格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

無制限、大容量ではどこがいい?

2016/06/09


速度を気にしない人に向いたプランも多いです

a73e4f9a3ac007f06eedfd2bc911e92e_swater

SIMカードを選ぶ際に、データ通信速度をまったく気にしないという方もいることでしょう。

ウェブサイトなど手の込んだものや動画は観ないだとか、メールをするくらいで添付ファイルは使わないという方など、速度が遅くても大丈夫というユーザーも決して少なくありません。

そんな方にも格安SIMの会社ではわかりやすいプランを多数用意しています。例えば、速度が遅い代わりに容量は無制限の上、月額もかなり安いという経済的なプランがあります。

●容量無制限の格安プラン

・WIRELESS GATE Wi-Fi+LTE<<詳細ページ
月額:445円、通信速度:250Kbps、公衆無線LAN:可

・DTI(Freebit mobile)<<詳細ページ
月額:467円、通信速度:250Kbps、公衆無線LAN:不可

500円を切っていますから、かなり安いですね。WIRELESS GATEは公衆無線LANが使える上、SIM購入時にヨドバシポイントがついてきます。ですので、どちらかといえばWIRELESS GATEの方がいいですね。

ほかにもある、オリジナルのプラン

容量無制限などのほかにも各社オリジナルのプランがあります。その一例を紹介しましょう。

・U-Mobile<<詳細ページ
容量制限のない最大速度150Mbpsのプランです。月額は2480円

・ぷららモバイルLTE<<詳細ページ
通信速度は3Mbpsとやや遅めですが、定額制なので無制限に使えます。月額2980円です。

・hi-ho LTE TypeD<<詳細ページ
1年間パック料金プランは年間1万円で利用できます。月計算で840円弱なのでかなり安いですね。

・b-mobile<<詳細ページ
基本料金0円プランがあります。まったく使わなければお金は一銭もかかりません。そのかわり、使用した場合は1GBまで3600円かかります。

このように各社特色のあるプランが用意されていますので、ご自分のモバイルの使い方をよく考えて、それにあったものを選びましょう。

SIMカードロック解除で発生する魅力は、キャリアに縛られず、自由にプランを選べることです。

-格安SIMカード条件別比較