格安SIMのあれこれ【MVNO】

スマホからタブレット・パソコンへ!テザリングを解説

2016/10/14


スマホとパソコンを持って歩いていて、パソコンで通信を行いたい場合。Wi-Fiスポットに行くという方法もありますが、簡単にネット接続を行う方法があります。それが、テザリングです。

gori0i9a3078072102942_tp_vsim

この記事では、スマホから様々な機器へのテザリングを行う方法について解説していきたいと思います。 

テザリングは格安SIMでは使えない場合もある

まず始めに、テザリングには相性があるということをお伝えしたいと思います。

auのiPhoneでは、格安SIMによるテザリングを行うことができません。これはmineoUQ mobileのどちらでも同様ですので、注意しましょう。さらに、SIMフリーiPhoneにau回線の格安SIMを入れた場合もテザリングが不可能です。

auと違い、docomoのiPhoneでは、docomo回線の格安SIMで問題なくテザリングを行うことができます。

しかしdocomoのAndroidでは、テザリングを行うことができません。

SIMフリー端末にdocomoの格安SIMを入れた場合は、問題なくテザリングを行うことができます。

テザリングには特に特殊な設定は必要ない

Androidの設定画面から、テザリングのオン・オフを設定することができます。

テザリングにはWi-Fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリングといった種類がありますが、基本的にはWi-Fiテザリングを選べば良いでしょう。

テザリングは、オンにすればすぐに使用可能になります。パスワードは変更することができますので、自分だけにわかる専用のパスワードを設定することをおすすめします。

また、テザリングの際に他の端末に表示される親機名も変更できます。こちらも自分で変更した方が良いでしょう。ただし、不特定多数が見る可能性がありますので、自分の本名などは避けた方が良いですね。

繋ぐ端末でパスワードを入力すれば、あとはネットが普通に利用できます。テザリングはそこそこバッテリーを使いますので、モバイルルーターも用意しておくとなお良いでしょう。

しかし、喫茶店で1時間程度利用するといった気軽な利用であれば、モバイルルーターが無くても良いかもしれません。

iPhoneの場合は「インターネット共有」がテザリング

iPhoneの場合は、設定から開ける「インターネット共有」がテザリングです。設定内容はAndroidと特に変わりません。

BluetoothテザリングとWi-Fiテザリングの違い

Bluetoothテザリングには、Wi-Fiテザリングよりも通信速度が遅いという欠点があります。それではなぜBluetoothテザリングという選択肢があるのかというと、バッテリーの消費を抑えられるためです。

そしてもう一つ、ペアリングを設定しなければ接続できないため、誰かが勝手にパスワードを解析して接続するということも起こらないのがBluetoothテザリングの魅力です。

USBテザリングは最速!

USBテザリングは、USBで直接繋ぐ必要がある代わりに最速のスピードで通信を行うことができます。

ただしUSBで接続しなければいけない関係上、基本的にはパソコンでこの方法を用いることとなりますね。

タブレットPCとスマホを繋ぐのであれば、やはりWi-FiかBluetoothの2択となるでしょう。

テザリングは通信量を消費する

テザリングは便利ですが、通信量を消費します。そのため、動画などを見ているとどんどん残量がなくなっていってしまいますので、注意しましょう。

自宅に固定回線と無線LANを引かずにテザリングだけで全てを行うという方は、DMM mobileBIGLOBE SIMなどにある大容量のプランを選んだり、速度は落ちますが使い放題の格安SIMを選んだりといった方法をとることになります。

テザリングではなく、格安SIMをモバイルルーターに入れるという方法もある

テザリング以外にも、格安SIMを用いて複数の端末で通信を行う方法はあります。それは、モバイルルーターを入手することです。

docomoのモバイルルーターではdocomoの格安SIMを利用できますし、Y!mobile、イーモバイルのSIMフリーのモバイルルーターでも格安SIMを利用した通信が行えます。

モバイルルーターでの通信ならばスマホのバッテリーの消費を抑えることができますので、こちらもおすすめです。

まとめ

スマホではBluetoothテザリング、Wi-Fiテザリング、USBテザリングといった方法で、他の機器をネットにつなげることができます。

しかし、端末とSIMカードには相性がありますので、自分のスマホでテザリングを行う場合はそれに対応しているSIMカードを選びましょう。

テザリングは、外出先でのちょっとした通信におすすめです。自宅のメイン回線としてはあまり向いていません。一日中通信をしたいのであれば、固定回線かWiMAX、ポケットWi-Fiといったサービスがおすすめです。

-格安SIMのあれこれ【MVNO】