格安SIMカード条件別比較

キャンペーンで選んだらどこがいい?

2017/02/08


キャリアの魅力が拮抗していたらキャンペーンで選ぶのも手

5df75f573bbde81fb868d41a09061456_swater

SIMカード購入は各キャリアの魅力や自分に合ったプランで選ぶべきですが、魅力が拮抗していたらキャンペーンで選んでもいいかもしれません。
キャンぺーンは時期にもよりますからそのときどきで違いますが、いいキャンペーンがあればそれを利用するべきです。2015年3月上旬の時点では例えばこんなプランがありました。

DMM Mobileならふたつの特典が用意されています。まずは、スマートフォンとSIMをセットで購入するとDMMポイントが最大5000ポイント付与されます。機種によって違うのですが、最低でも1000ポイントで、一括払いでも分割でもポイントをゲットできます。

それから、ふたつめの特典は月々の請求額の10%のDMMギフト券がもらえるキャンペーンです。DMM.comの各種サービスで利用できるので、動画視聴や電子書籍の購入も可能です。

ほかには楽天モバイルは月額使用料が最初の月は無料になるキャンペーンを実施中です。さらに、条件さえ満たせていれば楽天スーパーポイントが最大9000ポイントも付与されます。

老舗プロバイダが提供する格安SIMキャリアのNifMoなら、SIMカードの申し込みで3100円、スマホと同時購入なら最大10000円のキャッシュバックがあります。
このように各社のキャンペーンは見逃してはいけません。

キャンペーンページ一覧
>>DMM Mobile
>>WIRELESS GATE
>>U-mobile
>>楽天モバイル
>>NifMo
>>freetel Mobile
>>exciteモバイルLTE
>>パナソニックWonderlink LTE
>>BIGLOBE

いいキャンペーンを選ぶコツとは?

いいキャンペーンを選ぶコツは、とにかくまず各社のキャンペーン内容を見比べてみることです。そんなときに押さえておきたいポイントは3つです。

自分が素直に喜べる特典かどうか

まずは「自分が素直に喜べる特典かどうか」です。別になんとも思わないようなキャンペーンになびく必要はありません。それに、自分の使い方ではあまり得をしないのであればそのキャンペーンは無意味です。

キャンペーン内容を金額に換算する

次に「キャンペーン内容を金額に換算する」です。キャンペーンを利用した方が得なのかどうかです。意外かもしれませんが、長期間割引になる特典だとか携帯電話端末が割引になる特典などは特に要注意です。いらない端末にお金を払っても仕方ないですからね。

キャンペーンの特典がもらえる時期

最後に「キャンペーンの特典がもらえる時期」です。あまりにも遅いと受け取り忘れてしまい、結局他社やほかのプランの方がよかったとなりかねません。

じっくり確認してキャンペーンの対象になるかチェック

ほかにもどうすればキャンペーン特典がもらえる条件を満たせるのか、自分の契約方法がキャンペーン対象になるのか、各種条件に自分にとって望ましくない条件が入っているかどうかなど、いろいろと確認事項はあります。

キャンペーンだからといきなり飛びつかず、じっくりとそのウェブサイトを確認したり、他社と比較することを忘れないようにしましょう。

-格安SIMカード条件別比較