格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

格安SIMカード条件別比較

プリペイドSIMのおすすめベスト5位

2017/02/23


35b3bde730aa0661a4e4a8630092e553_s
プリペイドSIMにはたくさんのバリエーションがあります。自分に合っているものを選ぶのが、プリペイドSIMの利用においては重要です。

そしてプリペイドSIMの回線は各MVNOの回線です。この記事では回線品質なども含めて、おすすめのプリペイドSIMをランキング形式で紹介します。5位から1位までの中から、自分に合ったSIMを購入してみてはどうでしょうか。

第5位:BIGLOBE SIM

ninjasimfree

docomo回線の格安SIMであるBIGLOBE SIM。「BIGLOBE NINJA SIM」は、BIGLOBE SIMのプリペイドSIM版です。

3GB4900円、7GB7700円で利用でき、SIMサイズはNano、Micro、標準の3種類から選べます。

有効期限は30日間と短いので、注意が必要ですね。

そして追加チャージはクレジットカードで行う必要があり、1GBにつき2000円です。

どちらも比較的余裕がある通信量であるため、動画を見るのにも使えるのがNINJA SIMのメリットです。ちなみに、未成年は利用できない決まりになっています。

利用設定は、NINJA SIMの公式サイトから確認できます。APN設定を入力したり、プロファイル設定を行ったりして利用開始しましょう。

BIGLOBE NINJA SIM販売ページへ

第4位:FREETEL SIM

freetelsimfree

docomo回線であるFREETEL SIM。4つの料金プランがあります。

1GBの場合、契約日+7日間で合計8日間を使えて2280円です。これはまさに旅行者向けのプランですが、スマホアプリの認証などでどうしてもSIMが必要な場合などにも使えますね。

2GBの場合合計31日で3480円、3GBも同様で3980円、5GBは4980円。2GB以上のプランは31日までに期間が設定されています。

利用期間の延長はできませんが、リチャージは980円で可能です。

第3位:mineo

mineosimfree

mineoの最大の特徴は、docomo回線だけでなくau回線でもプリペイドSIMを使えることです。

ただしauの場合VoLTE対応端末でしかプリペイドSIMを使えないことには注意しましょう。ドコモ・au共に最大2ヶ月、1GBを3700円で使用可能です。期間が2ヶ月なのは便利ですよね。

ただし開通日の翌月末までなので、例えば10月31日に開通したら11月30日までしか使えないことになります。月の初めに開通させましょう。

そして月額課金プランへの移行も可能です。事務手数料がかからないだけでなく、データ容量が残っていたら引き継ぐこともできますよ。

そして利用期限を過ぎると変更できなくなるので注意しましょう。

mineoのプリペイドSIMは、Amazonやeoショッピングモールで購入可能です。

第2位:OCNモバイルONE

ocnsimfree

OCNモバイルONEは、SIMカード付属のパッケージ版プリペイドSIMと後日発送のパッケージ版プリペイドSIMを展開しています。すぐに利用したいなら、SIMカード付属のものを購入しましょう。

料金は50MB/日の20日間で2800円、30MB/日の30日間で3791円、そして1.0GBを3ヶ月かけて使えて3200円の3種類あります。

容量追加ができたり通常の課金プランへの移行ができたりするため、なかなか便利な仕様のOCNモバイルONE。コンビニで購入できるのも便利です。

第1位:IIJmio

iijmiosimfree

IIJmioは「えらべるSIMカード」と「IIJmioプリペイドパック」を販売しています。すぐに使い始めたいなら、プリペイドパックを購入しましょう。

3791円で3ヶ月、2GBを使えるのがプリペイドパックです。もし使い切ってしまったら、月額課金プランに移行することもできますし、コンビニなどでリチャージのための「IIJmioクーポンカード」を購入したりもできます。

選べるSIMカードは3000円で3ヶ月間、500MBを使えます。こちらはプリペイドSIMとしては料金が微妙ですが、コンビニで購入できるのがメリットです。ただしSIMカードは後日配送です。

プリペイドSIMのおすすめベスト5位のまとめ

f8fa5dd326bb2d564926d8497c1075df_s

プリペイドSIMには、様々な種類があります。今回紹介した以外にも、まだまだ種類がありますよ。

5つほどプリペイドSIMを紹介しましたが、やはり一番良いのはIIJmioですね。期間が3ヶ月と長く、さらに追加チャージが気軽に行えるため、通常の格安SIMと同じように長期間使うこともできるのが便利です。

ほとんどのプリペイドSIMはdocomo回線を使用しているので、SIMフリースマホやdocomoのスマホが必要であることには注意しましょう。

ただしもしもauユーザーなら、mineoを選べばVoLTE対応端末のSIMロックを解除していればauのプリペイドSIMが使えます。

プリペイドSIMは割高ですが、クレジットカードや本人確認書類がなくても気軽に使える格安SIMです。格安SIMを契約できない、あるいはまず試してみたい方は、プリペイドSIMを契約してみてはどうでしょうか。

-格安SIMカード条件別比較