格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

MNP格安sim乗り換え

auから格安SIMにMNPする際の注意点は?

2016/10/14


今話題となっている格安SIM。auでは1GBプランが登場したものの、適用条件が厳しくあまり恩恵も受けられそうにないということで、auからMNPで格安SIMに移行したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、乗り換えることで月額料金を安く、そして快適にスマホを利用できるようになります。

しかし、注意点もいくつか存在します。そこで、この記事ではauにMNPする際の注意点について解説していきたいと思います。

MNPを検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

au 必要金額
MNP予約番号発行手数料 3000円
2年縛り途中での契約解除料 9500円
分割支払金の残債
一括0円購入時の違約金
それぞれ必要な金額
MNP先のMVNOの初期費用 数百円~3000円程度

MNP予約番号は電話か窓口で発行しなければならない

MNP予約番号を発行しなければ、auから格安SIMに乗り換えることはできません。

しかし、MNP予約番号の発行にはauの場合少し手間がかかります。MNP予約番号は、auショップの店頭か電話で発行してもらう必要があるためです。

電話の場合発行できる時間は決まっており、朝9時から夜の8時までに限られています。働いている方はなかなかかけづらい時間帯ですよね。

また、電話すると引き留められます。ここで相手は割引などの条件を提示して来ることもありますが、ここは強い意志を持って断らなければいけません。

手続きを進めるとあとはMNP予約番号が発行されます。

店頭では開店時間に手続きを行ってもらうことができますので、忙しい方は休みの日に店頭でMNP予約番号を発行してもらうことをおすすめします。ただし、対面で引き留められる場合もありますので、押しに弱い人は電話の方が良いかもしれません。

キャリアメールやauのIDを残すことはできない

他のキャリアと同様に、auからMNPをするとauのサービスは利用できなくなります。

キャリアメールは自動的に使用できなくなり、auのIDもまた利用不可能となってしまいます。au walletは利用はできますが、あまり利用し続けるメリットはなくなります。

携帯電話のメールアドレスでしか連絡できない相手がいるのであれば、MNPせず機種変更でガラケーにして手元にauの契約を残しつつ格安SIMのスマホと2台持ちを行うか、UQ mobileにMNPすることをおすすめします。

UQ mobileでは携帯電話のメールアドレスに送信しても迷惑メールとして弾かれないメールアドレスが付与されるためです。

auのスマホはそのままでは乗り換えられない場合がある

auのスマホから格安SIMに乗り換える場合、ほとんどのMVNOではそのスマホをそのまま利用することができません。

なぜなら、格安SIMのほとんどがドコモの回線を利用しているからです。つまり、auの端末では電波を受信することができません。

auからドコモ回線の格安SIMを提供するMVNOに乗り換える場合は、SIMフリー端末や中古のドコモ端末を購入する必要があると考えた方が良いでしょう。

SIMロックを解除すればドコモ回線のMVNOでも端末を利用できることがある

2015年の5月以降に発売されたauのスマホは、SIMロックを解除することができます。SIMロックを解除するとドコモ回線も利用できるようになるため、対象の端末をお持ちであれば必ず解除しておきましょう。

SIMロックは店頭やネットで解除することができます。店頭で手続きを行う場合は手数料3000円がかかってしまいますが、パソコンやスマホから手続きを行うのであれば無料となります。

ただし、中古で購入した端末など元々自分で契約したものではない場合は店頭でしかSIMロックを解除できません。

そしてもう一つ、SIMロックを解除しても端末がドコモの周波数に対応していなければドコモ回線の格安SIMで利用できないということも気をつけましょう。

au系の格安SIMは2種類が存在する

auの回線を使っている格安SIMも、現時点でmineoUQ mobileの2種類が存在しています。そのため、auから端末をそのままで乗り換える場合はこれらの中から選ぶことがおすすめです。

mineoには幅広い料金プランがありますしフリータンクなどサービスも充実、、UQ mobileは携帯電話に送信できるメールアドレスが使えるという大きなメリットがあります。

ただし、一点だけ注意が必要です。auではVoLTEという機能への対応の有無によってSIMカードが変わります。対応したSIMカードを利用しなければいけないということに気をつけましょう。

基本的に最近の機種はVoLTEに対応していますので、VoLTE対応SIMを契約しなければいけません。

そしてVoLTEに対応するスマホをVoLTE対応SIMで利用する際は、SIMロックを解除しなければいけないという注意点があります。

つまり、ドコモ回線のMVNOに移る場合もそうでない場合も、VoLTE対応のスマホならばSIMロックを解除しなければいけないということですね。

VoLTEに未対応の機種は、未対応のSIMを契約すればそれで解決となります。

まとめ

auでは機種に関する注意点が多く、特にVoLTE対応のスマホはSIMロック解除をしたうえでVoLTE対応SIMを契約しなければ利用できないということに注意が必要です。

また、MNP予約番号の発行は店頭か電話でしか行えないということには気をつけましょう。

そして携帯電話のメールアドレスが使えなくなるというキャリアからMNPするにあたっての一番大きな問題は、auならばUQ mobileにMNPすれば新しく携帯電話に送信可能なメールアドレスがもらえるという解決策があります。

やや複雑になっていますが、auから格安SIMに乗り換えれば月額料金を大幅に安くすることができます。検討してみてはいかがでしょうか。

-MNP格安sim乗り換え