格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

格安スマホでキャリアメールは使える?利用方法や対応する格安SIMを解説

2017/03/20


3b78776b17358d643d6a71a993c3d6ce_s
キャリアから格安SIMへの乗り換えの際に、キャリアメールが使えなくなるデメリットが生じます。

キャリアメールが使えないと、フリーメールなどからガラケーをキャリアで契約している人にメールを送った際、相手に届かない場合があります。

しかし格安SIMへの乗り換え後も、キャリアメールを使う方法がいくつかあります。この記事では、格安SIMへの乗り換え後もキャリアメールを使うにはどうすれば良いかを解説します。

ワイモバイルなら、契約時にキャリアメールももらえる

キャリアメールを格安スマホで使いたい場合、一番手っ取り早い方法はワイモバイルに乗り換えることです。

ワイモバイルは月額2980~5980円で、他の格安SIMと比べて月額料金は高めです。しかし、契約すればキャリアメールが使えます。

ワイモバイルで使えるメールアドレスは、「@yahoo.co.jp」、「@yahoo.ne.jp」、そしてMMSとして提供される「@ymobile.ne.jp」で、MMSのアドレスはキャリアメールとなります。

MMSはSIMカードに紐付けされたメールアドレスで、ワイモバイルのSIMを入れた端末でのみ送受信できます。

キャリアメールを使いたいけど月額料金を安く抑えたい場合、ワイモバイルに乗り換えてみてはどうでしょうか。
→ワイモバイルの概要、特徴はこちら

UQ mobileは、月額200円でキャリアメールを契約可能

ワイモバイル以外にも、キャリアメールを使える格安SIMが一つだけあります。それはUQ mobileです。

対応している端末に限られますが、月額200円でMMSであるキャリアメールを契約できます。

ただし使えるのは基本的に公式サイトに記載された動作確認済み端末のみに限られますので、注意しましょう。

そしてUQ mobileはau回線の格安SIMであるため、持っているSIMフリースマホやキャリアのスマホによっては使えないこともあります。契約時にUQ mobileでSIMフリースマホをセット購入するか、動作確認済みスマホを用意しましょう。
→UQ mobileの概要、特徴はこちら

ガラケーとの2台持ちで、キャリアメールを使える

キャリアメールを送受信できる環境さえあれば良いなら、ガラケーと2台持ちする方法もあります。

ガラケーをキャリアで契約すれば、メールが使えますよね。よほど頻繁に連絡を交わすならガラケーを持ち歩かなければならず、ちょっと面倒ですが、そうでなければ家にガラケーを置いておけばOKです。

どうしてもキャリアメールが必要なら、ガラケーを契約してみてはいかがでしょうか。通話をしないなら最低維持費が安く済みますし、通話もガラケーで行うなら格安SIMはデータSIMやSMS対応SIMを契約すれば、月額料金を抑えられますよ。

ドコモメールをマルチデバイス設定にすれば、キャリアメールが格安SIMを入れたスマホで使える

docomoでガラケーを契約する場合、メールをスマホで送受信する方法があります。

SPモード契約なら、ドコモメールをマルチデバイスで利用する設定ができます。この方法を使えば、docomoのSIMを入れていないスマホでもドコモメールの送受信ができるようになります。

つまり自宅にガラケーは放置しておいて、格安SIMを入れたスマホ単体でキャリアメールも送受信できるわけです。これは便利ですよね。

ただし設定をしなければいけないので、少々面倒です。

dfc8e3a05fccd46f0208de3bf7231819_s

キャリアメールの相手に、自分のメールアドレスの受信許可をしてもらう手もある

キャリアメールでしか連絡ができない相手が少ないなら、最終手段もあります。それは相手に自分のメールアドレスの受信許可をしてもらうことです。

キャリアメールでフィルタリング機能を設定していると、パソコンから送られてくるメールや場合によってはSMSが届かなくなります。しかし個別にメールアドレスの受信許可を設定すれば、そのアドレスだけは受信できるようになるのです。

ただし相手に設定をしてもらう関係上、相手はある程度携帯電話やスマホの設定を知っていなければいけません。そのため受信許可を設定してもらうのは、ちょっと難しい場合もありますよね。

そうなってくると、やはり自分がキャリアメールを使える状態にする方が早いでしょう。

格安スマホでキャリアメールを使う、利用方法や対応する格安SIMのまとめ

基本的に格安SIMへ乗り換えるとキャリアメールは使えなくなります。例外はワイモバイルと、UQ mobileのみです。

キャリアメールがどうしても必要な場合は、これらの格安SIMに乗り換えるか、キャリアでガラケーを契約することになりますね。

世間はスマホが主流になりつつありますが、それでもまだまだガラケーユーザーはいるものです。ガラケーユーザーが周りにいる場合は、あえて連絡のためにガラケーを持ったり、キャリアメールが使える格安SIMに乗り換えたりしなければいけません。

ちなみにキャリアメールを使っている相手がもしもスマホユーザーなら、LINEやフリーメールで連絡できるように設定を手伝ってみることをおすすめします。
→ワイモバイルの概要、詳細はこちら
→UQ mobileの概要、詳細はこちら

-格安SIMカード条件別比較