SIMカード詳細一覧

格安SIMのQT mobileの詳細を徹底調査!



sim探偵
九州に生まれたMVNO、QT mobileを今日は紹介するぞ。

しむ子
コマーシャルで見たことある!九州発なんだね!

目次

九州生まれの格安スマホサービス

QT mobileはBBIQスマホという九州通信ネットワークが提供する格安スマホサービスの名称を一新して、2017年3月1日からスタートしたサービスです。

九州通信ネットワークは、九州電力グループの一員です。
BBIQとは、九州通信ネットワークの展開する光インターネットサービスのことです。

光回線料・プロバイダー料金・セキュリティソフト・接続設定などのインターネット接続するにあたって必要な料金はすべて一体になっているのが特徴です。
九州在住のスタッフがインターネット開設の段階から利用時の困りごとまで、細かなサポートをしてくれると評判です。

BBIQスマホと呼ばれていた時代は、九州地方ではある程度なのと負ったサービスでした。

しかしローカルのMVNOということで、全国的な知名度という部分では若干劣るところがありました。
しかしQT mobileとして今回サービスを一新するにあたって、テレビコマーシャルも積極的に売っていますので全国的な利用者の獲得も高く期待されています。

QT mobileの5つの特徴を紹介

QT mobileのサービス内容ですが、いくつか特色があります。以下では主な特徴として、5つのポイントに絞って解説していきます。

データ容量の繰り越しが可能

ほかの格安スマホ同様、データ容量別にいくつかプランが用意されています。
しかし時にはあまりスマホを利用せず、データ容量を余らせてしまうこともあるでしょう。

そのようなときにQT mobileは、翌月に余ったデータ容量を繰り越すことが可能です。

例えば5GBのプランで契約をして、ある月4GBしか使わなかったとします。この場合次の月は6GBまで使用することが可能です。

このように繰り越しはできますが、ほかの格安スマホでしばしば見られる、余ったデータ容量を家族や友達などにプレゼントするパケットギフトや余ったデータ量を特定のグループでシェアできるパケットシェアのようなサービスはありません。

しむ子
余ったデータ容量はあくまで自分で使い切るというスタイルになりますので、あらかじめ理解しておいた方が良いということね。

アプリを使って速度切り替えができる

スマホの場合、高速通信と低速通信があります。
高速通信は月間3GBとか5GBと決まっていて、この上限を超えてしまうと速度制限がかかってしまいます。

しかし高速通信は、例えば動画を見るとかオンラインゲームを楽しむなど、絶対に必要な用途には限りがあります。メールの送受信やSNSの利用、普通のホームページを閲覧するのであれば、高速通信である必要がないです。
QT mobileでは、通信速度をアプリから高速・低速の切り替えができるようになっています。高速通信の必要のない用途では低速通信に切り替えることで、無駄にデータ容量を消費する必要がなくなります。

MVNOの中にはこのような速度の切り替えのできるものもあります。しかし切り替えできない格安SIMが多いので、効率的にデータ通信したければおすすめのサービスといえます。

かけ放題プランが新たに登場

格安スマホを利用する人の中には、音声通話も利用したいと考えている方もいるでしょう。
QT mobileでは2017年4月1日からかけ放題プランを新たに導入しています。毎回5分間までであれば、通話料が無料になります。
ただし月額料金として、850円かかります。

もし5分を超えて通話をしたら、30秒当たり15円通話料が加算されます。

現在の格安スマホの通話料を見てみると、30秒10円もしくは20円というプランが主体です。そう考えるとちょうど中間の料金設定といえます。

かけ放題サービスを利用するためには、QT mobile専用アプリをダウンロードする必要があります。
アプリをダウンロードしない場合には、音声通話の発信時に通話番号の先頭に0037-692をつけなければならないので、頭に入れておきましょう。

スマホ端末も同時に購入できる

格安スマホサービスを利用したいけれども、SIMフリーのスマホ端末が手元にないという人もいるでしょう。

QT mobileでは、SIMカードと端末をセットで購入するプランも用意しています。
QT mobileはマルチキャリアMVNOなので、タイプが2系統用意されています。どのタイプを選択するかによって、対応する端末が異なります。プランにマッチする端末の中から気に入ったものを選びましょう。

ちなみに大手キャリアの端末を利用したければ、利用することももちろん可能です。しかしどのキャリアの端末かによって、利用できるプランが変わってくることも考えられます。
自分の端末だとどのプランがいいのか、気になるのなら前もってサポートセンターに問い合わせておくといいでしょう。

BBIQユーザーにはお勧め

九州在住の方で、インターネット回線をBBIQのものにしている人はいませんか?
もしそうであれば、格安スマホはQT mobileを選択するといいでしょう。
BBIQとQT mobileで契約した場合、インターネットのプロバイダー料金と携帯電話の料金を一本化できるからです。

別々に請求書が来ると、管理も大変です。
また、うっかりどちらか一方の支払いを忘れることもあるので、一本化できるのは管理の面で楽になります。

sim探偵
ただしセットにすることで割引料金などにはならないようなので、こちらもあらかじめ理解しておくと良いぞ。

ドコモ系とau系とでは異なる・QT mobileのプランを紹介

mineoと一緒で2系統のプラン

QT mobileの料金プランを理解するにあたって、マルチキャリアのMVNOであることをまず頭に入れておきましょう。
マルチキャリアとは、異なる回線のSIMカードが用意されていることを意味します。

QT mobileではドコモ系SIMとau系SIMの2種類を用意しています。
このようなシステムを取っているマルチキャリアMVNOはほかにもあって、mineoがそれです。mineoはコマーシャルでも広く宣伝しているので効いたことがあるという人も多いでしょう。

ドコモ系SIMを利用するならDタイプ・au系であればAタイプになります。またほかのMVNO同様、データのみと音声通話付きの2種類のSIMカードがそれぞれ用意されています。

Dタイプの料金プランを紹介

まずデータ通信のみのSIMカードの場合、1GB800円・3GB900円・5GB1520円・10GB2560円となります。
しかし最初の1年間は特別料金が適用されます。1GB600円・3GB700円・5GB1300円・10GB2300円とお得な価格で利用できます。

容量 データSIM データSIM(最初の1年間)
1GB 800円 600円
3GB 900円 700円
5GB 1520円 1300円
10GB 2560円 2300円

音声通話付きのSIMカードの場合、1GB1450円・3GB1550円・5GB2200円・10GB3260円となります。
こちらも1年間は1GB890円・3GB990円・5GB1590円・10GB2690円とお得な価格でサービス利用できます。

容量 音声通話付きSIM 音声通話付きSIM(最初の1年間)
1GB 1450円 890円
3GB 1550円 990円
5GB 2200円 1590円
10GB 3260円 2690円

すでにQT mobileを利用している人の中には1GBに違和感を抱くかもしれません。

今まで用意されていなかったプランですが、2017年4月1日から利用可能になりました。

ほかの格安SIMのプランを見てみると、SMS付きデータ通信プランがあります。
QT mobileでは上で紹介したように一見するとSMSプランは用意されていません。
しかしデータコースに月額140円をプラスすると、SMS機能を追加することも可能です。

Aタイプの料金プランを紹介

au系のSIMカードを希望する場合には、Aタイプの料金プランの中から選択します。

データのみの場合、1GB800円・3GB900円・5GB1520円・10GB2560円となります。Dタイプと同様、最初の1年間は割引価格でサービス利用できます。
初回1年間は1GB600円・3GB700円・5GB1300円・10GB2300円となります。

音声通話付きのSIMを希望する場合、1GB1450円・3GB1550円・5GB2200円・10GB3260円というラインナップとなっています。
こちらも同じく最初の1年間に限り、1GB890円・3GB990円・5GB1590円・10GB2690円になります。

sim探偵
Dタイプと全く一緒というわけじゃな。

プランとそれぞれの料金に関して、Dタイプと全く一緒ですが若干両者には異なるポイントがあります。

まず、すでにAタイプで契約している人は、1GBと10GBのコースがなかったと記憶しているでしょう。この2つのプランは2017年4月1日から利用可能になりました。

またDタイプの場合、SMS機能を追加するのであれば月額140円をプラン料金とは別途で負担しなければなりません。
しかしAタイプの場合、データ専用SIMを選択した段階で自動的にSMS機能が加わります。つまり別途で月額を負担する必要はないです。

SMS機能は、LINEやTwitter、Facebookに新規登録ができなくなります。

sim探偵笑顔
SMSを使いたいと思っていて、ドコモでもauでも特別こだわりを持っていなければAタイプで契約するのがおすすめじゃな。

ちなみにどのタイプであっても、音声通話付きのSIMを選択する場合には自動的にSMS機能が含まれていますのであまり気にする必要はないです。

そのほかの料金について

QT mobileを利用する場合、そのほかにも諸費用のかかることもあります。
例えば当初契約していたデータ容量を超えそうな場合、緊急避難的にデータ容量を追加することも可能です。

100MB単位で追加することが可能で、Dタイプ200円・Aタイプ150円かかります。
通話料金については、アプリを使用している場合30秒15円・アプリを使用しない場合30秒20円となります。これはいずれのタイプでも同じです。

SMSの送信料は受診する場合無料です。ただし送信する場合には、1通当たり3円からとなります。
最終的な料金は、送信文字数によって変わってきます。また初回契約の時には、これらの料金とは別に契約事務手数料として3000円がいずれのタイプでも必要になります。

オプションサービスの料金

このほかに希望すれば任意でオプションサービスをつけることも可能です。まず国内通話が常に5分以内であれば無料になる5分かけ放題があります。
こちらは月額850円負担することで、つけることが可能です。

スマホ安心サポートと子供の位置情報がわかり、アプリや利用できる時間帯を設定できるスマホファミリーサポートはそれぞれ月額300円かかります。
さらに月額500円で、端末保証サービスをつけることも可能です。月額300円で留守番電話サービスが利用できるようになります。

オプションサービスの中には、AタイプとDタイプによって内容が異なります。Dタイプの場合割り込み電話着信を月額200円でつけられます。
Aタイプの場合、三者通話月額200円・迷惑電話撃退サービス月額100円のオプションサービスが用意されています。
ただしこの三者通話を希望する場合、arrowsM02の端末の場合利用できませんので注意しましょう。

MVNOで気になる通信速度・QT mobileはどのような感じなの?

通信速度は重要なポイント

格安スマホを利用するにあたって、通信速度はネットを頻繁に行う人にとって必要な項目といえます。
十分な通信速度が確保されていないと、なかなかサイトが立ち上がらない、動画がカクカク不自然な動きになるなどストレスを感じるでしょう。

必要な通信速度は、普段どのようなサイトを訪れるかによって変わってきます。
LINEやメールなどが中心であれば、少なくても0.1Mbpsは必要と思いましょう。0.2Mbps以上の通信速度があれば、問題なく利用できるはずです。

これがネットサーフィンをするとなると、少なくても0.2Mbpsは必要です。1Mbpsもあればどのサイトでもストレスなく閲覧できるはずです。
もっとも通信速度にこだわってほしいのは、動画を視聴することの多い人です。動画であれば、低画質のものでも0.5Mbpsは少なく見積っても必要でしょう。1Mbps以上あると普通に動画を視聴できるはずです。

これが高画質のものにこだわるとさらに速度が必要になり、少なくても2Mbps程度・普通に見られるようにするには3Mbps以上の速度はほしいところです。
ではQT mobileの通信速度はどうでしょうか?上で紹介した用途別に必要な通信速度を頭に入れてチェックしましょう。

QT mobileのホームページに記載されている通信速度

ではまず、QT mobileの公式ホームページで紹介されている通信速度についてみていきます。
まずドコモ系のSIMであるDタイプの場合、LTEエリアで通信すると高速通信で下り150Mbps・上り50Mbpsです。それ以外のところで通信する場合、下り14Mbps・上り5.7Mbpsとなります。

ちなみに低速通信を選択すれば、エリアに関係なく200Kbpsです。
auのSIMカードを利用するAタイプの場合、au 4G LTEのネットワークを利用した場合、下り225Mbps・上り25Mbpsという通信速度になります。
ちなみにこれはあくまでも、最高の場合です。通信環境や時間帯によっては、これよりも通信速度の落ちる可能性はあります。

Dタイプの最高通信速度が150Mbpsというのは、ほかのMVNOと比較すると若干遅いという印象があります。

しかし上で紹介したタイプ別の必要な通信速度は十分クリアできているのは一目瞭然でしょう。

しむ子
普通に利用するのなら、それほど通信速度の遅さを実感することはないはずね。

実際のユーザーはどのように感じている?

あくまでも上で紹介したのは、最高の環境にいた場合の通信速度です。
実際には上で紹介した速度はあまり期待できないかもしれません。ネット上にはQT mobileのユーザーによる通信速度のレビューについて掲載しているサイトもあります。こちらをもとにして、通信速度の評価について検証します。

ネットを閲覧する場合、普通のサイトであれば、問題なく閲覧できるといいます。ただし画像の多いサイトの場合、それだけ容量も大きくなるので若干つながりが悪いかなという印象があるようです。

しかし、ストレスを感じるほどの遅さではないといいます。時間帯で比較すると、昼間よりも夜間に利用するとワンテンポ遅くなるので、人によってはストレスを感じるかもしれません。
音声通話をする場合の速度ですが、主要キャリアと比較すると若干遅いかなという評価が聞かれます。

主要キャリアの場合、発信するとすぐに呼び出し音が鳴るはずです。ところがQT mobileの場合、呼び出し音が鳴るまでに2~3秒程度のラグが発生するといいます。ですから「あれっ」と人によっては感じるかもしれません。

通話に関しては、別に問題はないようです。途中で途切れる、聞こえにくくなるという話はなくストレスを感じることなく通話できるという意見が多いです。

速度制限に注意が必要

スマホを利用する際に注意しなければならないのは速度制限です。
速度制限がかかってしまうと、普通のホームページを閲覧するのにもかなりの時間がかかってしまいます。

速度制限はまず、月間契約しているデータ通信容量をオーバーすると適用されてしまいます。
そのほかにもQT mobileの場合、一定期間で一定量のデータ容量を消費してしまうと速度制限がかかることもあるので注意しましょう。

Dタイプの場合、通信容量を使い切った状態もしくは高速通信をオフにして低速通信を利用している状態が前提条件です。
そのうえで3日間当たりの通信量が366MBを超えると速度制限が適用されてしまいます。
ちなみにAタイプに関しては、このような一定期間の通信量で速度制限がかかるという記載はありませんでした。

特に動画サイトをたくさん一度に見ると、Dタイプの場合速度制限が適用される恐れがありますので注意しないといけません。
ほかの主要なMVNOと比較すると、九州ローカルのQT mobileはまだ全国的に見てユーザー数は少ないです。このため、通信速度や速度制限に関する情報が乏しいです。ただしコマーシャルなどでも宣伝を始めているので、今後ユーザー数も増えて通信速度に関する情報も出てくるかもしれません。

通信速度は、一度に多くの人がアクセスすると著しくダウンします。
ユーザー数が他と比較してあまり多くないQT mobileの場合、回線の混雑が起こりにくく極端な通信速度の低下は起こらないかもしれません。

にわかに注目の九州発MVNOのQT mobile・利用上の5つの注意点を紹介

九州生まれの格安SIMサービス

QT mobileとは九州電力系の企業であるQTNetというところが展開している格安SIMサービスになります。
九州の方の中には、BBIQという光ブロードバンドの名前を聞いたことのある人もいるでしょう。

このサービスを展開している所の格安スマホサービスになります。

スマホ料金を大幅に安くできる、DoCoMoでもauでもいずれの端末でも利用できるとして注目を集めています。

しかし実際に利用するにあたって注意すべきポイントがいくつかありますので、ここで紹介します。

キャリアメールが利用できなくなる

今まで大手キャリアのスマホを使っていた人は、キャリアメールのアドレスを持っていたはずです。
しかし、QT mobileではこのようなキャリアメールのサービスを行っていません。大手キャリアから移行する場合、MNPで電話番号は引き続き今までのものが利用できます。
しかしメールはキャリアメールの利用ができなくなりますので注意が必要です。

もしメールをどうしても行いたいのであれば、GmailやYahoo!メールのようなフリーメールの登録をしておきましょう。
また若い人の場合、LINEなどSNSを使ってやり取りをする人も多いでしょうからメールそのものが必要ないケースもあるかもしれません。

割引はなし

大手キャリアのスマホ料金を見てみると、「○○割」のようなサービスを展開している所も多いです。
しかしQT mobileの場合、このような割引は用意されていません。
家族間の無料通話などもありません。

しかし大手キャリアでいろいろな割引を適用しても、QT mobileの料金の方がおそらく圧倒的に安いでしょう。また割引がいろいろとついてくると、結局自分の料金が高いのか安いのか、内訳が複雑で分かりにくいという意見もあります。

余計な割引がない分、QT mobileは料金がシンプルでわかりやすいという解釈もできます。
家族間通話はないですが、それに代わる方法で電話料金を安くできます。
例えばLINEの無料通話を利用する方法があります。

sim探偵
そのほかにはiPhoneユーザー同士であれば、Facetimeオーディオを利用することで通話料無料にて話ができるわけじゃな。
しむ子
なるほどなるほど。

通信速度の遅くなる可能性も

これは特別QT mobileだけの問題というわけではないですが、格安スマホの場合時間帯によって通信速度が遅くなるケースもあります。
一般的な傾向として、12~13時の会社員が昼休みをとる時間や夕方以降の帰宅ラッシュ時には通信回線を利用する人が多くなって、回線が混雑します。すると通信速度がガクッと落ちる可能性があります。

メールのやり取りやSNS、普通のホームページを閲覧する程度であれば問題はないです。
しかし動画を見る、オンラインゲームをする場合にはストレスを感じることもあるかもしれません。

ただしQT mobileで利用者が増えれば、環境改善対策をとる可能性はあります。
ネットワーク設備の増強を行うことで通信環境が改善される可能性も期待できます。

サポート体制が不十分かも

スマホに関する問題・わからないことがあれば、主要キャリアの場合日本全国に展開しているショップで相談できます。
しかし、QT mobileの場合、少なくても2017年6月現在、ショップにおけるトラブル受付対応は行っていません。

もちろんBBIQのお客様サポートセンターと言って、電話やホームページのチャットなどで問い合わせることは可能です。
しかしアドバイスは受けられるものの、作業自体は基本自分で行わないといけないので注意しましょう。

ただしQT mobileでもお客さんへのサポートには今後力を入れていくようです。
例えば2017年7月には福岡限定ではあるものの「QT mobileショップ」をオープンする予定だと言います。

sim探偵笑顔
自分でWEBなどを使って手続きをすることに不安を感じているのであれば、こちらを利用すると良いな。

APN設定の仕方をマスターする

格安スマホを利用するには、SIMカードをスマホ端末に入れて初期設定をしなければなりません。
この時APN設定を行う必要があります。上で紹介したように、QT mobileにはショップがないのでAPN設定についても自分ですべて行わないといけません。
QT mobileのAPN設定ですが、iPhone化Android化によって少し流れが異なります。

Android端末を使ってQT mobileの格安スマホサービスを利用するのであれば、2つの方法があります。

まずQT mobileではAndroidのスマホ端末を販売していて、格安SIMカードとセットで購入できます。
この場合機種によっては、「BBIQ」という設定が入っている場合もあります。ここを選択すれば、APN設定は完了してしまいます。

もしBBIQの設定が入っていな機種の場合、名前とAPN、ユーザー名、パスワード、認証タイプを入力します。QT mobileのAPNはドコモ系やau系かによって異なります。
ドコモ系の場合vmobile.jp・au系の場合mineo.jpとなります。

iPhoneを使う場合注意しなければならないのは、APN設定ができない点です。
では、どうやってQT mobileの格安スマホを利用するかですが、QT mobileでAPN構成プロファイルを提供しています。こちらをインストールして、利用できるようにしましょう。
このようにAPN設定は自分で行わないといけませんが、もしわからなければ上で紹介したサポートサービスを利用すれば、詳しいやり方について教えてもらえます。

QT mobileはこんな人におすすめ!5つのタイプを紹介

お試し感覚で格安スマホを利用したい人

格安スマホに興味があるけれども、本当に自分の使い方にマッチしているかどうかわからない…
このような人にはQT mobileがオススメです。というのも最初の1年間は通常よりも安い価格で利用できるからです。

例えばデータ通信専用コースの場合、1GBは通常月額800円が最初の1年間は600円となります。
以下同様で3GB900円が700円・5GB1520円が1300円・10GB2560円が2300円です。このように数百円安く利用できるので、本当にQT mobileが自分向きかどうかお試し感覚で利用できます。

主要キャリアの場合、よく「2年縛り」と呼ばれるルールがあります。
契約は2年間で自動更新されます。2年目の契約満了の1か月間以外で解約をすると、解約手数料がかかってしまいます。しかしQT mobileにはこのような2年縛りがありません。

音声通話付きのSIMの場合、利用開始日の翌月から12か月間が最低利用期間となります。
データ通信専用SIMに至っては利用開始日の末日までが最低利用期間です。
主要キャリアと比較して解約手数料の発生する期間がだいぶ短いので、気軽に契約できるでしょう。

auの端末を利用して格安スマホのサービスを利用したい

auユーザーで、今持っている端末を使って格安スマホを利用したいと思っている人にもおすすめです。
格安SIMサービスを展開しているMVNOは何十と国内にありますが、そのほとんどがドコモの回線を利用しています。

auの回線を使って格安スマホのサービスを提供している所が、UQモバイルmineoIIJmio程度のものです。

しかしQT mobileでは、ドコモでもauでもいずれの回線を使って格安スマホのサービスを提供しています。
auユーザーだった人にとって、今まで以上に格安スマホサービスに対するハードルは低くなったと言えます。

BBIQの光ブロードバンドサービスを利用している

九州在住の方の中には、BBIQの光ブロードバンドサービスを利用している人も多いでしょう。
もしBBIQをインターネットのプロバイダーにしていて、格安スマホにしようと思っているのなら、QT mobileがオススメです。

まず新規契約の手続きが簡略化できます。
QT mobileを利用するためには、まずBBIQ会員となる必要があります。
しかし、すでにプロバイダー契約を交わしているのであれば、BBIQ会員となっているはずです。初期登録の部分は省略して、BBIQ会員のIDとパスワードを入力すればすぐに申し込み画面に移行します。

しかもBBIQとプロバイダー契約を交わしている人がQT mobileの格安スマホサービスを利用すれば、携帯電話の料金とプロバイダーの請求書を一本化できます。支払先が一つになりますので管理もしやすくなりますし、どちらか一方だけうっかり支払うのを忘れてしまうようなボーンヘッドを起こすリスクもないです。

九州在住の方で格安スマホのサービスを利用したいと思っている人にもおすすめです。
特に福岡在住の方は、2017年7月からのショップがオープンする予定なので特にお勧めしたいです。
格安スマホの場合、WEBから申し込みというケースが多いです。

しかし自分でWEB申し込みをするのが不安という人もいるでしょう。ショップに行けば、スタッフと確認しながら手続きを進められるので心配なく契約や契約内容の変更もできるでしょう。

格安スマホデビューしようと思っている人

続いておすすめの人として、これから格安スマホデビューしようと思っている人です。
格安スマホのデメリットとしてしばしば指摘されているのが、初期設定は原則自分で行わないといけない点です。APN設定などを行わないと格安スマホを使って通信できません。

あまり機械やITに詳しくない人にとって、「自分で本当に手続きできるだろうか?」と不安に感じるかもしれません。
QT mobileではスマホ端末とセットで販売しているコースもあります。

先ほども紹介したように、QT mobileにはドコモ系とau系の両方あります。
この中でもDoCoMo回線タイプで契約をすると、購入したスマホ端末はすでにSIMカードの設定が行われた状態で自宅に商品が届きます。ですから自分で初期設定をする必要なしに、データ通信や音声通話が可能になります。

前に見たように、最初の1年間は通常価格よりも割引価格で利用できます。

sim探偵笑顔
このため格安スマホデビューしたいけれどももろもろ不安という人にとっても、敷居は低く感じられるはずじゃな。

シニアで格安スマホに興味がある

街中を見てみると、ご年配の方でも携帯電話やスマホを持って操作・通話している光景を見かけます。
シニアの方で「格安スマホを持ってお得に通話やデータ通信してみたい」と思っている人がいれば、QT mobileを利用してみてもいいでしょう。

QT mobileのホームページを見ると、スマホを利用したことのないシニアのために詳しい使い方について解説しているコンテンツを用意しています。
電話・メール・写真撮影のやり方といったスマホの基本的なことからアプリを追加する方法、QT mobileへの申し込み方法について幅広いことに関してレクチャーしています。
この説明を見れば、シニアの方でもトラブルなく格安スマホデビューできるはずです。

-SIMカード詳細一覧