格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

MVNOの格安sim+スマホセットにはどんなものがある?

2016/10/14


MVNOを契約するにあたって、スマホが必要になることがありますよね。

現在利用しているスマホの調子が悪い場合はもちろんですし、SoftBankやY!mobileの方であれば同じ端末はSIMロックが解除されていない限りは利用することができないためです。

そういった理由からスマホの購入と同時に格安SIMを契約したいという場合は、スマホセットを選ぶことをおすすめします。

8cb4eaf104821b14e3a7b36a5c846f91_ssim

この記事では、スマホとSIMカードのセット販売、いわゆるスマホセットを提供しているMVNOを比較していきたいと思います。

大手MVNOは端末とSIMカードのセット販売を行っている

IIJmio楽天モバイルOCNモバイルONEといった大手のMVNOの多くは、端末とSIMカードのセット販売を積極的に行っています。

これにより乗り換えのハードルが下がり、さらにユーザー数の拡大が見込まれるということですね。

ただし、MVNOでスマホとSIMカードをセット契約する場合は一点ほど気をつけなければいけないことがあります。

キャリアの場合、スマホを契約するときは多くの人が分割払いを選ぶでしょう。とくに現在契約している方の場合は、まだ実質0円や一括0円という料金体系が普通に行われていた時期に利用を開始している場合が多いのではないでしょうか。

しかし、格安SIMの場合は基本的に端末の入手方法は一括払いが主流となります。例えばOCNモバイルONEの場合は、一括購入となっています。

また、分割購入ができる場合でも、それによる料金の割引も基本的にはありません。むしろ分割手数料がかかってしまい高くなることがあります。

そういったことの結果として、日本では安価な2万円以下のSIMフリー端末の人気が高いことが挙げられます。

楽天モバイルでは定期的にセールが開催される

楽天モバイルでは、幅広い端末を扱っています。スマホの販売に一番積極的なMVNOは、楽天モバイルです。

選べる種類の多さだけが楽天モバイルのメリットではありません。定期的に楽天モバイルではセールが行われており、スマホを半額などの激安価格で購入することもできます。

しかもそれだけではありません。楽天モバイルでは、スマホを分割購入することができてしまううえに、分割手数料を無料にする方法があります。

楽天カードでの支払いを選ぶことにより、分割手数料無料でスマホを運用できます。

端末とスマホのセット購入を検討している方は、まずは楽天モバイルをチェックしてみると良いでしょう。

DMM mobileは選べる端末が比較的多い

楽天モバイルには敵わないものの、取り扱う端末の数が多いのはDMM mobileです。

かつてはiPhoneまで販売していました。

ASUSやHUAWEIといった海外のSIMフリー端末を積極的に取り扱っており、分割購入を選ぶことも可能です。

分割購入代金が公式サイトに大きく記載されていることからも、分割購入を積極的にユーザーに利用させたいという思いが伝わってきますね。

DMM mobileは料金が格安SIMの中でも特に安いMVNOですので、スマホセットを選んでも料金をかなり抑えることができ、とても魅力的です。

IIJmioではオリジナルカラーのスマホなどを用意

IIJmioもまたスマホセットを積極的に取り入れていますが、端末数は楽天モバイルやDMM mobileより少なめです。

しかし、IIJmioにしかない専用カラーのスマホが存在しているというメリットがあります。

ASUSのZenfone 2 LaserのパープルカラーはIIJmio限定色です。購入によるAmazonギフト券3000円分プレゼントも行われていますので、大変魅力的ではないでしょうか。

もちろん、その他の端末も含めて分割払いと一括払いの両方を選択することができます。

mineo販売端末はau回線に対応

mineoは、au回線のプランが存在する数少ないMVNOです。

そのため、mineoで扱っているスマホはau回線を利用できるというメリットがあります。ただし、同じ端末は他のMVNOでも販売していますので、あくまでもau回線で利用できることがわかりやすいということですね。

まとめ

大手MVNOの多くが端末を販売しており、その中の一部では分割購入を行うことができます。

格安SIMにおいても幅広いバリエーションの端末の中から好みの機種を選び、安く端末を購入してお得にスマホを利用したいという方は、やはり楽天モバイルがおすすめです。ただし、事前に楽天カードを契約しておいたほうが良いでしょう。

→楽天モバイル18機種【2016年7月 現在】公式ページで確認はこちら

DMM mobileも同様に選べる機種が多いMVNOです。また、月額料金を抑えたいという方はDMM mobileを選び、端末を一括購入することをおすすめします。

→DMM mobile10機種【2016年7月 現在】公式ページで確認はこちら

オリジナルカラーのスマホを購入して周りとの差を付けたいという方は、IIJmioがおすすめです。

→IIJmio7機種【2016年7月 現在】公式ページで確認はこちら

スマホセットを購入するときは、総額や家電量販店で購入した場合の価格との差などをチェックしつつ、一番いいと思ったものを選びましょう。

-格安SIMカード条件別比較