格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

契約方法と使い方

未成年でも契約することができる格安SIMは?

2017/02/22


キャリアのスマホを契約する場合は、未成年(20歳未満)の場合自分の名義では登録することができませんよね。

しかし、格安SIMの場合は実は未成年であっても契約ができるものが存在しています。ただし、いずれも条件があるため、気をつけなければいけません。

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_ssim

この記事では、未成年でも契約することができる格安SIMを紹介していきたいと思います。

未成年でも契約することができる格安SIMは?

【2016年7月更新】
キャリア名 対応状況
mineo 保護者の同意があれば可能
(クレジットカード必須)
U-mobile
DTI SIM
IIJmio クレジットカードがあれば年齢制限なし

mineoは18歳以上ならば保護者の同意があれば契約可能

格安SIMの大手であるmineoは、保護者の同意を得てその情報を入力することで契約を未成年でも行うことが可能です。

そのため、大学生の方はmineoに基本的には契約を申し込むことが可能となります。しかし、一点ほど注意点があります。

それは、mineoの支払い方法はクレジットカードしかないということです。クレジットカードは18歳以上でなければ申し込むことができませんが、mineoもまた18歳以上が条件です。

つまり、18歳になって高校を卒業したら学生向けのクレジットカードを作り、届き次第mineoを契約するという流れになりますね。

mineoはフリータンクやプレミアムコースなど、様々な独自のサービスを提供していて便利な格安SIMです。18歳でmineoを契約したら、サービスが続く限りはmineoから抜け出したくなくなるかもしれませんね。


↑mineoの公式ページへ

U-mobileもクレジットカードがあれば契約可能

U-mobileはU-NEXTの格安SIMサービスですが、こちらもクレジットカードさえあれば誰でも制限なく申し込みを行うことが可能です。

やはりクレジットカードは必要になるということで、18歳以上である必要があります。高校生はまずクレジットカードを契約することができませんので、高校生が自分の名義で格安SIMを契約することは、なかなか難しいということですね。

U-mobileは1GBまでと3GBまでが定額のダブルフィックスというコースや、IIJmioと提携しての使い放題コースが存在することが特徴です。


↑U-mobileの公式ページへ

DTI SIMもまたクレジットカード必須だが、未成年も可

未成年の契約が問題ないDTI SIM。しかし、やはりこちらもクレジットカードが必須であるため、18歳未満はまず契約不可能となりますね。

DTI SIMの特徴は6ヶ月間無料で、初期費用3000円さえ最初に払っていれば利用できるお試しプランの存在です。

DTI SIMは元々このようなキャンペーンを頻繁に行ってきていましたが、これを正式なコースとして独立させたことは非常にインパクトがありました。

6ヶ月経ったら月額料金がかかることになりますが、それまではいつ解約しても問題ありません。

DTI SIM 基本LP
↑DTI SIMの公式ページへ

IIJmioは年齢制限がないが、やはりこちらもクレジットカード必須

IIJmioも年齢制限はありませんが、残念ながらクレジットカード必須です。IIJmioは3、6、10GBという3つのプランから選んで利用できるオーソドックスかつ安定感のある格安SIMですが、残念ながらクレジットカードがなければ利用はできません。


↑IIJmioの公式ページへ

口座振替で契約できるMVNOは未成年不可

口座振替で契約できるMVNOならば未成年でも契約できるのではないかとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

BIGLOBE SIMOCNモバイルONEは口座振替で契約できますが、今度は反対に未成年の契約に対応していません。

まさに八方ふさがりと言ったところで、クレジットカードを持っていない人が格安SIMを利用する方法はほぼ無くなってしまいました。

プリペイドプランであれば、料金は高くなるが未成年でも利用可能

IIJmioOCNモバイルONEなどが提供しているプリペイドプランならば、未成年でも利用することができます。

しかし、プリペイドプランはデータプランにしか対応していませんし、料金もかなり割高です。これをメイン回線として利用することはまずできないと言っていいでしょう。

保護者名義で20歳になるまで利用し、後に解約して自分の名義で契約すれば良い

結論としては、20歳までは保護者の名義や保護者のシェアSIMで格安SIMを利用し、20歳になったら自分の名義で契約し直すことがベストです。

名義変更が行える場合はそれを行うと良いですが、BIGLOBE SIMなど名義変更ができない格安SIMもありますので注意しましょう。

まとめ

格安SIMは未成年でも契約することができますが、クレジットカードがなければ契約はできません。

そのため高校生が格安SIMを契約することはできませんし、大学生でもまずはクレジットカードを作らなければ何も始まりません。

クレジットカードなしで格安SIMを契約する最短コースは、20歳になったら口座振替でBIGLOBE SIMOCNモバイルONEを契約するという流れです。

おすすめはやはり、大学生になったらクレジットカードを作って、そこからmineoIIJmio等を契約することですね。

未成年でも契約することができる格安SIMは?

【2016年7月更新】
キャリア名 対応状況
mineo 保護者の同意があれば可能
(クレジットカード必須)
U-mobile
DTI SIM
IIJmio クレジットカードがあれば年齢制限なし

-契約方法と使い方