格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

国際ローミングを行える格安simはある?

2017/02/22


国際ローミングとは、旅行などで海外に出かけた際にsimカードはそのままで通話やSMSを利用することができるという内容のサービスです。docomoやauなどの大手キャリアは、いずれもこの機能に対応しています。

87e707dd69309b6489739238284beaec_ssim

格安simにおいても現在は国際ローミングに対応しているものが多数存在しています。この記事では、国際ローミングに対応している格安simの中からおすすめのものはどれか、比較していきたいと思います。

格安sim 国際ローミング
DMM mobile
mineo
IIJmio
OCNモバイルONE
0sim
Y!モバイル
TONE
DTI SIM
UQ mobile
NifMo ×
U-mobile
楽天モバイル
エキサイトモバイル
BIGLOBE SIM
パナソニックWonderlink LTE ×

国際ローミングに対応しているのは音声通話sim

国際ローミングを利用したい場合、注意しなければいけないことがあります。

格安simの場合、音声通話プラン以外にもデータ通信のみのプランやSMSに対応しているプランが存在していますよね。

国際ローミングは、基本的に音声通話が可能な契約プランでしか利用することができないということに注意しましょう。

SMS対応のデータ通信用SIMでは、基本的に国際ローミングによって海外からSMSを送ることはできません。

そしてもう一つ、格安simを海外で利用する場合に注意して貰わなければいけないことがあります。

それは、国際ローミングを利用している間はデータ通信を行うことができないという点です。

mineoなどがSMSに対応した国際ローミングを行える

おすすめ筆頭はmineo

国際ローミングを行うことができる格安simの筆頭がmineoです。mineoにはau回線とdocomo回線の2種類が存在していますが、その両方が国際ローミングに対応しています。留守番電話や割り込み電話といったサービスも利用できるため、格安simにして料金を安く抑えたいけれど電話機能も充実していて欲しいとお考えの方はmineoがおすすめです。


↑mineoの公式ページへ

迷ったらこれ!3GBプラン5GBプラン10GBプランで選べるIIJmio

格安SIMの最大手であるIIJmioも、国際ローミングに対応しています。格安simにしたいけれどどれを契約すればいいかわからないという方におすすめなのが、IIJmioです。3GBプラン、5GBプラン、10GBプランの3段階に分かれていますので、選びやすいのもIIJmioの特徴です。


↑IIJmioの公式ページへ

6GB以上のプランならBIGLOBE SIMも選択肢に入る

そしてBIGLOBE SIMもまた、国際ローミングに対応している格安simの一つです。音声通話simは1GBで1400円からという料金形態になっています。BIGLOBE SIMの注意点は、直近72時間に一定量通信を行うと通信速度制限がかかる場合があること。1GBプランと3GBプランにこういった制限がありますので、契約する場合は6GB以上のプランがおすすめです。6GB以上のプランであれば、wifi無料サービスやシェアsimの追加といった特典を受けることもできます。


↑BIGLOBE SIMの公式ページへ

この他には、UQ mobileDMM mobileFREETELOCN モバイルONEといった格安simも同様にSMSと音声通話が国際ローミングによって可能です。

国際ローミングを利用できない格安simは?

国際通話が行えない格安simは様々ですが、先ほど述べたとおりどの会社であっても音声通話プラン以外では基本的に国際ローミングは行えないということは覚えておきましょう。

さて、国際ローミングが利用できない格安simの筆頭は、モバイルくんです。これはdocomoの回線を利用している格安simで、ややマニアックな存在です。

公式サイトには、国際電話に対応しているという記載がありません。

国際ローミングの利用方法と利用料金は?

国際通話には利用料金がかかり、料金は日本国内の電話やSMSよりも高価となっています。

基本的には料金はどこも同じです。これは格安simキャリアがdocomoやauといった電話回線を借り受けて提供しているという都合があるためでしょう。

SMSは1通につき100円が基本となっています。

国際通話は、mineoのauプランを例に挙げて説明しますと、アメリカやハワイならば30秒20円と安価で通話が行えますが、韓国や中国なら30秒55円、エジプトならば85円といったように地域によって大きく変化します。

あらかじめ、自分の行く予定の国の通話料を格安simキャリアの公式サイトで調べておくと良いでしょう。

iPhoneとAndroidの国際ローミング設定

さて、国際ローミングの利用方法ですが、iPhoneとAndroidによって方法が少し異なります。

iPhoneのローミング設定

iPhoneの場合、まず国外に出る直前の段階で設定アプリからモバイルデータ通信をタップしましょう。

続いて、「4Gをオンにする」をオフにし、データローミングも同様に切りましょう。

目的の国に到着したら、設定アプリの「キャリア」をタップして「自動」を切り、利用するLTE対象事業者を選択してから先ほど切った「4Gをオンにする」や「データローミング」をオンに戻せば完了です。

Androidのローミング設定

Androidは、設定→その他の設定→ネットワークの設定→モバイルネットワーク→通信事業者と進み、同様に利用するLTE対象事業者を選択してからデータローミングと4GをオンにすればOKです。

まとめ

国際ローミングは、現在は多くの格安simで利用することができます。対応しているか気になる場合は、契約を考えている格安simの公式サイトを見てみましょう。

音声通話プランを契約していなければ海外での利用ができないという点にも注意が必要です。

格安sim 国際ローミング
DMM mobile
mineo
IIJmio
OCNモバイルONE
0sim
Y!モバイル
TONE
DTI SIM
UQ mobile
NifMo ×
U-mobile
楽天モバイル
エキサイトモバイル
BIGLOBE SIM
パナソニックWonderlink LTE ×

-格安SIMカード条件別比較