SIMカード詳細一覧

もしもシークスとはどのような格安SIM業者?特徴を紹介


もしもシークス公式へ

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量

もしもシークス
380円~ 980円~ 500MB
選べる2つの電話掛け放題プラン
iPhoneシリーズあり!意外と豊富なスマホラインナップ
毎月の通信料の1%を途上国へ「通信の普及支援」として寄付
>>もしもシークス詳細ページ

もしもシークスとはどのような格安SIM業者?特徴を紹介

もしもシークスとはどのようなサービス

格安SIM業者の中でも近年注目を集めているのが、もしもシークスです。
エックスモバイル株式会社という2013年10月に設立された企業が提供する、モバイル通信サービスです。モバイル通信サービスの中でも、移動通信サービスを中心として展開してきました。

MVNOの中で、無料通話分を含めたプランを提供した国内初の業者です。
もしもシークスでは社会活動を行っているのも大きな特徴です。毎月皆さんが支払う通信料金のうち、1%を途上国に寄付するという活動を実施しています。スマホを使っていると、世界に貢献しているという使命感が持てるのももしもシークスならではです。

自分でカスタマイズできる料金プラン

もしもシークスの場合、料金プランを自分である程度自由にカスタマイズできるのも大きな特徴です。
例えば毎月基本料金980円で音声通話付きで利用できます。しかしこのコースでは、データ通信容量が十分ではないとします。その場合、1GB月額600円で付け足すことが可能で最大10GBまでプラスすることが可能です。つまり自分のデータ通信に最もマッチする容量に細かく設定できます。

また月額850円5分間かけ放題プラン1800円かけ放題プランを付け加えることも可能です。
もちろんデフォルトのままにして、格安スマホを利用することも可能です。

このほかにも、保証や留守番電話をオプションで付けることもできます。このように自分の利用したいサービスを厳選して選ぶことが可能です。自分の予算と相談してコースを設定できるのは、もしもシークスの魅力といえます。

iPhoneとセットで購入できる

格安スマホと契約した場合、SIMカードが自宅に届きます。端末はどうするかですが、AppleでSIMフリーになっているiPhone端末を購入する必要があります。そのほかには中古スマホショップで大手キャリアの白ロムのiPhoneかSIMフリー端末を買い求めることになるでしょう。

もし過去に大手キャリアと契約して、iPhone端末を持っていれば、こちらを利用することも可能です。機種によっては、SIMフリーにすることもできます。このようにいずれにしても今までの格安SIM業者と契約する場合には、自分で端末を用意する必要がありました。
もしもシークスでは、格安SIMカードのほかにも、iPhone端末も販売しています。
ですから自分で端末を用意する必要がないです。これは業界でも初の試みとして注目を集めました。

ほかのMVNOでも端末を取り扱っていて、SIMカードとセットで購入できるところもあります。
しかし取り扱っているのはAndroid端末で、iPhoneを取り扱っているところはありませんでした。iPhone SEやiPhone6SやiPhone6SPlusは取り扱っています。SIMカードだけではなく、端末も一緒に購入したいと思っている人におすすめです。

販売代理店を用意している

格安SIMのデメリットとしてしばしば紹介されているのが、自分で設定などをすべて行わないといけない点です。電話やメールなどでサポートを受けることは可能です。しかしスタッフからのアドバイスが受けられても、自分で行わないといけません。

格安SIM業者の多くは、代理店などの店舗を持ちません。このため、電話やメールによるサポートとなってしまいます。しかしもしもシークスの場合、代理店を用意しています。

さすがに大手キャリアのように、日本全国にたくさん店舗を展開しているわけではないです。しかしそれでももしもシークスでは2017年5月現在、北海道と栃木県、長野県、新潟県、富山県、三重県、石川県、和歌山県、兵庫県、鳥取県、島根県、長崎県以外であれば店舗があります。

店舗に行けば、スマホのタブレットの設定を訪ねることが可能ですし、何かスマホで不具合の発生した場合には修理サポートが受けられます。またこれから初めて格安スマホを購入する場合、どのようなメリットがあるか確認できます。また料金プランについての詳しい説明を聞くことができ、自分に合ったコースがわかるでしょう。

もしもシークスの店舗では、iPhoneの端末をディスプレイしています。実機を実際に見て購入できるのもメリットの一つといえます。

もしもシークスへの申し込み方法は?

もしもシークスへの申し込み方法ですが、先ほど紹介した店舗で購入する方法があります。
またホームページからWEB申し込みする方法もあります。後者の場合、必要事項を入力して送信しましょう。

すると通常はSIMカードだけ、端末もセットで購入する場合、SIMカードとSIMフリーの端末が宅配便にて自宅に届きます。端末にSIMカードを差し込んで、初期設定をすれば利用できます。もし今キャリアの端末を持っていて、MNPを利用するのであれば、カードの届いた翌日の午前11~19時の間に切り替わりますので、それまでは今まで使っていた端末を利用しましょう。

もしもシークスの料金プランはわかりやすい?その内容を紹介

もしもシークスの基本プランは2種類

もしもシークスの格安スマホを利用するのなら、まず基本プランを決めて、その上で必要に応じてオプションをつけていく方式です。
必要なものだけをつけられるので、自分にマッチするプランにカスタマイズできるのが魅力です。

まず基本プランは、2種類ありますのでその中からいずれかを選択します。まずは月額料金980円の音声プランです。通話料は30秒当たり19.9円かかります。
中には格安スマホはデータ通信専門で、音声通話するつもりはないという人もいるでしょう。
その場合には、データプランというデータ通信専用のプランがあります。月額380円となります。データ通信が利用できますが、もしにSMSサービスを利用する場合には、基本料金と別途で月額200円かかりますので注意しましょう。
ちなみに両方のプラントも、高速データ通信できるのは月間500MBまでです。もし容量を超過すると、それ以降の通信速度は200Kbpsになります。ただしほかのキャリアのように、1日や1週間単位の通信容量の制限は設けられていません。

パケットを選べる

上で紹介した基本プランだけでは、高速データ通信は500MBまでとなります。
しかし、よくスマホを使ってデータ通信していると、この容量は簡単に超えてしまう可能性も高いです。そこでもしもシークスでは、オプションで「選べるパケット」というプランを用意しています。

自分で普段利用するパケットを上乗せすることで、通信制限がかからないようにできます。
選べるパケットのコースは全部で5コースあります。それぞれ1GB600円3GB1200円5GB1800円7GB2400円10GB3000円無制限3600円となっています。

自分に合った容量を選ぶといいでしょう。ちなみにこちらの選べるパケットの追加や変更、廃止については契約者用のウェブページから手続きできます。動画などの大容量をしばしば利用するのであれば、無制限プランを選んでおくといいでしょう。
月の途中で、当初設定していた容量の上限を超えてしまったとします。その場合、そこから追加で容量を購入することはできません。
ネットで簡単に変更できるので、いくつかコースを注文して自分にマッチするコースを探しましょう。

かけたい放題のプランが用意されている

音声通話のプランを選んだ場合、スマホで通話すると30秒19.9円かかります。
しかしもし音声通話を頻繁に行う予定であれば、かけたい放題プランを追加するといいでしょう。かけたい放題プランは2種類用意されています。

まずは「かけたい放題ライト」です。
5分以内の国内通話であれば、月額850円でいくらでも通話できます。回数の制限もないので、5分間毎日かけ続けても850円支払えばいいです。ただし5分を超える通話になった場合、30秒当たり19.9円の従来通りの通話料を負担する必要があります。

もう一つは「かけたい放題フル」です。かけたい放題フルは、月額料金1800円です。国内通話であれば、回数以外にも時間制限なく低額でいくらでも音声通話できます。
ただしもしもシークスでは、基本プランの新規契約者であれば12日間・MNP契約者の場合7日間の無料体験が利用できます。もしもシークスのスマホを使っての音声通話がどのような感じか、お試しで使ってみるのに持って来いといえます。

かけたい放題に加入している人を対象にして、地球放題というプランも利用できます。月額980円で、対象の国・地域に10分以内・月300回まで通話できるオプションです。もしこの条件を超過した場合には、30秒19.9円の通話料が追加でかかります。海外に知り合いのいる人にはお勧めといえます。このかけたい放題ですが、当然のことながら音声通話プランの対象者のみになります。

その他にも4つのオプションをつけることが可能

上で紹介したプランのほかにも、いくつかオプションがあります。もしつけたいプランがあれば、加入も検討しましょう。

まずはもしも保証と呼ばれるものです。何かあったときの保証内容を拡張できるサービスになります。自然故障や破損、落下、水没、偶然の事故などによって発生した故障が対象です。
もしも保証には600円700円のプランがあります。
もしも保証は端末を同時購入した人が対象です。

もしも保証600は端末が5万円未満・もしも保証700は端末が5万円以上の場合適用されます。
最大年2回まで保証が適用され、もしも保証600は1回目8000円・2回目1万2000円、もしも保証700は10万円未満の端末の場合1回目1万円・2回目1万5000円10万円以上の場合1回目1万2000円・2回目1万8000円までは自己負担となりますので注意しましょう。

音声プランで契約した場合、もう2つのオプションがあります。まずは留守番電話サービスです。
月額400円で付けることが可能です。また月額300円でキャッチホンをつけることもできます。
このようにいろいろなプランを自分で自由につけることが可能です。いろいろと比較して、自分にマッチするプランをカスタマイズしましょう。

格安スマホで気になる速度・もしもシークスの通信速度を徹底検証

もしもシークスの通信速度はどのくらい?

格安SIMを利用するにあたって、通信速度がどのくらいなのか気になるという人も多いでしょう。通信速度に関する記載は、もしもシークスの公式ホームページには記載されていないようです。しかしカスタマーセンターに問い合わせると、情報提供してくれます。都内でお住まいの方であれば、下りの通信速度は10Mbpsということです。

一見すると、通信速度が遅いと思うかもしれません。ほかの格安SIM業者の中には、最高で225Mbps出ると公式サイトでアピールしているところも少なくないです。しかし実際には10Mbps程度の通信速度しか出ていないというデータもしばしば見られます。
ですから、もしもシークスの通信速度下り10Mbpsというのは、ほかの格安スマホと比較して決してそん色ないといえます。

ちなみに下り10Mbpsという通信速度がどのくらいのものかイメージできないという人もいるでしょう。スマホでインターネットを閲覧する分には、まずストレスを感じることはないでしょう。ちなみに動画を閲覧する場合でも、YouTubeを見る分であれば、ストレスを感じることはない速度といえます。
ちなみにのぼりがどのくらいの通信速度か気になる人もいるでしょう。こちらもカスタマーセンターに相談すると、ほかのキャリアと同じくらいの通信速度が出ると確認しているとのことです。ですからほかのキャリアから移行して、スマホでデータ通信しているときに速度の遅さを感じることは少ないでしょう。

もしもシークスの通信速度は改善傾向に

もしもシークスの通信速度についてのレビューは、インターネットでもいろいろと紹介されています。そのレビューを見てみると、一時期かなり速度がダウンしたようです。ところがまた回復傾向にあるといいます。

もしもシークスの登場した当初は、下りで最高40Mbps以上を計測することもあったといいます。スマホで下り40Mbps以上あれば、どのようなことをしてもスムーズに利用できるでしょう。容量の大きな動画を見たり、オンラインゲームでプレイしたりしてもストレスを感じることはまずないといっていいでしょう。格安スマホの中でもトップクラスの通信速度といいます。

しかし時間の経過とともに、通信速度がどんどん下がってしまったということです。速度を計測しても数字がどんどん低下するだけでなく、実際にネットを使っているときにストレスを感じるような落ち込み状態だったといいます。
動画を見る場合でも、プツプツ途切れてしまうような状況になったといいます。

あるレビューでは「速度制限がかかったときくらいのスピード」と表現している書き込みもありました。
このような状態を重く見たもしもシークスでは、通信速度に関する品質改善を発表しました。データ通信プランの見直しとともに、通信速度が向上したといいます。ですから現在は、ストレスを感じることなくデータ通信できるでしょう。

混みあう時間帯でも十分な速度が

もしもシークスの通信速度について検証するサイトがいくつかあります。まずスマホでデータ通信をする場合、1日の中でも速度は上下動します。特に回線が混みあう時間帯にデータ通信をすると、速度が落ち込む恐れがあります。

一般的な傾向として、夜10時ごろは回線が最も混みあう一つのピークでした。その時間帯のもしもシークスの通信速度を検証すると、どんなに遅くても3.6Mbps以上は出ているようです。
調子が良ければ、8Mbps弱の通信速度を記録することもあります。最高の10mbpsと比較すると、その数字に若干不満を抱くかもしれません。しかし動画やオンラインゲームの中でも、かなり通信量の多いものを使わない限り、ネット通信をしているときにストレスを感じることはまずないでしょう。

ちなみに昼頃についても、昼休みを取る人も多いので回線がけっこう混みあいます。この時間帯も通信速度がどのキャリアでも軒並みダウンする傾向があります。
12時ごろのもしもシークスの通信速度について計測しているサイトも見られました。その結果を見てみると、少なくても17Mbps弱の速度が出ています。調子がいいと34Mbpsという速度を記録したこともありました。これはかなりいい数字で、マップを見ることも、動画を視聴することもサクサクスムーズにできるでしょう。

ドコモの回線を利用しているもしもシークス

もしもシークスでは、NTTドコモの回線を利用してサービスを展開しています。
公式サイトの情報を見てみると、ドコモの3Gエリアはもちろんのこと、LTEエリアも利用することが可能です。

ドコモは今では日本全国ほとんどのところで、通信できるはずです。ですからどの地方に在住の方でももしもシークスを使って、データ通信・音声通話することは可能でしょう。また出張や旅行をすることになっても、滞在先で通信もサクサク行えるはずです。
今後通信速度がまた変わってくる可能性はあります。しかしもしもシークスでは、データ通信をするにあたってまずストレスを感じることのない速度は十分出るでしょう。
混みあう時間帯でもある程度の速度の出るところは、データ通信をしばしば利用する人にとっては大きいでしょう。

もしもシークス利用するにあたって注意したい5つのポイント

事務手数料がかかる

もしもシークスを利用するにあたって、注意すべきことがいくつかあります。その中でもまずは事務手数料が他と比較して高く設定されている点があります。ほかの格安SIM業者でも初回契約時に事務手数料を取っていますが、たいていのところは3000円と設定しています。

しかしもしもシークスの場合、事務手数料を5000円払わないといけません。
つまり一般的な格安SIM業者と比較して、2000円余計に手数料を支払わなければなりません。事務手数料を支払うのは契約したつきの1回だけなので2000円余計に支払ってもそれほど問題ないと思っている人もいるかもしれません。しかし少しでもスマホにかけるコストを安くしたければ、事務手数料のことは気にしたほうがいいでしょう。

分割支払いができない

もしもシークスではスマホの分割支払いのできないのも注意したいところです。格安SIM業者では、SIMカードとSIMフリーのスマホ端末をセットで販売しているケースも多いです。このとき一括払いのほかにも、24回の分割払いを認めているケースがほとんどです。また主要キャリアでも端末料金は分割による支払いを認めているのが一般的でしょう。

もしもシークスの場合、SIMカードとSIMフリースマホ端末をセットで購入した場合でも一括払いしか認められていません。そうなると数万円を初期コストとして負担する必要があります。
SIMフリーのスマホ端末を購入するとなると、だいたい3~5万円のモデルが多いです。主要キャリアの端末と比較すると安いですが、それでも一括で購入するとなるとなかなか痛い出費といえるでしょう。

しかしもし24回の分割払いができれば、月々1000~2000円程度の負担になるので若い人でも無理なく購入できるでしょう。
ただしもしもシークスで契約を希望している人の中には、SIMフリースマホがすでに手元にある、中古ショップなどで買い求めるという方もいるでしょう。この場合、もしもシークスではSIMカードだけの注文となりますのであまり出費のことは気にする必要もないでしょう。

最低利用期間が決まっている

主要キャリアでいったん契約してしまうとネックになるのが、いわゆる「2年縛り」というルールです。契約期間は2年間で、満期になると自動的に更新されます。
契約期間中に中途解約すると、解約手数料がかかってしまいます。自動更新されてしまうので、契約月の1か月間しか解約手数料なしで変えることができないのです。
格安SIM業者の場合、この最低利用期間が決まっていない、決まっていたとしても半年などの短期間設定になっているものが多いです。また契約も自動更新されることはないので、お試し感覚で気軽に申し込めるのがメリットです。

しかしもしもシークスの場合、最低利用期間が利用開始月から12か月間となっているので他と比較するとやや長いです。
もし期間途中で解約すると、違約金が発生します。もしもシークスの場合違約金は1万円となっているので、決して安くはないペナルティといえます。
もし解約するのであれば、受付窓口は「もしもシークスサポートデスク」になります。こちらは電話による受付にしか対応しておらず、平日の10~17時までが受付時間です。社会人の場合、勤務時間と被っているので、なかなか連絡できないかもしれません。また通話料も無料になります。

もしもシークスには、いろいろなオプションを任意で自由につけられます。
これは魅力ですが、オプションを解約する場合手数料がかかるので注意しないといけません。留守電サービス400円・キャッチホン300円となっています。
オプションをつけたければ、本当に必要なのか慎重に判断して申し込んだ方がいいでしょう。

SIMフリースマホは最新機種はなし

もしもシークスではSIMカードのほかに、SIMフリーの端末も販売しています。ほかでもSIMフリーの端末をセットで販売している業者もあります。
楽天モバイルDMMmobilemineoなどでは、最新機種のSIMフリースマホを提供しています。
しかしもしもシークスでは最新機種の端末は取り扱っていないことが多いです。

少し時間がたってから販売される傾向がありますので、端末も買い求めたいと思っている人は注意する必要があります。
スマホ端末は、最新モデルの方が多機能性や利便性に優れている傾向があります。ですからもし最新鋭のスマホにこだわって、どうしてももしもシークスと契約したければ、もしもシークスではSIMカードだけの契約にして、端末は別のところで買い求めるといいでしょう。

かけたい放題プランへの加入は必須

もしもシークスの基本契約は、通話プランとデータ通信プランの2種類用意されています。格安スマホを使って通話を希望するのなら、音声プランを選択することになるでしょう。
もしもシークスには、一定時間・回数定額で音声通話できるかけたい放題プランが用意されています。
しかし音声プランを選択した場合、2種類あるかけたい放題プランのいずれかを絶対選択しなければなりません。これは人によってはデメリットと感じるかもしれません。

例えば、音声通話ができるようにしたいけれどもそんなに頻繁に電話をかけるわけではない、長時間話すことはないという人もいるでしょう。この場合、かけたい放題プランはコスパが悪くなるかもしれません。ならばもしもシークスはデータ通信だけのプランにして、音声通話は別にガラケーなどを購入して使い分けるといいです。

もしもシークスはこんな人におすすめ4選を紹介

ドコモのiPhoneを持っている

もしもシークスにはメリットデメリットがありますので、自分にとってどちらの度合いが高いのかを検討して申し込むかどうかを判断しましょう。もしもシークスと契約したほうがいいおすすめの人は、4タイプがあります。

まずはドコモで提供するiPhoneを持っている人です。もしもシークスはドコモの回線を利用していますので、SIMフリーにすれば問題なく使用できます。もしもシークスではSIMフリーの端末も販売していますが、一括で代金を支払わないといけません。

もしこの料金をねん出するのが厳しければ、ドコモのiPhoneを使えば端末代を負担する必要がないです。
すでに端末の支払いを終えている人は問題ありません。しかし中には今現在端末の分割払いを支払っている最中という人もいるでしょう。この場合、まだ支払いが終わっていない段階でももしもシークスに乗り換えられるのか心配という人もいるはずです。

結論から言うと、端末の料金が支払い終わっていない人でも乗り換えは可能です。
ドコモと解約をして、引き続きiPhoneの分割料金を支払えば問題はありません。
ドコモと契約している人は、端末の設定・使い方でわからないことがあれば、サポートを受けられます。もしもシークスに乗り換えるとこのサポートは受けられません。しかしドコモと比較すると、パケットプランやspモードの分、コストが安くなるので携帯料金を節約したい人にはお勧めです。

またドコモの場合、標準のデータ通信は5GBもコースになります。中にはこの5GBを使い切っていない人もいるでしょう。この場合、月々の料金を余計に支払っている形になります。もしもシークスでは3GB以下のプランが用意されているので、人によってはデータ通信料を節約できるかもしれません。

auやソフトバンクのiPhone6S以降の端末を持っている

auやソフトバンクでも、iPhone6S以降のバージョンであれば、もしもシークスに乗り換えるのがおすすめです。
端末を購入することなく、auやソフトバンクのiPhone6S以降の端末にSIMカードを挿入して使用できるからです。

auやソフトバンクの場合、機種によってSIMロック解除できるものとできないものがあります。iPhone6S以降であれば、無料にてSIMロック解除が行えるので端末の代金を負担する必要がないです。
ドコモの時と同様、乗り換えるとサポートは受けられなくなります。しかしauやソフトバンクと比較すると、データプランやLTE料金がかなり安くなります。月々の携帯料金を節約したければ、もしもシークスへの乗り換えも検討してみるといいでしょう。
ただしauやソフトバンクのiPhone6Sではない機種でも、SIMロック解除できるものもあるかもしれません。auやソフトバンクのスマホを持っていて、引き続き端末が使えるかどうかあらかじめ確認しておくといいでしょう。

スマホを使って通話をしたい人

格安スマホを利用している人の中には、データ通信だけ利用している方もいる一方で音声通話もしたいという方も多いでしょう。
もし音声通話を頻繁・長時間行うというのであれば、もしもシークスの音声プランを選択するのがおすすめです。

もしもシークスにはかけたい放題があります。頻繁に電話をするけれども、仕事の電話が多く1回当たりの通話時間が短い人なら1回5分間・回数無制限で無料のかけたい放題ライトを選択しましょう。また長電話をするのなら、通話無制限で、月額1800円のかけたい放題フルを選択しましょう。
ただしかけ放題フルは無制限で通話料は定額ですが、60分経過するといったん電話が切れるようなので注意しましょう。
ただしいったん電話が切れても、かけ直すことはできますし、この際に別途通話料がかかることもないです。

店舗で購入したい人

格安SIM業者を見ると、基本的に店舗を持っていないところが多いです。
SIMカードや端末を購入する際には、ホームページから注文して、自宅に届くという通販スタイルの営業方法を取っています。
しかし特に端末もセットで購入したい場合、実物を見てから買い求めたいと思っている人もいるでしょう。自分の手にフィットするかどうか、ボタンが押しやすいサイズ・レイアウトになっているかは実物を見てみないとなかなか判断できないでしょう。

もしもシークスの場合、すべての都道府県ではないですが店舗をいくつか展開しています。店舗に行けば、端末を実際に手に取ってチェックできます。よって、自分の手になじみやすい・使い勝手のいい機種がきっと見つけられるはずです。
格安SIMカードを利用する場合、初期設定を自分で行わないといけません。しかしスマホ初心者だと、自分で行うのに不安を感じる人もいるでしょう。格安SIM業者では、電話やメールなどのサポートサービスがあるもののこれだけでは理解できないかもしれないと感じていませんか?

もしもシークスの店舗に行けば、スタッフがいろいろと質問に答えてくれます。設定の仕方がわからなければ、スタッフと一緒に作業できるので初心者でも心配はないでしょう。また自分にあった料金プランがわからない場合でも、スタッフに相談しながら自分に適したプランが設定できるでしょう。

もしもシークス公式へ

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量

もしもシークス
380円~ 980円~ 500MB
選べる2つの電話掛け放題プラン
iPhoneシリーズあり!意外と豊富なスマホラインナップ
毎月の通信料の1%を途上国へ「通信の普及支援」として寄付
>>もしもシークス詳細ページ

-SIMカード詳細一覧