格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

SIMカード詳細一覧

hi-hoLTEtypeD 価格と使用感

2016/10/14


安定のプランでおすすめできるhi-hoLTEtypeD

SIMが3枚という他にも、1年まとめて支払い可能のプランも

MVNOのモバイル通信サービスはIIグループに所属する株式会社ハイホーにより提供されています。ここではSIMカード3枚や、1年まとめて支払いというプランが提供されていて、親会社であるIIJとは違う特徴を見せています。またウリは端末とセットの販売で、まだ端末を持っていない方やこれから端末を使用してみたいとい方へおすすめです。他の会社と大きな違いをみせて好評を得ている格安SIMです。

使用回線 docomo
通話プラン あり
月額料金 933円~

公式サイト:hi-ho

IIJグループであるhi-hoLTEtypeDは通信品質やコストパフォーマンスが高いことにより多くの人たちの間で人気を集めています。ただし最低利用期間に関するデメリットを指摘する意見などもありますし、またWEBサイトが重いため高速通信のON/OFFに手間がかかったりする場合などもあるようです。「SIM3枚プラン」「端末セット」「ミニマムスタート1年パック割」などがhi-hoLTEtypeDのおすすめポイントになります。これらについて魅力を感じた人はhi-hoの利用をぜひとも検討してみてください。

SIM3枚が安価で利用できるプランが設定されています

hi-hoにはSIM3枚が利用できるプランとして「アソート」「ファミリーシェア」の2種類が設定されています。これらのプランでは高速通信の容量(バンドルチャージ)違いがあり、アソートは2GBであるのに対してファミリーシェアは7GBに設定されているのです。

ちなみにアソートであれば月額1409円で利用が可能ですからSIM3枚が利用できるプランとしては格安だといえるでしょう。hi-hoの公式サイトではアソートは複数端末を所有する人向け、ファミリーシェアは家族で複数の端末を利用したい人向けと紹介されています。

SIM1枚のプランには年払いの割引が適用されるものもあります

SIM1枚が利用できれば十分だという人には「ミニマムスタートプラン」をおすすめします。月額933円で高速通信の利用も可能ですから他社と比較しても十分に低価格でお得なプランだといえるでしょう。このプランには年払いの割引が適用される「ミニマムスタート1年パック割」も用意されています。

1年分の料金を前払いで支払えば同内容のプランが月額833円で利用することができるのです。ただし年払いの割引が適用されるのは最初の1年限りとなりますので、ミニマムスタート1年パック割を選んでも2年目以降は通常のミニマムスタートと同じ条件で利用することになります。

また初めて利用するという人には端末セットコースもおすすめです。人気タブレットである「ZenFone5」「YOGATablet2」「Fonepad7」などの中から自由に好きな端末を選ぶことができます。

プラス700円で音声通話のオプションをつけることができます

hi-hoでは月額料金に700円をプラスすれば音声通話をオプションとしてつけることができます。音声通話が可能なSIMカードを選ぶことができますし、さらにMNP編入も可能なのです。

「アソート」「ファミリーシェア」などの複数SIMが利用可能なプランの場合にはSIMカード1枚ごとに専用の電話番号の割り当てを受けることもできるのです。スマートフォンの利用料金を抑えながらこれまでの電話番号をキープしたいという人にもおすすめです。

高速通信を柔軟に利用することができます

hi-hoではバンドルチャージの有効期限は付与された月の翌月の末までとなっていますので、BB.exciteやIIJと同様に使い切れなかった高速通信のデータ量を翌月に繰り越すことができます。

限られたデータ量を効率的に利用することができますので上手に活用してみてください。また高速通信のON/OFFも可能です。高速通信が不要な場面などではOFFにしておくことでデータ量を節約することができるのです。

ON/OFFの設定はWEBページから行うため若干面倒なのですが、マメな管理を行うことで限られたデータ量を有効に使うことができるでしょう。

最低利用期間の制限に注意しましょう

hi-hoのプランには最低利用期間が設定されている場合が多いため注意が必要になります。最低利用期間中は基本的に解約ができませんので契約の際には慎重に考えるようにしてください。

「アソート」「ファミリーシェア」「ミニマムスタート」の各プランにはそれぞれ1年間の最低利用期間が設定されますし、また端末セットを選んだ場合には2年間の最低利用期間が設定されることになります。

最低利用期間の制限についてはhi-hoのデメリットだといえるかもしれませんが、その分だけ割安で利用できるというメリットもあります。hi-hoは最初から長期で利用するつもりの人にはおすすめのプロバイダーであるともいえるのです。

使用回線 docomo
通話プラン あり
月額料金 933円~

公式サイト:hi-ho

-SIMカード詳細一覧