし音声通話SIM付きの3年契約となっているため、あまりこちらはおすすめできません。

UQ mobile18000円でZenfone2 laserを販売中。さらに端末購入アシストを使って2年契約で購入すれば、端末代は実質0円になります。

安く購入できるのが、Zenfone2 laserのメリットですね。

au回線の格安SIMが使える端末が欲しい人におすすめ

アップデートでau回線に対応したので、au回線のUQ mobilemineoIIJmioなどに魅力を感じている方はZenfone2 laserなら、端末を安く入手できます。

5インチの Zenfone が欲しい人におすすめ

Zenfone 2シリーズは5.5インチの大画面のものがほとんど。その中で唯一、日本において5インチモデルが販売されているのがZenfone2 laserでした。

特徴的なデザインの Zenfone 2シリーズに魅力を感じていて、なおかつ5インチモデルが欲しい方に、Zenfone2 laserはおすすめです。

子供にスマホをもたせる場合にもおすすめ

子供はよく物をなくしてしまいますし、うっかり壊してしまうこともあるでしょう。そのため高価なiPhoneなどは持たせたくない場合も多いですよね。

また、使い方を教えるのも大変です。

安価であり、キッズモードを搭載しているZenfone2 laserは、子供に持たせる初めてのスマホにも最適です。

ASUS ZenFone 2 Laser▼まとめ

Zenfone2 laserは、CPU性能が抑えめではあるものの、実売価格が安くその他のスペックはそこそこ。コスパの高いスマホです。

おそらく今が底値ですので、購入を検討してみてはどうでしょうか。

【2017年1月更新】
【ASUS】ZenFone 2 Laser 取扱い格安sim
DMMモバイル 22,800
IIJmio 24,800
楽天モバイル 27,800
U-mobile 19,800
NifMo 9,800円※NifMo あんしん保証のお申し込みが必要(36カ月間 380円/月=13680円)
BIGLOBE SIM(アシストパック) 1,150円x24カ月間=27,600円

-SIMフリースマホ