SIMカード詳細一覧

nuro mobileの概要・特徴は?

2017/06/28


20170217170439

nuro mobileは、so-netの格安SIMです。今までは別の名前の格安SIMが販売されていましたが、リニューアルされnuro mobileになりました。

この記事では、nuro mobileの魅力に迫っていきます。契約を検討している方は、その特徴はどうなっているか、この記事を読んでご確認ください。

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量
nurologo
nuroモバイル
700円~ 1400円~ 2GB
細かい値段設定から選べる
プラン内容・ルールなどがシンプルでわかりやすい

nuro mobile公式へ

2~10GBのプランが、1GB刻みで存在するのがnuro mobile

nuro mobileで展開されているプランの特徴は、2GBから10GBまで、1GB単位で用意されていることです。

残念ながら1GBプランはありませんが、2GBから10GBまでは全て用意されているので、2GB以上使う人なら自分の使う分だけを契約できて便利ですね。

月額料金は1GBにつき200円変わるしくみなので、計算しやすいこともメリットです。

通信量 データSIM SMS対応SIM 音声通話SIM
2GB 700円 850円 1400円
3GB 900円 1050円 1600円
4GB 1100円 1250円 1800円
5GB 1300円 1450円 2000円
6GB 1500円 1650円 2200円
7GB 1700円 1850円 2400円
8GB 1900円 2050円 2600円
9GB 2100円 2250円 2800円
10GB 2300円 2450円 3000円

データSIMからSMS対応SIMにすると+150円、音声通話SIMなら+700円となり、例えば3GBの音声通話SIMなら1500円で利用できます。

同時購入可能なスマホは5つある

nuro mobileでは、5つのスマホの中から同時購入する端末を選べます。もちろんSIMカード単体での契約も可能です。

  • ASUS ZenFone 3
  • ASUS ZenFone 3 Max
  • SHARP AQUOS ケータイ SH-N01
  • arrows M03
  • Blade E01

スマホは分割購入で、Zenfone3、arrows M03、Blade E01などが販売されています。一番安いのがBlade E01で、これは月583円と非常に安い金額。2GBのデータSIMとセットなら通信量とセットで1383円ですので、かなり安くスマホを持てますね。

arrows M03はワンセグに対応していて、防水・防塵やおサイフケータイなど、日本人好みの機能が揃っています。

Zenfone3はASUS製のスマホで、メモリ3GB、フルHDディスプレイなど性能が高めなことが魅力です。

月額料金を抑えたい人はBlade E01、機能・性能重視の方はarrows M03やZenfone3がおすすめとなるでしょう。

低速通信やアプリはない

nuro mobileは、シンプルな格安SIM。通信のみが用途で、他の格安SIMに見られる色々な機能はあまり用意されていません。

例えば、低速通信への切り替え機能がないことはnuro mobileの特徴ですね。ないのはこれだけではなく、アプリも用意されていませんし、かけ放題系オプションさえもありません。

オプション・サービスの少なさは好みが分かれるところです。月額料金はたしかに安めですが、通話量が多い人は他の格安SIMの方が結果的に利用料金が安上がりになるかもしれません。

nuro mobile公式へ

契約にはクレジットカードが必須

契約にはクレジットカードが必須です。口座振替などでは契約できません。

もっとも、これはそこまで大きな欠点ではありません。格安SIMの多くは、クレジットカードでの支払いにしか対応していないからです。

そして音声通話プランを契約する場合は、本人確認書類も必要になります。カメラで撮影したりスキャナーでスキャンしたりして、データをアップロードするしくみですね。

免許証や健康保険証、顔写真ありの住民基本台帳カードなどを使えます。

シンプルさがnuro mobileの魅力であり、欠点とも言える 

nuro mobileは、シンプルであることが魅力でもあり、最大の欠点でもあります。

公式サイトでも「シンプルなモバイルサービス」と言われていますし、安さと複雑なオプションなどがないこと自体がnuro mobileのウリです。

しかし、シンプルすぎて逆に使う人を選ぶのが現時点でのnuro mobileであるように感じられました。

特にかけ放題オプションは、今の格安SIMには欠かせない存在。通話料金は極力抑えたいものですので、かけ放題や通話定額がないことは残念です。

しかし、LINEやSkype、IP電話などを駆使すれば通話料金を抑えることが可能と考えれば、これはこれでOKとも考えられますね。

通常の通話で料金を安くしたい場合は他の格安SIMの方が便利ですが、他のアプリを駆使してさらに安く通話をするから格安SIMの機能自体はシンプルでOKということであれば、nuro mobileでも全く問題ありません。

nuro mobileの概要・特徴まとめ

nuro mobileは、月額700円(音声通話プランなら1400円)から利用できる格安SIM。プランの料金がわかりやすく、購入できるスマホも5種類であまり迷うことがありません。

とにかくシンプルさを徹底していることが、nuro mobileの魅力ですね。

格安SIMに乗り換えたいけれど、いちいち細かいことを気にせず安く利用したい方には、nuro mobileの契約がおすすめです。

Blade E01と2GBの音声通話SIMの組み合わせなら、月額1983円2000円で音声通話可能なスマホを持ちたい方は、nuro mobileを契約してはいかがでしょうか。

キャリアで2GBプランを契約するとおよそ6500円。スマホ代込みでも3分の1に、価格を抑えられますよ。

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量
nurologo
nuroモバイル
700円~ 1400円~ 2GB
細かい値段設定から選べる
プラン内容・ルールなどがシンプルでわかりやすい

nuro mobile公式へ

-SIMカード詳細一覧