格安sim探偵

格安SIM・格安スマホ徹底リサーチ!最強MVNOはこれ!

SIMカード詳細一覧

Freebit mobile 価格と使用感

2016/06/09


Freebit mobile 価格と使用感

freebit mobile(フリービットモバイル)について

「ドリームトレインインターネット」という通信会社が販売している格安のスマホがフリービットモバイルです。ここでは端末と通信サービスをセットで販売しています。また新規の契約やMNP(他社の通信会社からの乗り換え)も行っています。「freebit PandA」と呼ばれるフリービットモバイルのオリジナルの端末と、ドコモによるFOMA回線・FOMAハイスピード回線の通信サービスを使っています。

使用回線 docomo
通話プラン あり
月額料金 1,000円~

公式サイト:Freebit mobile

Freebit mobileはトーンモバイル社がMVNOとして提供する通信サービスの名前です。

大きな特徴はFreebit mobileが中国のキョンウォン産業と開発したAndroid搭載のスマートフォン「PandA(パンダ)」とSIMカードをセットで販売している点です。このスマホはSIMフリーですが、Freebit mobileでしか販売されていないので、実質Freebit mobileのSIM専用です。このスマホはFreebit mobileが運営する直販店舗「ATELIER(アトリエ)」やテレビショッピングで購入できます。

Freebit mobileの回線はNTTドコモのFOMAハイスピードを利用しています。残念ながらLTE(3.9Gといわれる通信規格)には対応はしていませんが、基本プランでも最大500~600Kbpsでの通信が可能です。高速通信を利用したい場合にはオプションで高速チケット(300円/1GB)をチャージすることで最大14Mbpsでの通信ができるようになります。

このようにFreebit mobileはほかの格安SIMを販売する会社とはまったく違うビジネススタイルを確立しています。

気になる基本料金は安いのか

Freebit mobileの基本料金は月額1000円になっています。基本はPandAの端末とセットなので、その価格が24000円ですから、月々の支払いは月額2000円~となっています。この場合の音声通話はIP電話になっています。

しかし、市場のニーズとしては3G回線を使用する通話サービスもほしいところです。もちろん、Freebit mobileでは月額953円で利用できるようになっています。そうなると当然ながら090などで始まる回線も利用できるわけですから、ほかのキャリアからのMNP(番号ナンバーポータビリティ)にも対応できるようになっています。

ひとつ残念なのはSIM単体での販売はまだ行われていない点です。もしFreebit mobile 関連のSIMカードを単体でほしい方は「ServersMan SIM LTE」がオススメです。こちらはFreebit mobileの100%子会社でSIM単体を月額467円~利用できます。名称の通りLTE回線も利用でき、iPhone6にも対応している最新のSIMです。

このようにSIM業界も常に進化しいているので、その最先端を行くFreebit mobileを早めに先取りしていくのもモバイラーとして楽しいものです。

使用回線 docomo
通話プラン あり
月額料金 1,000円~

公式サイト:Freebit mobile

-SIMカード詳細一覧