SIMカード詳細一覧

エキサイトモバイルの速度・プラン・料金・他社との比較まとめ

2016/10/21


exitemobiletop

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量
excitelogo
exciteモバイル
500円~ 1200円~ 無制限(低速)
・12段階で細かく分けられた段階制プランが最大の売り
・シェアSIM(5枚まで)と「最適料金プラン」の相性がgood
・「定額プラン」は特に他社と比べても特色なし?
・高速通信ON・OFF機能にアプリがないのは不便
・手数料関係はやや高めか?最低利用期間も13ヶ月と長め
・通信速度は現状高評価も今後はどうなるか疑問
段階制「最適料金プラン」がハマる人には要検討対象になりそうか

エキサイトモバイル公式へ

目次

契約を検討している方へ!エキサイトモバイルの概要・特徴は?

エキサイトモバイルは、以前から存在していた格安SIM「B.B.exciteモバイルLTE」の後継である格安SIMです。

exciteといえば、ブログなどで有名なサイトですよね。この記事では、エキサイトモバイルが一体どんな格安SIMであるのかについて、解説していきたいと思います。契約を検討している方も、まだエキサイトモバイルについて詳しく知らない方も、ぜひご覧ください。

エキサイトモバイルは、docomo回線の格安SIM

top_cnt_03

エキサイトモバイルは、docomo回線の格安SIMです。docomo回線の場合、多くのSIMフリー端末やdocomoの端末で利用することができますので、端末の種類が豊富になるのがメリットですね。

ちなみに、以前提供されていた「B.B.exciteモバイルLTE」も同様に、docomo回線の格安SIMでした。

多くの格安SIMは端末をセット販売していますが、エキサイトモバイルの場合は今のところ、とくに端末とのセット販売は行われていません。

エキサイトモバイルを契約する際は、対応する端末を用意しておく必要があります。docomo以外から乗り換える場合は、docomo回線が利用できる端末を購入しておきましょう。

エキサイトモバイルは、従量課金制のプランが用意されている

エキサイトモバイルには通常のプランもありますが、メインは「最適料金プラン」という従量課金制のプランです。

excite1top

これは使った分だけ、その通信量に対応した月額料金を支払うというもの。無駄なく通信が行えるので、ほとんど通信をしない人にもたくさん通信をする人にも便利です。

エキサイトモバイルを選ぶメリットは、この最適料金プランがあることでしょう。

自宅でMNP手続きをすることができる

エキサイトモバイルでは、自宅でMNP手続きをすることができるのも特徴です。

これは他社でも行われているサービスです。自宅にSIMカードが届いたら、簡単な手続きをセルフサービスとして自分で行うことで、すぐに音声通話SIMの利用を開始できます。

今までのMNPは、契約手続きを行ってからしばらくあとに、新しいSIMカードが届くまでの数日間は通話ができなくなるデメリットがありました。しかし、自宅でMNP手続きができることで、この不通期間がなくなります。

excite002top

重要な電話が来ることがあるなど、不通期間が発生すると困る方は、エキサイトモバイルの契約がおすすめですね。

シェアSIMに特化している

例えばIIJmioでは、シェアSIMは10GBのファミリーシェアプランを除いて1枚しか追加できません。しかし、エキサイトモバイルでは最大5枚までSIMカードを追加することができます。

>>IIJmioのプラン詳細

excite003

全て音声通話SIMにすることもできますので、5人家族までならば、エキサイトモバイルのシェアSIMを活用することで、月額料金をかなり抑えられます。

契約にはクレジットカードが必須となる

エキサイトモバイルは、口座振替などでの契約はできません。つまり、クレジットカードが必須となります。

クレジットカードが必須なので、未成年の方は大学生でなければ契約することができないことに注意しましょう。

様々なサービスを契約可能

エキサイトモバイルでは、ウイルスバスターやスマートチェッカー、iフィルター、トビラフォン、タブホ、AOS Cloud、スマート留守電といったサービスを契約することができます。

これら全てを契約すると月額料金が跳ね上がってしまいますので、必要なものを契約しましょう。

Android端末の場合、ウイルス対策が必要になりますので、ウイルスバスターを契約しておくとなにかと便利ですね。

容量のチャージ料金は、比較的安い

エキサイトモバイルにおいて容量を使い切ってしまった場合は、他社と同様に追加料金を支払うことで、容量を増やすことができます。

他社の場合は繰り越しが可能な代わりに小容量でも数百円程度かかってしまうことが多い追加容量チャージですが、エキサイトモバイルの場合は580円で、1GBチャージすることができます。

代わりに、その月の月末までしかチャージした容量を使うことができません。

エキサイトモバイルには楽天モバイルのような高速通信の通信量制限はありませんので、容量が余ったら月末にまとめて動画を見るなどして、使い切ってしまいましょう。

エキサイトモバイルの概要・特徴▼まとめ

エキサイトモバイルは、exciteの格安SIMです。最適料金プランの存在が最も重要なポイントで、通信量が安定しない人にはとくにおすすめですね。

最適料金プランを除けば普通の格安SIMといった様子で、あまり独自性は見受けられません。クセのない格安SIMですので、多くの方が快適かつ普通に利用できるのではないでしょうか。

契約を検討している方は、ぜひエキサイトモバイルを実際に契約することをおすすめします。きっと、キャリアからの乗り換えならば、月額料金がかなり安く抑えられますよ。

エキサイトモバイルのポイントまとめ

  • 回線はdocomoと同じ回線!
  • スマホ端末は完全別売りです
  • 使った分だけ!従量課金制の『最適料金プラン』が人気
  • 最大5枚までSIMカードを追加できます!
  • データSIMは500円~、音声SIMは1200円~

エキサイトモバイル公式へ

エキサイトモバイルのプラン紹介!価格や、最低維持費についても解説

エキサイトモバイルは、格安SIMの中でも独特なプランが展開されている格安SIMです。

この記事では、プランの価格や、エキサイトモバイルの最低維持費について紹介していきたいと思います。

エキサイトモバイルへの乗り換え、新規契約を検討している方は、ぜひご覧ください。

エキサイトモバイルには、2つのプランがある

エキサイトモバイルには、最適プラン定額プランという2種類のプランが存在します。

最適プランは、通信量によって利用料金が変動していくというものです。昔のインターネットやガラケーの通信量は、このような従量課金制の設定のものが主流でしたよね。

エキサイトモバイルの最適プランは、使った分だけ支払うシステムなので、無駄がありません。

ただし料金の変動は規則性があまりなく、今の利用量だとどのくらいの金額かは、やや覚えづらいのが難点です。

●エキサイトモバイルの従量課金制のプラン一覧
最適プラン(データ)
通信量 1枚コース 3枚コース
低速のみ 500円
~100MB 1050円
~500MB 630円 1100円
~1GB 660円 1180円
~2GB 770円 1340円
~3GB 880円 1550円
~4GB 1150円 1780円
~5GB 1450円 1890円
~6GB 1600円 1950円
~7GB 1900円 2100円
~8GB 2120円 2190円
~9GB 2200円 2380円
~10GB 2380円 2540円
~11GB 2830円
~12GB 3100円
~13GB 3450円
~14GB 3790円
~15GB 3980円

ちなみに料金設定は他の格安SIMと比べてもとくに高いということはありません。例えば格安SIMの大手であるIIJmioは3GBで900円ですが、エキサイトモバイルは2GB~3GBの間は880円。若干安いですね。

定額プランは、1GBの場合670円と、最適プランより10円高くなります。2GBは最適プランと同じ770円で、3GBは900円と最適プランより20円上がっています。

●エキサイトモバイルの定額プラン一覧
定額プラン(データ)
通信量 1枚コース 3枚コース
1GB 670円 1260円
2GB 770円 1450円
3GB 900円 1680円
9GB 2250円 2460円
20GB 4750円 5180円
30GB 6980円 7480円
40GB 9980円 10280円
50GB 13800円 14180円

定額プランの小容量のものは、わざわざエキサイトモバイルで契約するメリットは薄いかもしれません。

ただし、大容量の場合は最適プランよりも大容量です。

最適プランでは最大でも15GBまでですが、定額プランなら20GB、30GB、40GB、50GBが選べます。

しかしこれらの大容量プランは、WiMAXやポケットWi-Fiと比べて割高ですので、人を選びます。

エキサイトモバイルの最低維持費は、500円

エキサイトモバイルの最低維持費は、最適プランを使用した際の500円です。これはデータSIMにおける、低速のみを利用したときの月額料金となっています。

低速のみですので、速度は200kbps程度に絞られます。そしてわずかでも高速通信を行うと、500MBまでの利用料金である630円が請求されてしまいます。

もしも契約した直後に低速モードへ切り替え、始めから500円の維持費で使用したい場合は、マイページから低速への切り替えを行ったあとにスマホに入れて利用を開始しましょう。

高速通信を使用する場合の最低維持費は、最適プランなら500MBまでの630円です。これはデータSIMで、音声SIMなら+700円の1330円となります。

定額プランの場合、1GBプランの670円。音声通話SIMなら1370円です。

エキサイトモバイルでは、3枚コースが選べる

エキサイトモバイルでは、SIMカードを最大5枚まで利用できます。

コースとしては1枚コースと3枚コースがあり、3枚コースには2枚まで、さらに追加できるシステムです。

1枚コースでは10GBまでしか通信できませんが、3枚コースなら最大15GB。大容量の通信を行う人には、3枚コースがおすすめとなりますね。

ちなみに最適プラン、定額プランのどちらでも、3枚コースが選べます。

1枚コースと3枚コースの料金の幅は、最適プランと定額プランのようにかなりばらつきがあります。

通信量ごとに数十円から数百円の開きがありますので、注意しましょう。

最適プランと定額プラン、どちらがおすすめ?

エキサイトモバイルを契約するのであれば、基本的には最適プランがおすすめです。

他社にはあまり見られないプランですし、定額プランよりも概ね割安な料金設定なので、自分でスマホにおいて通信量制限を設定するなどすれば、最適プランでも定額プランと同じ使い方ができます。

ポケットWi-Fiなどは契約したくないけれど、大容量通信がしたい場合は、定額プランがおすすめです。

ただし、40GBや50GBはかなり料金が高くなりますので、あまりおすすめできません。20GBであればポケットWi-Fiなどを別に契約するより割安、30GBでは同程度ですので、これよりもたくさん通信したい場合はポケットWi-Fiなどを別に契約し、エキサイトモバイルは1~3GBプランを選ぶと良いでしょう。

3枚コースを選ぶメリットは?

エキサイトモバイルの3枚コースを選べば、例えばスマホ、タブレット、そして何かもう1台(2台目のスマホやモバイルルーター、パソコンなど)で、通信を単独で利用可能になります。

3枚なので、スマホとタブレットしかない場合に1枚余ってしまうのはやや無駄がありますが、これはやむを得ません。何かのために取っておきましょう。

3枚コースは個別に複数枚契約するよりも料金が安価に抑えられます。

特にタブレットは自宅で運用することが多く、外ではあまり使わない場合、SIMカードを入れておくにしても、1GBですら余ってしまうことがあるかもしれませんよね。最適プランのSIMカードのシェアSIMを入れておけば、無駄なく通信できて便利です。

エキサイトモバイルのプランと料金▼まとめ

エキサイトモバイルの価格設定は一貫して標準~やや安価ですが、通信量が上がるごとに不規則に変動します。

最低維持費は低速通信のみを使用した場合の500円です。しかし、マイページから事前に速度を切り替えておかなければ630円が請求されてしまいますので、注意しましょう。

3枚コースもエキサイトモバイルの魅力ですが、やはり料金設定がかなり不規則となっていますので、注意しましょう。

エキサイトモバイル公式へ

安定度や評判は?エキサイトモバイルの通信速度の実測について解説

格安SIMを契約するときに注意するべきポイントは、価格や回線の他に、通信速度も挙げられますよね。

通信速度はできるだけ速いほうが、快適に使える時間が長くなり、便利です。

また、回線の安定度も大事ですよね。格安SIMはキャリアと違い、混雑する時間帯があります。その時間帯に速度がどのくらい普段と変わらないかも、重要なポイントです。

この記事では、エキサイトモバイルの通信速度の評判を解説していきたいと思います。実測でどのくらい出るのか気になっている方は、ぜひご覧ください。

エキサイトモバイルの速度は、平常時はやや速め

エキサイトモバイルは、2016年の夏にスタートした新しい格安SIMであることもあり、比較的平常時の速度が速いのが特徴です。

午前中やお昼過ぎ、深夜はかなりのスピードが出ます。これはかなりのメリットですね。
朝の通勤時間帯は5~8Mbps程度で他社と同じくらいですが、9時から12時頃までの、あまり混雑していない時間帯は、10Mbpsどころか20~30Mbps程度の高速通信を行うことも可能です。

お昼過ぎも20Mbps前後をスピードテストでたたき出すことがありますし、深夜も同様です。

ただし、これはあくまでまだ始まって日が浅いのが理由と考えられます。今後ユーザー数が増えて行くにつれて、どんどん遅くなっていくことは十分あり得ますので、今速度が速いからと言って安易に契約してしまうのは、危険です。

ただし、エキサイトモバイルはネットからしか契約ができない格安SIM。そのため、他社と比べるとユーザーの増え方は比較的緩やかであるとも考えられます。

今のうちに速度の速い状態を楽しんでおくのもいいかもしれませんね。

混雑時の速度は他社よりやや遅め

エキサイトモバイルでも、他社と同様に混雑する時間帯があります。

主に12~14時と17~22時頃で、時間帯も概ね他社と同じくらいかやや夜が長めと言ったところでしょう。

速度はお昼だと下り0.3~0.6Mbpsくらいになり、とても快適に利用することはできません。

SNS程度であればある程度利用可能ですが、調べ物をしたり、動画を見たりする場合は、かなり厳しいと考えた方が良いでしょう。

夜は大体1~2Mbpsくらいで安定しています。こちらもかなり厳しいですが、簡単な調べ物くらいであれば、なんとか行けるのではないでしょうか。

お昼時は、学生や社会人の方にとってスマホを利用する頻度が高い時間帯。しかしエキサイトモバイルでは、特にお昼時の通信が厳しいので、利用していてストレスを感じることがあるかもしれません。

低速回線は常時200kbps前後

マイページを通して低速回線に切り替えると、エキサイトモバイルでは200kbpsの通信を行うことができます。

こちらを利用しての通信では、高速通信の通信量が減りません。しかし、366MB以上通信を行うと、低速回線の速度制限が行われる場合があります。

そのため、低速に切り替えても無制限というわけではないことに注意しましょう。

低速回線でも十分利用可能なサービスは、Twitterや掲示板、LINEなどの文字主体のサービスです。

文字データが中心ならば通信量があまりかかりませんので、低速でも読み込みがすぐに行われますし、さらに366MBの制限に達することもまずないでしょう。

マイページからしか切り替えられないのはやや不便ですが、積極的に活用していくことで、最適料金プラン、定額プランともに通信量を削減することができますよ。

最適料金プランなら使用料が安く抑えられますし、定額プランなら翌月に繰り越せる通信量が増えますね。

高速を求める場合、選択肢には入らないこともないが…

エキサイトモバイルでは、高速で通信ができる時間帯も長めになっています。

しかし、低速になる時間帯がはっきりと存在しているため、常時快適にはなりません。

長い時間快適に通信を行いたい場合は、やはりY!mobileUQ mobileといったキャリア寄りの格安SIMや、あるいはdocomoやauなどキャリアそのものを選んだ方が良いでしょう。

安定度や評判は?エキサイトモバイルの通信速度の実測について▼まとめ

エキサイトモバイルは、現時点では高速時の速度がかなり速めの格安SIMです。そのため、混雑時以外はかなり快適に利用できます。

しかし、これから速度が下がっていってしまう可能性は十分にあります。そのため、速度を重視している方は、エキサイトモバイルを契約する場合にも、これから下がっていくことを覚悟した上で行うことをおすすめします。

エキサイトモバイルの音声通話SIMは13ヶ月縛りがありますので、最低1年間+1ヶ月契約するのが基本です。

格安SIMは一年もあれば速度やサービスが大幅に変化することもよくありますので、気をつけましょう。

違約金は9500円です。もしも今後、混雑していない時間帯の速度が遅くなった場合は、乗り換えるにしても1万円近くかかってしまいます。

エキサイトモバイル公式へ

デメリットや解約方法は?エキサイトモバイルご利用の注意点

エキサイトモバイルには契約するメリットもありますが、デメリットも多数存在しています。

エキサイトモバイルを契約する際は、デメリットについてもしっかりと理解しておきましょう。もしもあとから気づいても、後の祭りです。

また、解約方法も事前に知っておけば安心です。この記事では、エキサイトモバイルのデメリットと解約方法について、詳しく解説していきたいと思います。

それでは、さっそくデメリットからチェックしていきましょう。

エキサイトモバイルは、13ヶ月縛り!違約金も高め

エキサイトモバイルの音声通話SIMは、最低利用期間が13ヶ月です。キャリアは通常2年縛りですが、格安SIMは最低利用期間が無いものや、半年程度であるものが多数存在しているため、13ヶ月という長さは、やや長すぎると考えられるのではないでしょうか。

なぜ13ヶ月かというと、エキサイトモバイルは12ヶ月縛りのカウントを契約の翌月からスタートさせるためです。

そして13ヶ月以内に解約すると、9500円の違約金がかかります。この違約金もかなり高めです。

格安SIMの違約金は、安いものであれば8000円程度。エキサイトモバイルの違約金の料金設定は、やや高いと言わざるを得ません。

9500円ですと、毎月3GB程度使ったとして6ヶ月分に及びます。契約してすぐに解約するのでなければ、最低利用期間を過ぎるまで契約し続けた方がお得になってしまいますね。

エキサイトモバイルを契約する際は、1年以上契約することを前提に考えましょう。

なお、データSIMやSMSSIMであればこの制限はありませんので、ご安心ください。

エキサイトモバイルは、音声通話のかけ放題オプションなどがない

エキサイトモバイルには、留守電や転送電話など、音声通話関連のオプションが多数存在します。しかしそれにも関わらず、かけ放題や通話定額のオプションが全くありません。

つまり、通話量は30秒20円で固定ということです。

大手の格安SIMには少なくとも30秒10円で通話できる専用アプリが用意されているか、1~5分かけ放題オプション、30分~60分の通話定額オプションといったものが提供されています。

しかし、エキサイトモバイルにはこのようなオプションが一切ありません。これは残念なポイントですね。

キャリアのようなかけ放題がない格安SIMの音声通話は、使えば使うほど支払う料金が高くなるサービス。音声電話を便利にするオプションがあるのに安くするオプションがないのは、残念であるといわざるを得ませんね。

エキサイトモバイルには通信速度切り替えアプリがない

エキサイトモバイルの弱点に、アプリがないことが挙げられます。

IIJmiomineoOCNモバイルONEなど、多くの格安SIMはアプリを提供しています。

長らくアプリを提供していなかったFREETEL SIMも、今はアプリを提供しています。しかし、エキサイトモバイルはまだアプリを提供しておらず、今後の予定も今のところはありません。

アプリがないことによる最大の不都合は、低速回線と高速回線の切り替えが手間ということです。

高速から低速への切り替えは問題ありませんが、低速回線から高速回線に切り替える場合、マイページを開くのに時間がかかるので、なかなか切り替えを行うことができませんよね。

アプリがあれば通信速度が関係ないため、切り替えをスムーズに行える場合がほとんど。アプリがないのは残念なポイントです。

SIM関連の手数料は、高め

エキサイトモバイルの手数料は、他社と比べて特別設定がおかしいわけではないのですが、高く設定されています。

新規契約手数料 3000円
SIM追加手数料 3000円
MNP転出手数料 3000円
SIM再発行 3000円
SIMサイズ変更 3000円
SIM交換 3000円

新規契約手数料の3000円は普通ですが、3枚コースでSIMカードを1枚追加するごとに3000円、1枚コースから3枚コースへの切り替えで3000円かかるのはちょっと高いですよね。

また、SIMカードの交換・再発行にも1枚ごとに、3000円がかかります。

一度解約してから入り直すのと変わりませんので、この点はせめて2000円程度に下げてもらえれば、ユーザーとしては嬉しいですよね。

支払い方法が、クレジットカードのみに限られる

こちらもエキサイトモバイルが特別問題ではないのですが、クレジットカードでしか支払いを行うことができません。

OCNモバイルONEは口座振替で契約できますし、他社もクレジットカード以外の支払いが可能な場合がありますので、この点が改善されれば、エキサイトモバイルは今よりも魅力的になるのではないでしょうか。

解約は、マイページから行える 

エキサイトモバイルの解約は、マイページから行うことができます。

この点はとても親切ですね。楽天モバイルなどは電話でしか解約することができませんし、他の格安SIMもやたらに手順が複雑な場合があります。

そもそも解約方法を知ることも困難な場合がありますが、エキサイトモバイルは公式サイトのQ&Aの解約の仕方の項目から、すぐに解約方法を確認できます。

Q&Aの該当項目からエキサイトモバイルにログインし、すぐに解約をすることができますよ。

ただし、最低利用期間には注意しましょう。

デメリットや解約方法は?エキサイトモバイルご利用の注意点▼まとめ

エキサイトモバイルの注意点は、最低利用期間の長さやアプリが無いこと、そして手数料の高さです。

それ以外に致命的な問題はありませんが、とくにアプリがないことは日常での利用において困りますし、今後速度面などで不都合が出た場合は、最低利用期間の長さがネックになるかもしれません。

これらのデメリットについて理解したうえで、契約を行いましょう。

エキサイトモバイル公式へ

従量課金プランが選べるエキサイトモバイルは、こんな人におすすめ

格安SIMの中でも新しい、エキサイトモバイルエキサイトモバイルのプランは特殊であるため、自分が本当に契約に向いているのかがわからない方もいるかもしれませんね。

最後に、エキサイトモバイルを契約するのにおすすめな人はどのような人かを解説していきたいと思います。

本当に契約して大丈夫かどうか気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

エキサイトモバイルは、通信量が一定ではない人におすすめ

OCNモバイルONEは、1日ごとの通信量が決まっているプランをイチオシしています。

一方、エキサイトモバイルは、最適料金プランという毎月の通信量の合計によって月額料金が変動するプランを用意していて、まったく反対です。

エキサイトモバイルの契約に向いているのは、毎日の通信量が一定ではないユーザーです。

例えば平日はほとんど使わないけれど休日に一気に1GBくらい使うような人は、通常の3GBや5GBのプランだと通信量を使い切ってしまうかもしれません。

しかし、エキサイトモバイルならば10GBまでは速度制限がかからないので、安心です。SIMカードの3枚コースを契約していれば15GBまで使えますので、さらに安心ですね。

この他にも、2~3ヶ月に一回程度旅行や出張で遠出し、その月だけは通信量が普段の倍になるなどといった場合も、エキサイトモバイルならわざわざ翌月のプラン変更をしなくて良いので、安心です。

通信量を安価にチャージしたい人にも、エキサイトモバイルがおすすめ

エキサイトモバイルは、通信量を安価にチャージしたい方にもおすすめです。

他社を例に挙げると、楽天モバイルの場合、300円で100MBチャージすることができ、その有効期限は3ヶ月になっています。

エキサイトモバイルはチャージした月にしか追加分を使うことができませんが、代わりに580円で1GBもの通信量をチャージすることができます。

楽天モバイルと比較すると、およそ2倍の価格にはなるものの通信量が10倍使えますので、月の半ばに通信量を使い切ってしまっても安心ですね。

最適料金プランの場合は10GB~15GB使い切らなければ通信量をチャージすることがありませんが、定額プランならばチャージが必要になることもあるでしょう。

スマホのヘビーユーザーならば、追加チャージ料が安いエキサイトモバイルはなかなかにおすすめできる候補です。

シェアSIMを使う人や、家族での乗り換えにおすすめ

エキサイトモバイルは、実はシェアSIMが充実している格安SIMです。

例えばIIJmioでは、3GBや6GBプランでは1枚しかSIMカードを追加できません。しかし、エキサイトモバイルならば5枚まで、最適料金プランでも定額プランでも利用することができます。

ただし、シェアSIMで複数の端末を使って通信する場合、ある程度の通信料はかかってくることが考えられますので、必ずしも安くシェアSIMが使えるわけではありません。

また、5枚以上のSIMカードは、どの通信量でも使用できません。IIJmioならば、10GBプランならば10枚までシェアSIMを追加できますので、ここは弱点ですね。

5人までの家族なら、全員でエキサイトモバイルに乗り換えれば、かなり月額料金を抑えられます。

また、1人であってもタブレットなどでSIMカードを使うのであれば、十分メリットがありますね。

ちなみに最適料金プランで7GB~10GB使用した場合、1枚コースとの価格差がかなり狭いため、3枚コースを契約しているとお得です。

通話をよく利用する人にもおすすめ

エキサイトモバイルには、通話量の定額プランや、かけ放題などがありません。それなのになぜ通話を利用する人におすすめであるかというと、通話に関するオプションサービが充実しているからです。

例えば、留守番電話をSIMカード1枚ごとに月額350円で利用できます。また、割り込み着信も同様に、1枚250円で利用可能です。

この他にも転送電話、国際電話、迷惑電話ストップサービスなどに対応していますので、通話をよく使う人にはなかなか便利です。

さらに、スマート留守電にも対応しています。

これは留守番電話の音声を自動で文字に変換できたり、留守番電話音声自体を聴きたいところから再生できたりする新しいサービスです。

月額290円で使用できます。普通の留守電よりも安く、高機能ですので、留守番電話を使いたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。

エキサイトモバイルは、こんな人におすすめ!▼まとめ

エキサイトモバイルは、なんと言っても最適料金プランがその最大の特徴。そのため、基本的にはこのプランを活かすことのできる人におすすめの格安SIMとなっています。

ただしチャージ料金が安いため、定額プランであっても通信量を良くオーバーする人には、お得に利用することができますね。

もう一つのポイントは、シェアSIMの充実でしょう。5人家族、あるいはお持ちの端末5台までなら、エキサイトモバイルで安く通信を行うことができて便利です。

exitemobiletop

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量
excitelogo
exciteモバイル
500円~ 1200円~ 無制限(低速)
12段階で細かく分けられた段階制プラン
「最適料金プラン」と「定額プラン」の2種類
高速通信ON・OFF機能にアプリがあれば…

エキサイトモバイルのポイントまとめ

  • 回線はdocomoと同じ回線!
  • スマホ端末は完全別売りです
  • 使った分だけ!従量課金制の『最適料金プラン』が人気
  • 最大5枚までSIMカードを追加できます!
  • データSIMは500円~、音声SIMは1200円~

エキサイトモバイル公式へ

>>トップページ総合比較表へ

-SIMカード詳細一覧