SIMカード詳細一覧

パナソニックWonderlink LTEの概要・特徴は?

2017/06/28


データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量
pana-logo
パナソニックWonderlink LTE
890円~ なし  3GB
デジカメなどマニアックな使いみち?
高速通信容量制限後もそこそこ速いコースあり(低速時受信最大700Kbpsで音楽のストリーミング位なら使えるスピード)

Wonderlink LTE公式へ

様々な会社がMVNOとして格安SIMを発行していますが、実はパナソニックも格安SIMを用意しています。

名前は、Wonderlink LTE。docomo回線の格安SIMです。使い放題プランや低価格のプランなど種類がかなり豊富で、少々わかりづらいところがありますが、自分に合っているプランを選べば快適に利用できますよ。

この記事では、Wonderlink LTEの概要を解説します。

Wonderlink LTEには、パソコンやカメラ向けのプランがある

公式サイトを見ると、Wonderlink LTEには4種類ものプランがあるため驚いてしまうかもしれません。

Wonderlink LTEには、実はスマホ向けのプランの他にパナソニック製PCであるLet's noteやカメラであるLUMIX CM専用のプランがあります。

スマホ向けの使い放題プランであるLTE F、通常の、通信量が決まっているLTE I、Let's note向けのLTE A、LUMIX CM向けのLTE Lで、合わせて4種類ですね。

シリーズ プラン 通信量 月額料金
LTE F F-使い放題700 1GB 1580円
F-7G 7GB 2480円
LTE I I-3Gシングル 3GB 890円
I-5Gシングル 5GB 1460円
I-7Gシングル 7GB 1870円
LTE A エントリーコース 3GB 889円
レギュラーコース 7GB 1960円
ウィークリーコース 1GB/週 1000円
LTE L L-03G 3GB 1480円
L-5G 5GB 1980円

Wonderlink LTEは、データ通信のみ!

Wonderlink LTE最大の特徴は、データ通信専用プランしか存在しないことでしょう。ちなみに、支払い方法はクレジットカードのみです。

多くの格安SIMはSMS対応SIMや音声通話SIMも用意していますが、Wonderlink LTEにはありません。

そのため、メインで使うSIMカードとしてはちょっとおすすめしがたいところがあります。

とはいえIP電話やLINEなどで通話自体はできますので、子どもに持たせる初めてのスマホにWonderlink LTEのSIMカードを入れて渡すなどの使い方なら、メインとしての利用でもいいですね。

LTE Fは、使い放題だが制限がある

LTE Fは、いわゆる「使い放題」プランです。使い放題なのですが、かなり変わったシステムなので、よく調べてから契約しましょう。

「F-使い放題700」は、1GBまで高速通信が可能。1GBを超えると速度が700kbpsに固定されます。

速度の固定後は使い放題ですが、直近24時間に通信できるのは1GBまで。それを超えると、しばらく速度制限がかかることがあります。

F-7Gは、7GBまで通信可能です。7GBを超えると、やはり700kbpsになります。そしてこちらにも、24時間につき1GB以内という制限があるので注意しましょう。

ちなみに、LTE Fシリーズは初月無料。もちろん初期費用はかかりますが、まず契約して試してみるのも良いですね。

Wonderlink LTEの公式ページはコチラ

速度制限後のLTE Fシリーズは、どのくらい使える?

速度制限されると700kbps程度になるLTE Fシリーズ。速度制限後にどのくらい使えるのかは気になりますよね。

まず、YouTubeの動画の場合。通常の画質は480pですが、これでは満足に再生できません。しかし、画質を落として240~360p程度にすれば止まらずに再生できます。

画質は落ちますが、動画が見られるのは便利ですね。また、ネットラジオを聞くのも問題ありませんし、音楽も高音質でなければ問題ないでしょう。

ブラウザの閲覧は、画像の多いサイトだとちょっと読み込みが長いですね。

LTE Iシリーズは、通常の格安SIM

LTE Iシリーズは、3GB、5GB、7GBから選べます。価格は若干安価に設定されていて、やはりデータ通信専用のプランです。

特に変わったところはなく、普通に使えるデータSIMですね。

Wonderlink LTEの公式ページはコチラ

LTE Aシリーズは、Let's note向け

Let's note向けのプランである、LTE Aシリーズ。月額料金は3GBの場合わずかにLTE Iシリーズよりも安く、7GBだと若干LTE Iシリーズより高くなっています。

縛りが6ヶ月ありますが、初月は無料です。

変わったところでは、1週間で1GB使えて月1000円のウィークリーコースの存在が挙げられます。

こちらも縛りは6ヶ月ありますが、この中では最も安く、魅力的なコースと言えるでしょう。

LTE LシリーズはLUMIX CM向けのプラン

3日につき1GBまでに通信料が制限されているLTE Lシリーズ。3GBプランと5GBプランがあります。

価格は高めですが、上りについては通信量を使い切っても速度制限がありません。Android搭載デジカメのLUMIX CM10などで使え、撮影した写真を転送するのに便利なプランですね。

Wonderlink LTEの概要・特徴まとめ

Wonderlink LTEは、データ通信専用という点でかなり使う人を選びます。しかし、それに納得できればなかなか満足できる格安SIMと考えられますよ。

多くの方はLTE Fシリーズか、LTE Iシリーズを選ぶことになるでしょう。使い放題のLTE Fシリーズは、上手く扱えればかなり魅力的なコースです。

LTE Iシリーズは若干一般的な格安SIMよりも安めに料金が設定されていますので、データ通信であることに問題なければかなり便利に使えますよ。

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量
pana-logo
パナソニックWonderlink LTE
890円~ なし  3GB
デジカメなどマニアックな使いみち?
高速通信容量制限後もそこそこ速いコースあり(低速時受信最大700Kbpsで音楽のストリーミング位なら使えるスピード)

Wonderlink LTE公式へ

-SIMカード詳細一覧