格安SIMのあれこれ【MVNO】

ポケモンGOのプレイにおすすめの格安SIMは?


日本でこの夏大ブームを巻き起こしたポケモンGO。まだまだ人気は続いていますよね。

ポケモンGOは、スマホで起動したまま歩くことでポケモンを探し、捕まえていくゲーム。ゲーム機ではできないため、スマホが必須です。

ポケモンGOは常時通信を行うゲームなので、SIMカードを入れたスマホが必須。ただしキャリアと契約する必要はないので、格安SIMを入れたスマホでも大丈夫です。

この記事では、ポケモンGOのプレイにあたっておすすめの格安SIMを紹介します。基本的にはポケモンGO専用のSIMということを想定していますので、データプランでの月額料金を表記しています。

pokepoke20160714023312-thumb-autox1600-24823water

音声通話プランでもデータプランでもポケモンGOはプレイできますが、安くプレイ環境を作るならデータプランがおすすめですよ。

ポケモンGOの通信量は、少ない

格安SIMを選ぶ前に、ポケモンGOの通信量について把握しておく必要がありますよね。データ量が多いなら大容量プランが用意されている格安SIMを契約する必要がありますし、少ないなら相応のプランで十分です。

結論を申し上げますと、ポケモンGOの通信量は少ないです。1時間でおよそ10MB程度しか使われません。

1GBあれば、およそ100時間もポケモンGOで遊べます。ポケモンGO以外にも使うとしたら、その用途の通信量でプランを決めれば良いでしょう。

ポケモンGO用のスマホを今から買うなら、docomo端末がおすすめ

例えば子どもに持たせたり、メインのスマホでプレイするとバッテリーがドンドン減ってしまうので別の端末で遊びたいという考えだったりする場合は、SIMフリー端末かdocomo端末を入手しましょう。

docomo端末は中古で安く購入できますので、ポケモンGO専用スマホを入手するにはもってこいの存在です。

ただし、ポケモンGOはAndroid4.4以上でなければ動かないなどのスペックの制限がありますので、その点については注意が必要です。

DMM mobileは、月額料金が安い格安SIM

docomo回線の格安SIMの中でも、月額料金が安いのがDMM mobileです。ただ安いだけではなく、低容量のプランも多いのが特徴です。

1GB480円から利用できるため、他社と比べても最低維持費が安いことがDMM mobileの魅力ですね。

1GBあれば、1ヶ月間のポケモンGOの通信量は全て補えるでしょう。もしも速度制限がかかってしまっても、ポケモンGOに限ればそれほどストレスもなく、普段とあまり変わらない速度でプレイできますよ。

極限まで料金を抑えたいなら、DMM mobileのライトプランがおすすめ

極限まで月額料金を抑えたいなら、低速回線のみに限られるDMM mobileのライトプランを契約しましょう。月額440円です。

他の格安SIMよりも遅い、200kbpsの通信速度で利用できますが、ポケモンGOのプレイでは速度の遅さが気になる場面があまりないでしょう。

3日間で366MBが上限で、これを超えると低速通信になってしまうのがライトプランの弱点。しかし、366MBということは36時間、つまり一日12時間以上で3日間プレイできる容量です。ポケモンGOにしか使わないならまず引っかかりませんよね。

IIJmioは、シェアSIMが使えるのが魅力

IIJmioは、シェアSIMを3GBプランから利用できます。月額400円です。

例えば子どもに持たせる場合、自分はIIJmio音声通話SIMをメインのSIMとして契約、子どもに安いスマホを持たせ、シェアSIMのデータSIMを与えるという使い方ができますね。
自分の契約した通信量を子どもにドンドン使われたくないなら、低速に制限をかけてしまうのも良いでしょう。

また、自分でポケモンGO用に2台目の端末を使う場合でも、IIJmioのシェアSIMが活用できますね。

FREETEL SIMやDTI SIMは、ポケモンGOに特化している

FREETEL SIMは、ポケモンGOの通信量が加算されません。これは期間限定のサービスですが、あと半年以上はこのサービスが自動で適用されます。

ポケモンGO用のSIMカードとしては、FREETEL SIMの定額プラン1GBや使った分だけ安心プランはおすすめできますね。

DTI SIMは、まだスタートしていませんが、DTI SIMノーカウントというポケモンGO向けのプランをサービス開始予定です。これはポケモンGOの通信量が加算されないプランで、秋に提供される予定となっています。

まとめ

pokepoke20160714575312_tp_vwater

ターゲットプラン ポイント
DMM mobile ライトプラン(低速プラン)
1GB/480円
最安で選びたい場合に。通信の安定度も良好。
IIJmio 3GB/900円 子供用やサブ機でポケモンGOをやる場合に+400円でシェアシム追加
FREETEL SIM 1GB/499円
3GB/900円
ポケモンGOの通信量が加算されない。~2017年9月6日(水)まで
DTI SIM 1GB/600円
3GB/840円

ポケモンGOの通信料を通信容量に1年間含めない「DTI SIM ノーカウント」

ポケモンGOは、どの格安SIMでもプレイ可能です。docomoの中古スマホと安価な格安SIMの組み合わせが、安くポケモンGOのプレイ環境を作るにあたってはおすすめですね。

今回紹介した中でも、DMM mobileは安さを追求するうえでとてもおすすめできます。440円のライトプランではちょっと心細いという方は、1GBプランを契約すれば良いでしょう。

-格安SIMのあれこれ【MVNO】