格安SIMのあれこれ【MVNO】

SIMカードでMNP(番号ナンバーポータビリティ)は使える?

2017/06/29


番号の移行は問題なく可能です

22c18a11a6c3c5625add4189b9cd43e0_ssimfree

まずMNPとはなにかと言いますと、モバイル・ナンバー・ポータビリティの略称です。

携帯電話キャリアを変更してもそのまま同じ電話番号を利用できる制度のことで、日本では2006年に導入されています。今後SIMカードや格安SIMと呼ばれるものであってもMNPに対応していくことになります。

今利用している番号を他社のSIMカードで使いたい場合は現在利用しているキャリア窓口に申し込み、MNP予約番号を入手しましょう。ショップ窓口でなくても電話かWEBでも申し込むこともできます。

このMNP予約番号が手に入ったら、SIMカードを使いたいキャリアで購入し、その際にそちらでその予約番号を伝えれば利用できるようになります。ただ、格安SIMの業者によってはまだMNPに対応していない場合もありますので、その点は注意してください。

MNPでこれまでの番号が使えても・・・・・・

MNPで他社のSIMに乗り換えた場合に注意したい点があります。まず、継続利用期間がクリアになることです。移行した先ではあくまで新規扱いですし、仮にまた元のキャリアに戻したとしても、それも新規扱いです。なので、ポイントなどもなくなります。

また、番号が同じなのでつい勘違いしやすいのですが、利用できるサービスはそのキャリアのもののみですので注意が必要です。メールアドレスも同様ですね。契約元が変わるわけですし、メールアドレスは移行できないので、アドレスも変更しなければなりません。

昨今で最も注意したいのは電子マネーでしょう。場合によっては移行できないので、移行前に電子マネーは使い切っておくべきです。

2015年5月のSIMロック解除義務化前の携帯電話端末の場合

それから、この先はこの問題は少なくなるかと思いますが、2015年5月のSIMロック解除義務化前の携帯電話端末だとSIMロックが解除されていないので、その端末は同じ番号でも他社のSIMは認識しないので使用できなくなります。

ですので、移行先のSIMカードがその端末で使えるのかどうかを事前に確認しておかなければなりません。

キャリアからMVNOへMNPで乗り換える手順を解説

現在キャリアのスマホを利用していて、MVNOに乗り換えて携帯料金を節約したいと思っている人もいるでしょう。

その場合、基本的にキャリア同士の乗り換えと手続きは一緒です。もし現在使っている電話番号を格安スマホでも引き続き使用したければ、MNPの手続きを行う必要があります。

現在使っているキャリアでMNP予約番号を取得するところから始めます。キャリアのウェブサイトサポートセンターのような電話窓口、さらには携帯ショップでも受け付けています。

MNPの予約番号を取得する際、手数料がかかります。キャリアによって手数料の料金は異なりますが、2000~3000円程度のはずです。こちらの手数料は、契約最終月の携帯料金と一緒に請求されることが多くその場で支払いを求められることはまずないでしょう。

続いて自分が加入したいMVNOで手続きを進めます。MVNOの場合、基本的にWEB申込となります。

ただし最近ではmineoFREETELUQ mobileなどショップを展開しているところもあります。

手続きをするにあたって、MNP予約番号を入力します。そのほかにMVNOと契約する場合、本人確認書類や本人名義のクレジットカードも必要なので準備しましょう。本人確認書類は運転免許証やパスポートなどの公的な書類があれば十分です。

クレジットカードについては、MNVOの中にはデビットカードでも大丈夫なところや口座振替でも支払いできる業者もありますのでクレジットカード以外の支払い方法を希望している場合には事前に確認しておきましょう。

MVNOと契約する際には、契約事務手数料などの名目で費用が掛かります。こちらもMVNOによって異なりますが、だいたいのところが3000円程度に設定されています。先ほど紹介したMNP予約番号を入手するためにも2000~3000円程度の手数料がかかります。ですからキャリアからMVNOにMNP転出する際には、5000~6000円程度のコストがかかると思ったほうがいいでしょう。

また契約期間中に解約してMVNOに転出する際には、違約金が発生します。

こちらはどの大手キャリアでも1万円程度かかります。契約期間は主要キャリアの場合2年間となっているので、更新月の1か月間は違約金が発生しません。この更新月のタイミングでMNP手続きをすれば、必要最小限のコストで移行可能です。

MNP予約番号の有効期間は15日間となっています。

MVNOの場合、先ほども紹介したようにほとんどがWEB申込となっています。

SIMカードは宅配便にて自宅に届けられます。SIMカードが届くまで早くても2日程度、場合によっては1週間くらいかかります。

ですからMNP予約番号を入手したら1週間以内、できるだけ早めにMVNOとの契約申し込みを済ませた方がいいです。


↑mineoの公式ページへ

-格安SIMのあれこれ【MVNO】