格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

価格で選んだ場合はどこがいい?

2016/06/09


条件を価格だけに絞って見た場合、どこがオススメか

a63746832bd81728b0ab21289b0e295e_swater

SIMカード購入にあたり、使い方やプランによってそれぞれいい悪いがあるかと思います。
しかし、ここでは単純に価格、つまり月額だけを見た場合でのトップ10ランキングを紹介しましょう。

第1位 WIRELESS GATE   445円
第2位 ServersMan SIM LTE  467円
第3位 楽天モバイル  525円
第4位 DMM Mobile  660円
第5位 freetel Mobile  670円
第6位 BB.exciteモバイルLTE 750円
第7位 パナソニックWonderlink LTE 756円
第8位 U-mobile  790円
第9位 BIGLOBE 972円
第10位 NifMo 972円

選ぶときに大切なのは料金設定だけではない!

SIMカードをどのキャリアや格安SIMにするかを決める際は単純に料金だけで決めてはいけません。

まず、キャリアごとに得意分野や不得意があることをちゃんと調べましょう。自分が携帯電話端末やモバイル端末にSIMカードを入れてどう使いたいのかをしっかり決めておかないと、月額だけ無駄にかかってしまったり、思っていた速度でデータ通信ができなかったということも起こりえます。

また、各社が用意するプランにも様々なものがあります。どのキャリアがいいのかをしっかり見極めることも大切ですし、ひとつのキャリアが用意する様々なプランでも料金設定が違います。月額が高かったとしても、使い方次第ではトータル的に見て安くなっているということも考えられます。

ですので、料金だけを比較せず、そのプランがどういったものなのか。自分がどうSIMカードを使って生活していくのかをよく考え、それによる容量あたりの料金や、時間あたりの料金を換算してみればそれが高いのか安いのかがわかるかと思います。

使用端末とキャリアの相性を調べておく

それから、使用している端末がそのキャリアと相性がいいかどうかもしっかりと調べておきましょう。

せっかく契約したのに使っている端末が利用できないのでは、SIMか端末のどちらかを手放さなければならなくなり、結局お金の無駄になります。その点は注意しておきましょう。

-格安SIMカード条件別比較