格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

カウントフリーオプションを活用して通信量を節約!各格安SIMごとのカウントフリーオプションを比較

2017/04/13



日本国内には様々なMVNOがあります。多くが格安SIMを提供しているのですが、値段の安さだけでは差別化が難しい、ということで独自のサービスとして「カウントフリーオプション」を提供しているところが増えてきました。

そこで今回はカウントフリーオプションとは一体何なのか、どの格安SIMがどのようなサービスを提供しているのかの比較を紹介していきます。

カウントフリーオプションとは特定サービスでデータ通信量がカウントされないサービスのこと

格安SIMを利用する上で気になるのが通信量の上限。これを越えてしまうと通信速度が制限されてしまい、思うようにデータ通信ができなくなってしまう可能性があります。そのためプランによって3GBや5GB、10GBといった大容量の通信量を提供しているものも。

これらの差別化の一種としてカウントフリーオプションが登場しました。

簡単に言えば特定のサービスやアプリにかかる通信量を無料にしてくれる、通信量がかからなくなる、というものです。

このカウントフリーオプションを上手く活用することができれば、他のMVNOや大手キャリアを利用している人よりもずっと安く、そして快適にスマホが使えること間違い無し!

今のところMVNOによって提供されているカウントフリーオプションの内容が異なります。それぞれのカウントフリーを比較してみましょう。

BIGLOBE SIMはYouTube、AbemaTVが見放題!

数あるカウントフリーオプションの中でも最もお得なのが「BIGLOBE SIM」の「エンタメフリーオプション」です。

YouTubeとAbemaTVにかかる通信量をカウントしないのでこれらの動画サイトを好きなだけ堪能できます。

その他にも「AppleMusic」「GooglePlayMusic」といった音楽ストリーミングサービスもカウントフリーオプションの中に含まれてきます。

これらの動画サービス、音楽サービスは特に通信量が必要。例えば1GBのプランだと、YouTube標準画質500分(約42時間)くらいで通信制限がかかってしまいます。LINEやTwitterなど他のデータ通信も組み合わせると実質もっと少ない時間しか閲覧できません。そう考えると、BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションを契約しておけば好きなだけYouTubeやAbemaTVを楽しめるわけで、わざわざ大容量プランを契約しなくてもOK。非常に魅力的です。

ただし注意点があります。それは「ライトSプラン(6GB)以上限定のオプション」だということです。YouTubeなど大量のデータ通信がカウントフリーになると考えると、6GBを毎月消化するのは意外と厳しかったりします。そう考えると少々無駄が出てしまうというケースも。しっかりと内容を吟味した上で契約するか否かを判断する必要がありそうです。


↑BIGLOBE SIMの公式ページへ

LINEモバイルはFacebook、Twitter、LINEが使い放題!

スマホの定番アプリと言えばLINE。LINEモバイルのカウントフリーオプションはこのLINEが対象となっています。ちなみにLINEモバイルには2種類のプランが提供されていて、それぞれカウントフリーオプションの適用範囲が異なるので注意が必要です。

LINEフリープランの場合

データ通信量1GBでデータ通信のみが500円、通話SIMが1200円のプラン。非常にリーズナブルな価格が魅力的です。カウントフリーオプションの対象はLINEのアプリ。具体的にはトークと通話になります。もちろんスタンプや画像、動画の送受信も対象内。

注意したいのがツムツムやLINE漫画など同じLINEから提供されているけれど異なるアプリの通信量はカットされないこと。混同されがちなので注意しておきましょう。

コミュニケーションフリープランの場合

3GB、5GB、7GB、10GBの中から選ぶことができるプランです。それぞれデータSIM、通話SIM賀容疑されています。

コミュニケーションフリープランの場合はLINEアプリに加えてFacebook、Twitter、Instagramもカウントフリーの対象になります。これらのSNSサービスは利用する機会も多いですし、画像や動画が投稿されることも多いので案外データ通信量を消費してしまいがち。ヘビーユーザーの方ほどメリットが大きいと言えます。

ちなみにTwitterのストリーミング配信(ツイキャスなど)はカウントフリーの対象外なので注意しておきましょう。

LINEモバイル
↑LINEモバイルの公式ページへ

FREETELはAppStoreのダウンロードがフリーに!ポケモンGOも!

FREETELカウントフリーオプションの対象がとても広いのでメリットが大きい格安SIMだと評価されています。具体的には以下の通り。

・AppStore
・LINE
・WeChat
・WhatsApp
・ポケモンGO

なお3GB以上のプランを契約している人は上記アプリに加えて以下のアプリがカウントフリーの対象に。

・Twitter
・Facebook
・Facebook Messenger

5GB以上のプランを契約している人はさらに以下のアプリが対象に。

・インスタグラム

個人的に注目したいのはAppStoreが対象に入っていること。誰もが必ず使うサービスなだけにありとあらゆる場面で通信量を気にすることなくダウンロードできるのは魅力的ですよね。

ただし注意点としてFREETELは通信制限状態に入ってしまうとカウントフリーオプションサービスも低速でしか利用できなくなってしまうことが挙げられます。活用する際には通信制限に入る前に上記サービスを思いっきり使い倒しておきたいところです。

freetel mobileはこちらで買えます

カウントフリーオプションのまとめ



ということで今回は格安SIMの注目サービス「カウントフリーオプション」について紹介してきました。実際に使ってみると実感できるのですが「カウントフリーオプションを使うと本当にデータ通信量がかからない!」と驚くばかりです。いい変えればスマホのデータ通信量のほとんどがSNSや動画サービスに偏っていることを実感させられます。

例えばLINEをたくさん使う方や、Twitter、FacebookなどのSNSをよく使う方はLINEスマホやFREETELを。スマホでYouTubeを視聴することが多い方はBIGLOBE SIMを…といった具合に目的に合わせて選ぶのが良いと思います。

おそらくもっと多くのMVNO各社がカウントフリーオプションを提供し始めるはず。ぜひ今後の動向に注目してみてください。

-格安SIMカード条件別比較