格安SIMカード条件別比較

実店舗のある格安SIMから、おすすめを紹介

2017/06/29


realshop

しむ子
MVNOはWEBから申し込むのが一般的なの?

sim探偵
そうじゃな。しかし、実店舗を展開しているMVNOも多くあるぞ。

格安SIMは、色々な場面でかかる経費をできる限り削減した結果として月額料金を大幅に抑えられています。

その筆頭が、実店舗がないこと。店舗がないことで人件費などが大幅に減り、結果として月額料金が数百円や数千円になっているのが格安SIMです。

しかし、今は実店舗がいくつも展開されている格安SIMが普通にあります。この記事では、実店舗のある格安SIMを紹介します。ネットでの契約がよくわからないとお悩みの方はご覧ください。

楽天モバイルは、日本全国に店舗がある

rakutenshop
楽天モバイルは、日本全国に契約可能なショップを用意しています。

例えば、仙台には楽天モバイルの専門ショップが仙台駅から近いさくら野百貨店で展開されています。

東京では、銀座や池袋、立川にある楽天モバイルの他に渋谷や二子玉川にある楽天カフェでも楽天モバイルの契約ができます。

店内には購入できるスマホが展示されていて、実際に触ってみることもできるのが楽天モバイルの魅力。

その他に、ケーズデンキやジョーシンなど、全国の家電量販店で楽天モバイルの契約が可能です。

実店舗での契約には、最も特化している格安SIMが楽天モバイルですね。ただしケーズデンキなどの場合、契約できる店舗は限られていますので、事前に楽天モバイルの公式サイトから近所の取り扱い店舗を確認しましょう。

→楽天モバイルの詳細ページ

mineoは、専門ショップを大阪や名古屋で展開している

mineoshop

mineo

mineoは日本全国に店舗を展開していて、新規申し込みや初期設定のサポート、電話帳やデータの移行をはじめとした追加有料サポートが受けられます。

mineoの実店舗ですが、大きく分けて3系統に分類できます。

まずはmineoショップです。mineoショップでは新規申し込みや初期設定サポートは受けられますが、追加有料サポートは対応していません。

mineo端末を実際に店舗内に置いていて、実際に手に取ることもできます。

mineoショップの中には端末もディスプレイされています。実際に端末を手に取って、使いやすいかどうかチェックできます。mineoショップを利用する際には、来店予約をするといいでしょう。来店予約をしなくてもいいですが混雑時には優先的にサービスを受けられるからです。翌日から2週間先までWEBもしくは電話で予約ができます。

mineoショップの中でもmineo渋谷サービスが充実しています。例えばリアルマイネ王フロアといって、mineoの提供するコミュニティサイトである「マイネ王」の世界をリアルに体感できます。

また猿田彦珈琲の豆を利用したコーヒーやパンケーキ王子の「VERYFANCY」とコラボして提供したパンケーキを堪能できるカフェも併設されています。しかもこのコーヒーなどのメニューはパケットを使って通常よりも割引価格で頼めます。

2つ目はmineo販売店です。mineo販売店では新規の即日契約・端末引き渡しのみに対応しています。

SIMカードの新規申し込みだけであれば、手続き完了から約2時間後になります。当日引き渡しの受け付けは19時までとなっていますので注意しましょう。

またヨドバシカメラマルチメディア町田は18時半・eoステーションイオンモール姫路リバーシティ店は平日が18時/土曜休日は17時までとなりますのでこちらを利用する人は覚えておきましょう。

申込時には、本人名義のクレジットカードや本人確認書類、ケータイを含めた受信確認できるメールアドレスを持参します。

また持っている場合にはeoIDやeoIDパスワード、MNPを利用する場合には予約番号も忘れないようにしましょう。

最後の販売チャネルとして、サポート店があります。サポート店では新規申し込み・初期設定サポート・追加有料サポートのいずれも受けられます。

サポート店は北は北海道から南は沖縄まで、日本全国に店舗を展開しています。mineoのホームページに一覧が掲載されているので、近くのお店をチェックしましょう。

ただし2017年6月現在、秋田県内にはサポート店はないようなのであらかじめ理解しておきましょう。

→mineoの詳細ページ

TONEモバイルは、TSUTAYAで購入できる

tutayashopwater

取り扱っているTSUTAYAでの契約が可能な、TONEモバイル。ただし、全国のTSUTAYAで契約することが可能ではあるものの、全店舗で契約できるわけではないことに注意しましょう。

地方によっては一切取り扱っている店舗がない場合もあり、その場合はネットで契約するしかありません。

TONEモバイルのメリットは、店頭で直接サポートを受けられること。スマホを使っていて困ったことがあったら、お店に行けば対応して貰えます。

近所に取り扱っているTSUTAYAがあるなら、TONEモバイルがおすすめですね。

→TONEモバイルの詳細ページへ

UQ mobile

MVNOの中では珍しく、UQ mobileは店舗を展開しています。

まずUQ mobileを専門的に取り扱っている専門店として、UQスポットがあります。UQスポットではUQ mobileだけでなくUQ WiMAXの申し込みができます。

大手キャリアからUQ mobileに移行する申し込みも即日行えます。

また店内にはスタッフもいますので、わからない点に関してスタッフに質問しながら手続きを進めることも可能です。そのほかにも端末に不具合が生じた場合には、修理のお願いも可能です。

UQスポットの場合店舗内にはauの窓口も併設されています。ですからauからUQ mobileに移行する場合、その場でMNPの予約番号を発行してもらってUQ mobileへのMNP申し込みができます。

UQスポットを利用する際に注意しなければならないこととして、一部店舗では分割購入できる「端末購入アシスト」に対応していない点が挙げられます。

UQ mobileでは端末の販売も実施していて、その中にiPhoneSEも含まれます。しかしUQスポットの中には、iPhoneSEを取り扱っていない店舗もありますのでこちらの端末購入を希望する人は注意しましょう。日本全国くまなく店舗を展開していることがわかります。

UQ mobileではUQスポットのほかにも、家電量販店や携帯ショップでも申し込み受付を行っています。日本全国に展開していて、2017年6月末現在2491店舗が該当します。ホームページで一覧は掲載されているので、近所で申し込みできるショップをチェックするといいでしょう。

こちらの店舗で申し込みをした場合、即日開通が可能です。オンラインで申し込んだ場合、SIMカードが自宅に到着して格安スマホのサービスが利用できるようになるまで3日から1週間程度かかります。

しかし販売店で申し込みをすれば、その日のうちに格安スマホのサービスが利用できます。

家電量販店や携帯ショップで申し込みをする場合、早めに来店したほうがいいでしょう。特に土日の週末や祝日に利用する場合、かなり混雑する可能性も考えられるからです。場合によっては数時間待たされる可能性もありますので、早めに来店して手続きを済ませた方がいいです。

UQスポットや販売店で申し込みをする際には本人確認書類や本人名義のクレジットカード、登録するためのメールアドレスが必要です。

メールアドレスはYahoo!メールやgmailのようなフリーメールアドレスでも申し込み可能です。そのほかにはMNPを利用する際には、前のキャリアで取得したMNP予約番号も用意しておきましょう。

そのほかにも携帯ショップでも取り扱っていて、UQ mobileのホームページでも検索できますから、近くに店舗がないか確認しましょう。

→UQ mobileの詳細ページへ

FREETEL

価格.comの2017年度格安SIM満足度ランキングでトップになったのが、FREETELです。

コマーシャルでも宣伝しているので知名度が高まっているのですが、2017年から実店舗も展開しつつあります。2017年3月1日に都内に4店・埼玉県内に1店舗をオープンしました。

現在急速に店舗数を増やしていて、特に関東地方には店舗がたくさんあります。

FREETELのショップで契約や端末購入することが可能で、即日開通もできます。新規・乗り換えともに最短10分で手続きが完了するので、早くFREETELの格安スマホサービスを利用したい人にはお勧めです。

また手続きをする際にスタッフに相談しながら進められるので、自分だけでWEB申込することに不安を感じている人にはお勧めです。

またFREETELのショップでは端末も展示しています。実際に端末を触れるので、自分にとって取り扱いやすい・手になじむ機種はどれかを確認できます。

FREETELショップでは即日開通・端末受け渡しも可能ではあります。しかし一部店舗の中には、当日の端末引き渡しに対応していない店舗もあります。

すぐに端末も購入して格安スマホサービスを利用したい人は、あらかじめ利用しようと思っている店舗に問い合わせの電話を入れるといいでしょう。

このほかにもFREETELを取り扱っている電気量販店もあります。ヨドバシカメラやSmart Laboのほかにも有楽町のビックカメラでも取り扱い開始しています。

こちらであれば、北海道から九州まで幅広く店舗を展開しています。契約や乗り換えも即日で手続き完了しますし、スマホを実際に触ってチェックできますので近くに店舗があれば利用してみるといいでしょう。

→FREETEL SIMの詳細ページへ

イオンでは、イオンモバイルやIIJmioなどを契約可能

aeonshopwater

格安SIMを取り扱っている店舗がなかなかないとお悩みの方に朗報です。実は、イオンでも格安SIMが取り扱われています。

イオンでは、イオンモバイルというイオン独自の格安SIMが販売されています。しかしそれだけではなく、IIJmioBIGLOBE SIMも併売されているんです。

もちろんその場で契約可能ですので、格安SIMに乗り換えたい場合、まずはイオンに行ってみてはいかがでしょうか。スマホ販売コーナーで、これらの格安SIMを契約できますよ。

→イオンモバイルの詳細ページへ
→IIJmioの詳細ページへ
→BIGLOBE SIMの詳細ページへ

ゲオでは、OCNモバイルONEのパッケージが販売されている

geoshopwater

ゲオでは、OCNモバイルONEの契約用パッケージが販売されています。即日受け渡しカウンターが用意されている店舗もありますので、すぐに契約したい場合は近所のゲオを当たってみるのも良いでしょう。公式サイトから確認できます。

なお、ゲオ以外にヨドバシカメラもOCNモバイルONEのSIMカードの即日受け渡しに対応しています。

→OCNモバイルONEの詳細ページへ

実店舗のある格安SIM▼まとめ

大手の格安SIMは、多くが店頭での即日開通に対応するようになってきています。

格安SIMの契約は、ネットでしか行えないことが難点でした。しかし、今は日本全国幅広い地域で、即日開通をすることができます。

即日開通は大きなメリット。開通までにかかる日数が一気に短くなりますので、手軽に契約できますね。

忙しくて宅配で送られてくるSIMカードを受け取れない人でも、その場での即日発行なら安心です。

-格安SIMカード条件別比較