格安SIMカード条件別比較

データ通信量4GBプランが最安のMVNOは?

2017/05/02



しむ子
4GBのプランってあるのかしら?4GBでちょっと余裕が欲しい人はいるかもしれないわね。

sim探偵
その通り。3GBがMVNOの主流じゃが、3GBでは心許ない人にとってはオススメじゃな。

格安SIMを契約するにあたって、できる限り多い容量を契約しておいて安心して様々なことに利用したいという場合がありますよね。

この記事では、格安SIMの4GBプランを比較していきたいと思います。最安価格で提供しているのはどこか、ぜひ興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

データ通信量4GBプラン比較表

【2017年4月更新】
キャリア名 月額料金
イオンモバイル 980円
nuroモバイル 1100円
エキサイトモバイル 1150円
SkyLink Mobile 1510円

4GBプランの候補はとても少ない

まず始めに説明しておかなければならないことは、4GBプランを提供している格安SIMがほとんど存在しないということです。

5GBプランであればたくさんの種類から選ぶことができますが、4GBプランは候補がほとんどありません。そして月額料金はまばらです。

今回4GBの候補として紹介するのはイオンモバイルnuroモバイルエキサイトモバイル、そしてSkyLink Mobileの4つです。

最安はイオンモバイル

表で紹介しているように4GBのプランの中でも最安値は、イオンモバイルの980円です。

4GBでできるだけ安い料金のプランを探しているのであれば、イオンモバイルがベストです。

全国のイオンで展開されているため入手性が高く、気軽に利用開始できるのがその魅力と言えるでしょう。

店頭で契約手続きを行うことができるのは今回紹介する中では唯一ですので、すぐに契約を行いたい方もイオンモバイル一択です。

MNPを行いたい場合でも、イオンに行けばその日のうちに手続きを終えることができます。

回線設備などを提供しているMVNEはIIJmioであるため安定性も高く、ほかの業者のプランを見ると多くの格安SIMは3GBプランで980円としています。

ところがイオンモバイルは1GB多いデータ通信量で同じ料金を実現しています。このデータ通信量では無敵といっていいでしょう。

ちなみに節約モードも搭載されていますので、普段の利用において高速通信を必要としない場面ではこちらに切り替えれば容量を節約せずに済みます。

4GBの容量は動画の視聴や音楽のストリーミング再生などに使い、普段のネット閲覧やメールは低速通信で済ませるという活用方法を行えますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


↑イオンモバイルの公式ページへ

リーズナブルなnuroモバイル

nuroモバイルはnuroという光回線サービスで有名なブランドを冠にした格安SIMサービスのことです。

ソニーネットワークコミュニケーションが提供している、モバイル通信サービスになります。

nuroモバイルの魅力は、データ容量が1GB刻みになっている点です。

つまり自分に最適なプランが見つかり、無駄なコストを負担する必要がないです。月額2GB~10GBまで1GBごとにコースが分かれています。

ちなみに4GBを選択した場合の月額は、1100円です。ほかの業者と比較してもなかなかリーズナブルな価格といえます。

またデータ通信量によっては、業界最安値になるコースもあります。業界最安値に挑戦しているDMMモバイルと比較しても安いプランもあるほどです。

データ通信量は月別で違っている人もいるでしょう。このため、ある月は上限に余裕があるけれども他のつきでは高速データ通信を使い切ってしまうかもしれないというケースもあるでしょう。

その場合、nuroモバイルではパケットギフトを用意しています。

この手のパケットのやり取りは、家族や友人に限定されることが多いでしょう。

しかしnuroモバイルであれば、nuroモバイルのユーザー同士であればだれでもデータ容量のやり取りができます。

もし今月ピンチというのであれば、このパケットギフトを活用しましょう。

NUROMOBILE
↑NUROMOBILE(ニューロモバイル)の公式ページへ

エキサイトモバイルは2016年に始まったばかりのMVNO

元々BB.exciteモバイルというMVNOが展開されていましたが、それに変わって新しく登場したのがエキサイトモバイルです。

従量課金制と定額プランが存在し、定額プランには4GBプランが存在しないという難点がありますが、エキサイトモバイルには4GBの時点での月額料金が設定されています。

そのため、こまめにデータ残量を確認しながら使わなければいけないものの、4GBまでで抑えれば4GBの料金を支払うことができます。

月額料金は1150円です。

イオンモバイルよりは高いのですが、多くのMVNOの5GBプランよりは安価です。ただし、安価なMVNOであるDMM mobileは5GBプランを1210円という価格で提供しています。そのため、わざわざこのMVNOを選ぶメリットはあまりないのが事実です。

しかし、使い方はあります。従量課金制ですので、3GB以下で収まった月は支払い料金を安くできますし、4GBを超えてしまっても月額料金は上がるものの高速通信を行えるためです。


↑エキサイトモバイルの公式ページへ

SkyLink MobileはELECOMのMVNO

SkyLink Mobileは、PC周辺機器でお馴染みのELECOMが提供するMVNOです。

ネットで契約手続きを行うことができます。

4GBまで利用できるプランは「マンスリー」で、注意点は3日で450MB以上利用した場合に速度制限がかかる場合があるということでしょう。

月額料金は1510円と、その他のMVNOの5GBプランとあまり価格が変わらないためなかなかこれを選ぶメリットはないかもしれません。

まとめ

4GBプランは種類が少ないため、あまり選ぶ際に悩むことはないでしょう。

とにかく最安で利用したいという方はイオンモバイルがベストですし、最安かどうかに特にこだわっていなかったとしてもイオンモバイルが今のところはベストな選択肢です。

イオンモバイルの低速回線と高速回線の切り替えはアプリが提供されていないのでブラウザのマイページから行う必要があるという欠点がありますが、切り替え機能があるという点は魅力的です。

なお、速度切り替え機能はエキサイトモバイルも搭載しています。エキサイトモバイルは月額料金でイオンモバイルに劣ってしまっていますが、今後キャンペーンなどが行われれば優位に立てる可能性もあります。

また、従量課金プランに魅力を感じた場合もエキサイトモバイルは選ぶ価値があります

SkyLink Mobileについては、今のところは5GBプランを提供しているその他のMVNOの方が安いため、あまり選ぶことでのメリットが感じられません。こちらも今後に期待したいところです。

データ通信量4GBプラン比較表

【2017年4月更新】
キャリア名 月額料金
イオンモバイル 980円
nuroモバイル 1100円
エキサイトモバイル 1150円
SkyLink Mobile 1510円

-格安SIMカード条件別比較