格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

バーストモードがある格安simを徹底比較!

2017/02/22


格安SIMでは、契約している容量を使い切ってしまうと通信速度が制限されてしまいます。その多くは200kbpsとなっています。

しかし、「バースト機能」が内蔵されている格安SIMであれば速度はそれ以上出ることもあるのです。

burst

この記事では、バースト機能について詳しく解説し、さらにはバースト機能を持つMVNOの中ではどこがおすすめであるかもチェックしていきたいと思います。

バーストモードがある格安simを徹底比較!

バースト機能は速度制限がかかった際などに低速回線で利用できる

バースト機能とは、格安SIMの低速回線において通信をし始めた始めの数秒間程度を高速で読み込むというものです。

そのため、容量が少ないサイトを読み込むのであればバースト機能がオンになっている時間内で全て読み込むことも可能となります。

容量を使い切ってしまうことが多くなりそうであるという方は、バースト機能がある格安SIMを選ぶことをおすすめします。

ただし、格安SIMの一部には低速回線において3日制限がある場合があります。

そのため、バースト機能を良いことに低速回線においてむやみに通信を行いすぎてしまうと速度制限がかかってしまうことがありますので、注意しましょう。

DMM mobileには低速通信に限定されたライトプランが安価で存在する

バースト機能を備えたMVNOで最も安価なのは、大手であるDMM mobileです。ライトプランという低速回線専用のプランがあり、これを選ぶとなんと440円で毎月低速回線を利用することができます。

ただし1GBプランならば480円とほとんど料金が変わりませんので、こちらを契約した方がお得ですね。

また、DMM mobileには3日制限が高速・低速を問わず存在しています。使いすぎてしまうと速度が制限されてしまうので気をつけましょう。

低速回線で速度制限がかかると、元々遅い速度がさらに遅くなってしまうので、快適に利用することは不可能です。

DMMmobile
↑DMMモバイルの公式ページへ

mineoやOCNモバイルONEには3日制限が存在しない

mineoOCNモバイルONEには、高速・低速を問わず3日制限が存在しません。そのためストレスのない利用を行うことができます。

→3日制限とは?

バースト機能も備えていますので、低価格のプランを契約すれば安価な料金で低速回線を使い放題にすることができますね。

バースト機能をフル活用したいという方は、3日制限のないmineoOCNモバイルONEDMM mobileと同様魅力的な選択肢となるでしょう。


↑mineoの公式ページへ


↑OCN モバイル ONEの公式ページへ

バースト機能は画像の多いサイトや動画には効果がない

さて、バースト機能のデメリット、というよりは弱点についても解説していきたいと思います。

バースト機能はあくまで始めの数秒間程度しか使われない機能であるため、そこまでに読み込みきれなかった場合は一気にその後速度が遅くなってしまうという問題があります。

ただし、低速回線が下り200kbpsであればブラウザやメッセージアプリ程度なら問題なく利用することが可能です。

ブラウザの場合ストレスをはっきりと感じられるのは、画像がたくさんあるサイトを閲覧する場合でしょう。

画像の多いサイトを利用する場合、画像一枚を読み込むのに秒単位で時間がかかる低速回線はかなり不利となります。

高速回線と低速回線を切り替えられる格安SIMを契約している場合は、普段は低速回線、画像の多いサイトを読み込むときは高速回線というように使い分けていけば容量を節約しつつ快適な利用を行うことができますね。

動画の場合はさらに読み込みが大変です。YouTubeの場合は画質を変更することができますが、最低画質の144pであっても低速回線ではそれなりに読み込み時間がかかるため、動画の途中で止まってしまうことがあります。

また、動画本編は読み込みを行えたとしてもその前に再生されるCMに関しては画質の切り替えができないため、非常に長い読み込み時間を必要とします。

こういった難点を受け入れられれば、バースト機能を駆使した快適かつ料金も節約した通信を行うことができるでしょう。

バースト機能活用法

バースト機能が使える格安SIMのなかで最も料金が安いのは、前述の通りDMM mobileのライトプランや1GBプランです。

こういった維持費の安いSIMカードを契約して、タブレットで利用するという方法はとても便利です。

SIMフリーのタブレットは2万円台から購入することができますし、中古であれば1万円台でも見つけられるでしょう。

タブレットにSIMカードを入れて持ち運べば、地図を見たいときなどに役に立ちますね。

バーストモードがある格安simまとめ

低速回線への変更時(速度制限時)に利用できるバースト機能は様々なMVNOが取り入れていますので、SIMカードを契約するときはホームページなどからバースト機能に対応しているかチェックすることをおすすめします。

DMM mobileIIJmioには3日制限がありますが、mineoOCNモバイルONEならば制限なくバースト機能付きの低速回線を利用できます。

ただし、動画の視聴や加増の多いサイトの閲覧には向いていませんので要注意です。

バーストモードがある格安simの詳細ページ

-格安SIMカード条件別比較