格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

契約方法と使い方

通話料節約アプリを比較!どのMVNOが便利?

2017/04/02


2ec9f2d3f1dfe984d863960473d14fd1_s
格安SIMに乗り換えたときに問題になるのが、通話ですよね。キャリアならスマホを契約するとかけ放題や5分かけ放題が使えますが、格安SIMは基本的に30秒20円の通話料金になります。

しかし格安SIMにも、通話料を節約できるアプリと、アプリを使う際にかけ放題が使えるオプションを用意しているものがあります。

この記事では、通話料節約アプリを用意している格安SIMを比較しつつ、どこが最も便利と考えられるか検証していきます。

ワイモバイルなら、アプリなしで10分以内の通話は月300回かけ放題

ワイモバイルなら、アプリなしで10分以内の通話は月300回かけ放題、さらに完全なかけ放題もワイモバイルは、通常の電話アプリからの通話でも10分以内の通話は月300回までかけ放題になります。

さらに2017年の2月からは、回数制限も撤廃。つまり10分以内の通話なら、完全にかけ放題ですね。

そして月額1000円のスーパーだれとでも定額を契約すれば、なんと通話は完全にかけ放題になります。

月額料金が高いワイモバイルですが、通話については他社に比べてとても有利ですね。


↑ワイモバイルの公式ページへ

IIJmioは半額通話とかけ放題オプションがあり、料金も安い

IIJmioは、専用のアプリみおふぉんダイヤルを使って通話することで通話料金が30秒10円になります。

そして2つのかけ放題オプションが用意されていて、「誰とでも3分、家族と10分」、「誰とでも5分、家族と30分」から選べます。

家族とは、同じmioIDで契約しているSIMカードを持っている人のことです。例えばシェアSIMを持っている他の家族などに電話をかける場合、これらのオプションを契約していれば長めに通話できて便利ですね。

3分のかけ放題と5分のかけ放題を選べるのもなかなか便利です。今回紹介するMVNOの中では、一番おすすめになるでしょう。


↑IIJmioの公式ページへ

FREETEL SIMは1分以内の通話かけ放題があるのが独特
FREETEL SIMは、FREETELでんわというアプリを通して通話するオプションが用意されています。

1分かけ放題が399円、5分かけ放題が840円、そして半額通話は月額料金なしで使えます。
1分かけ放題はかなり使うタイミングを選びますが、用途に合っている人からすればなかなか便利ですね。

5分かけ放題の料金設定は、並程度です。悪くはないですが、他にもっと安いMVNOはあるので微妙なところですね。

BIGLOBE SIMは、BIGLOBEでんわで60分までが定額通話に
BIGLOBE SIMは、月額650円の3分かけ放題と同じく月額650円の60分定額オプションを用意しています。どちらも、BIGLOBEでんわというアプリを使って発信する必要があります。

かけ放題と定額通話、どちらも選べるのはなかなか便利ですよね。あまり通話しないけれど稀に長電話をする可能性があるなら60分定額の通話パック60、3分以内の通話を度々するなら3分かけ放題を契約しましょう。

BIGLOBE SIMは音声SIMの場合、1GBプランを契約することもできます。通信よりも通話重視の方は、BIGLOBE SIMが合っている場合もあるでしょう。

楽天モバイルOCNモバイルONEは、5分かけ放題オプションを用意している

f4cca15dcfd015a3a35acd1c92d3d852_s
楽天モバイルは、5分かけ放題オプションが存在することを熱烈にアピールしている格安SIMです。

3.1GBプランの月額1600円に月額850円の5分かけ放題オプションを組み合わせると、月額料金は2450円。確かに安くなりますが、実際のところ他の格安SIMと比べるとちょっと見劣りする料金設定ですね。

OCNモバイルONEでも同様に月額850円の5分かけ放題オプションが用意されていますが、こちらも音声SIMの月額料金が1600円からとなり、楽天モバイルと料金的には同様ですね。

通話料節約アプリ比較のまとめ

格安SIM アプリ 月額料金 内容
ワイモバイル なし 0円
スーパーだれとでも定額:1000円
10分以内の通話かけ放題(月300回)
かけ放題
IIJmio みおふぉんダイヤル 600円
830円
誰とでも3分、家族と10分
誰とでも5分、家族と30分
FREETEL SIM FREETELでんわ 399円
840円
1分かけ放題
5分かけ放題
OCNモバイルONE OCNでんわ 850円 5分かけ放題
楽天モバイル 楽天でんわ 850円 5分かけ放題

色々な通話料節約アプリを提供している格安SIMがありますが、今回紹介した中でおすすめなのはIIJmioワイモバイルですね。

5分以内のかけ放題ならIIJmio、5分以上必要ならワイモバイルを選ぶと良いでしょう。

IIJmioは、docomo回線とau回線を選べる格安SIMです。そのためキャリアから乗り換える場合にも、なかなか便利ですよね。

さらに3分かけ放題や5分かけ放題、通話料半額といったオプションがアプリを通しての通話で使えるので、IIJmioは通話の多い人にもおすすめです。

ワイモバイルは月額料金が高く、端末もワイモバイルで販売されているものかSIMフリースマホがなければいけないのが残念なところです。しかし通話については、10分以内なら実質かけ放題ですし、スーパーだれとでも定額を契約すればいくらでも通話ができます。
通話料金は、30秒20円の設定だといつの間にか膨大な金額になってしまうものです。それを踏まえて考えると、月額料金自体がちょっと高いものの、長い時間のかけ放題が使えるワイモバイルは十分お得ですよ。

-契約方法と使い方