格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

月額維持費が1500円までの格安SIMは?

2017/02/22


CCC9V9A9997_TP_V
格安SIMには、色々な料金のプランが用意されています。この記事では、1500円までで利用できる格安SIMを紹介していきます。

1500円までで使える格安SIMは、データSIMなら比較的大容量、音声通話SIMなら小容量のプランが中心となります。それぞれの中からおすすめのものを紹介しますので、ご覧ください。

月額維持費が1500円までの格安SIMは?
格安SIM名 プラン 月額料金
mineo 1GB(音声) 1500円(au回線は1410円)
DMM mobile 2GB(音声) 1380円
DMM mobile 5GB(データ) 1210円
FREETEL SIM 1GB(音声) 1199円
BIGLOBE SIM 1GB(音声) 1400円
BIGLOBE SIM 6GB(データ) 1450円
エキサイトモバイル 2GB(データ、3枚コース) 1340円

mineoは、au回線なら1410円で実質2GB使える

mineoは、docomo回線とau回線の2種類を提供している格安SIMです。mineoでは、1500円までならデータSIMだと3GB、音声通話SIMなら1GBまで使うことができます。

ただし、これはあくまで通常の範囲での利用における通信量。フリータンクというシステムを活用すれば、さらに+1GB通信を行うことができます。つまりデータSIMなら4GB、音声通話SIMなら2GBですね。

mineoの音声通話SIMは、au回線の場合docomoよりも90円安く使うことが可能です。2GB使える1GBプランの場合は、1410円ですね。

au端末を持っているならau回線のAプラン、ドコモ端末やSIMフリースマホを持っているならdocomo回線のDプランを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、mineoは低速通信が無制限に行なえます。この点も大きな魅力ですね。


↑mineoの公式ページへ

DMM mobileは、データなら5GB、音声通話なら2GBまで使える

DMM mobileは月額料金が安いことがウリの、docomo回線の格安SIMです。データSIMなら5GBまで、音声通話SIMなら2GBまで使うことが可能です。

アプリから切り替えると低速通信を使うことも可能で、なかなか魅力的な選択肢ですね。

月額料金はデータSIMなら1210円、音声通話SIMなら1380円。とても安く、支払いやすい金額ですよね。

DMMmobile
↑DMMモバイルの公式ページへ

FREETEL SIMは、1199円で音声通話SIMを使える!

FREETEL SIMには、定額プランと使った分だけ安心プランがあります。そのどちらも、音声通話SIMなら1GBまでですが、1199円で音声通話SIMを使うことができます。

1GB以上使うと、最適料金プランは3GBまで1600円になります。ギリギリ1500円を超えてしまうので、これはちょっと困るという方は、定額プランの1GBプランを契約しましょう。

docomo回線の格安SIMで、FREETELは自社でたくさんスマホを販売しています。セット購入にもおすすめですね。

freetel mobileはこちらで買えます

BIGLOBE SIMは、データSIMなら6GB使用可能

BIGLOBE SIMはdocomo回線の格安SIMです。BIGLOBE SIMでは、1500円以内だとデータSIMなら6GB、音声通話SIMは1GBを契約することができます。

音声通話SIMの1GBプランは1400円と、若干高めの料金設定です。低速通信は使えず、mineoのようにこれ以上通信することもできません。

ただし、BIGLOBEの光回線やADSLを自宅で契約しているならば月額料金が200円引きになります。つまり1200円と安価になるので、1GBの音声通話プランはなかなか魅力的な選択肢になりますね。

データSIMの6GBプランはライトSプランと呼ばれていて、内容はなかなか充実しています。

有料ですがシェアSIMを最大2枚追加可能、公衆Wi-Fiを無料で利用可能といった特典があります。

さらに、データSIMなら口座振替で契約することができます。クレジットカードを持っていない人でも契約できるので、これはとても嬉しいですね。


↑BIGLOBE SIMの公式ページへ

エキサイトモバイルなら、1340円で3枚のデータSIMを使える

エキサイトモバイルは、docomo回線の格安SIM。最大の特徴は、3枚のシェアSIMを使えるコースが1500円以下でも使えることでしょう。

エキサイトモバイルの従量課金プラン・最適料金プランは、2GBまでなら1500円以内で使えます。SIMカードが3枚使えて、1340円です。ちなみに3GB使うと、1550円になります。

従量課金プランは面倒という場合は、定額プランでも2GBまでなら1450円で使えます。ちょっと料金が高いですが、使いすぎて料金が上がってしまうのを防げますね。


↑エキサイトモバイルの公式ページへ

月額維持費が1500円までの格安SIMのまとめ

月額料金が1500円に収まる格安SIMは、たくさんあります。

料金が安く、なおかつ使える通信量が多い音声通話SIMを選びたいならば、DMM mobileがおすすめですね。2GBで1380円と、他の格安SIMの1GBプランよりも安いです。

データSIMなら、5GBで1210円DMM mobile1450円で6GB、さらに無料Wi-Fiスポットの利用も可能なBIGLOBE SIMがおすすめとなるでしょう。

シェアSIMを活用したいなら、2GBまでですがエキサイトモバイルがおすすめです。

1500円で使える格安SIMには、この通りいろいろな選択肢があります。自分の用途に合致する格安SIMを選びましょう。

月額維持費が1500円までの格安SIMは?
格安SIM名 プラン 月額料金
mineo 1GB(音声) 1500円(au回線は1410円)
DMM mobile 2GB(音声) 1380円
DMM mobile 5GB(データ) 1210円
FREETEL SIM 1GB(音声) 1199円
BIGLOBE SIM 1GB(音声) 1400円
BIGLOBE SIM 6GB(データ) 1450円
エキサイトモバイル 2GB(データ、3枚コース) 1340円

-格安SIMカード条件別比較