SIMカード詳細一覧

mineo(マイネオ)の速度・プラン・料金・他社との比較まとめ

2017/10/17


mineo-simfree

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量
mineo-logo
mineo
700円~ 1400円~(docomo)
1310円~(au)
500MB
docomo,au回線が選べる!
サービスやサポートが充実!
初心者ならmineoかTONEが定番!

mineo公式へ

目次

mineoの概要・特徴を解説!

mineoは、現在日本において最も人気のあるMVNOの一つです。

mineoは変わった特徴をたくさん持っているMVNOですので、契約にあたってはそういった様々な要素を知っておいたほうが何かと便利です。

この記事では、mineoの独自のサービスの数々を紹介したいと思います。契約を検討している方は、ぜひご覧ください。

mineoにはdocomo回線とau回線の2種類がある

mineo-carrier_ttlsimfree
mineo-docomo-ausimfree
mineoの最大の特徴は、docomo回線だけでなくau回線も提供していることです。

元々、mineoはau回線の提供から始まった格安SIMであり、docomo回線は2015年の夏に提供がスタートしました。

au回線はAプラン、docomo回線はDプランという名前です。

docomo回線であるDプランのスタートにより、契約にあたってどちらかの回線を選べるようになりました。

またそれに伴い、契約中に自由にdocomo回線からau回線、あるいはau回線からdocomo回線に移動することも可能となっています。

ただし、SIMカードを変更しなければいけませんので、手数料がかかることに注意が必要です。

auから乗り換える場合は、mineoのAプランを選べば、現在使っている端末がそのまま利用できます。

ただし、auからAプランに乗り換える時、現在利用している端末がVoLTE対応である場合は、端末のSIMロックを解除し、さらにVoLTE対応SIMを契約しなければ、現在の端末をmineoで利用することができないので注意しましょう。

mineoにはフリータンクというサービスがある

mineo-pake_img03

mineoの公式ページはコチラ

mineoの大きな特徴の一つに、フリータンクというサービスが挙げられます。

これは、mineoのユーザーが利用できる大きなタンクのことです。このタンクに、いらなくなったパケットをチャージしたり、反対にタンクから必要な分のパケットを引き出し、自分の通信量にチャージしたりすることができます。

毎月、月末付近に最大1GBまでパケットを引き出すことができます。

いらなくなったパケットの例としては、先月の繰り越し分がまだ1GB余っているけれど、もう月末で無駄になってしまうというときに、フリータンクにチャージすれば無駄にならずに済みますね。

フリータンクがあるため、mineoでは実質契約量に加えて1GB多く通信を行うことができます。これは非常に大きなメリットではないでしょうか。

そして、フリータンクの利用にはマイネ王というコミュニティサイトへの登録が必須です。

banner_happy_board2-61f24c846cf1a0bc3fedbf436f31b5e6

マイネ王ではユーザーの利用できる掲示板が存在し、mineoやその他の格安SIM、格安スマホに関する話題がたくさん展開されています。

現在利用しているスマホや、購入を検討しているスマホがmineoに対応しているか聞きたいときなどに利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、わからないことについて書き込む際はある程度自分で調べて、どうしてもわからないときにしておきましょう。

mineoにはパケットギフトというサービスがある

mineo-pake_img02simfree

mineoの独自のサービスとして、フリータンクと同様に挙げられるのは、パケットギフトです。

mineoでは、不要なパケットをギフトとして、誰かに送ることができます。

例えば友人もmineoを利用しているのであれば、自分の通信量が足りないときは分けてもらうことができますし、反対に相手が通信制限にかかってしまいそうなときは、パケットを送ることができます。

このように、パケットを無駄にしないサービスがたくさん提供されているのがmineoの強みです。徹底的にユーザー目線であるため、契約者の満足度は非常に高いものとなっています。

ちなみにこの他にも、家族間でのパケットシェアを行うことができます。

家族間ではパケットシェアの機能を利用し、友人とはパケットギフトでやりとりすると良いでしょう。

mineoは、家族割や複数回線割がある

mineo-pake_img01simfree

mineoには、家族割と複数回線割があります。

家族割を適用させると、親戚も含めて家族回線が最大5回線まで、それぞれ月額料金から50円引きで利用できます。

また、一人で複数回線利用する場合でも複数回線割が適用されますので、50円引きとなります。

タブレットとスマホをセットでmineoのSIMを利用して運用したいときは、複数回線割が適用できて便利ですね。

mineoの公式ページはコチラ

mineoでは、速度を切り替えられるアプリが提供されている

mineo-20170117173858

mineoの利用にあたって便利なのが、提供されている「mineoスイッチ」というアプリの利用です。

このアプリでは通信量の残量を確認することができますし、高速通信のオン/オフを切り替えることもできます。

mineoでは、通信量無制限の低速回線にいつでも切り替えることができます。速度は最大200kbpsで、速度制限がかかったときと同じスピードになります。

ただしバースト機能があるため、読み込む量が少ないサイトならば高速通信時と変わらない速さで読み込みを終えることができます。

低速通信でできることはブラウザの閲覧、ラジオや音楽の再生、YouTubeの低画質(144p)動画再生といったことです。

速度を求めない方であれば、500MBや1GBのプランを契約し、基本的に低速通信で利用していくことで月額料金を節約することができますね。

mineoの概要・特徴▼まとめ

格安SIMの中でも独自のサービスが多く、そのいずれからもユーザー目線が窺えるのが、mineoの魅力です。

mineoを契約すれば、非常に満足できる運用ができるのではないでしょうか。

mineo公式へ

価格や最低維持費は?mineoのプラン紹介

格安SIMを検討するにあたって重要な要素の一つが、価格や最低維持費ですよね。

できる限り安い月額料金である方が、契約するにあたっては魅力的です。

この記事では、mineoの月額料金について徹底解説をしていきたいと思います。mineoの場合、docomo回線のDプランとau回線のAプランがありますので、両者の比較も行いたいと思います。ぜひ、ご覧ください。

docomo回線のDプラン

mineo(Dプラン) シングルタイプ デュアルタイプ
500MB ¥700 ¥1,400
1GB ¥800 ¥1,500
3GB ¥900 ¥1,600
6GB ¥1,580 ¥2,280
10GB ¥2,520 ¥3,220

au回線のAプラン

mineo(Aプラン) シングルタイプ デュアルタイプ
500MB ¥700 ¥1,310
1GB ¥800 ¥1,410
3GB ¥900 ¥1,510
6GB ¥1,580 ¥2,190
10GB ¥2,520 ¥3,130

mineoは3GBプランが900円

mineoを契約するにあたって、最も選ぶ人が多いと考えられるのが3GBプランです。

格安SIMにおいてもっとも人気のある通信量である3GB。これは何故かというと、動画を見たり音楽をストリーミング再生したりといったことをある程度行うのであれば、1GBでは足りないためです。

動画を見ない場合であっても、ブラウザ閲覧やオンラインゲームのプレイ時間が伸びていけば、やがて1GBには達してしまいます。

最低でも2GBは必要とされていますが、2GBプランが提供されている格安SIMの数はあまり多くありません。

mineoにおいても、1GBプランの次は3GBプランが設定されています。

さて、mineoの3GBプランは、シングルタイプの場合Aプラン、Dプラン共に月額900円です。IIJmioなど、多くのMVNOと同じくらいの月額料金であるため、「平均的」と言えるのではないでしょうか。

ただし、「3GB900円」という価格設定自体は平均的であるものの、後から説明するmineoのサービスも踏まえて考えると、この月額料金はなかなか安いと考えられます。

また、Dプランのデュアルタイプ(音声通話プラン)の場合は月額1600円です。こちらもやはり、平均的な価格であると言えるのではないでしょうか。

500MBプラン、1GBプランの料金設定はやや高めだが、メリットもある

mineoには、3GBプランよりも下に500MB、1GBという2つのプランがあります。

シングルタイプの場合、Aプラン、Dプランいずれも500MBならば700円、1GBならば800円となっています。

3GBプランが900円ですので、それを基準に考えてしまうとやや割高に思えてしまうのが、これらのプランの弱点ですね。

しかし、500MBという低容量のプランが設定されているのはなかなか魅力的と言えるのではないでしょうか。

そして、これらのプランは「複数回線割」において輝きます。

例えばスマホとタブレットの両方で、mineoの格安SIMを利用する場合。複数回線割を適用させれば、契約している回線がいずれも毎月50円引きになります。つまり、2つの回線を契約していれば100円も安くなるということですね。

スマホでは3GBプラン、タブレットでは1GBプランを契約すると、850+750=1600円になります。

このように、複数回線の利用においてはメリットが感じられる500MBプランや1GBプラン。単純に、3GBも使わない、1GBや500MBで十分という場合にも、もちろんおすすめです。

mineoの公式ページはコチラ

auプランならば、デュアルタイプの月額料金がお得

au回線のAプランには、一つ大きなメリットがあります。それは、デュアルタイプの月額料金がDプランと比べて90円ほど安いということです。

90円という金額は、10円単位で安さが求められる格安SIMにおいては非常に重要ですよね。

ただし、安いからといってAプランを選ぶのは危険です。Aプランはau回線ですので、docomoの端末では利用することができませんし、SIMフリー端末であっても、auが使用する電話回線に対応していなければSIMカードを使えません。

対応している端末を持っていてデュアルタイプを契約したい場合は、Aプランを選ぶとお得であるということを覚えておきましょう。

mineoでは1GBまで追加チャージができる

mineoでは、フリータンクというサービスが提供されています。これはマイネ王を契約することで利用できるもので、月末に最大1GBを追加チャージすることができます。

pct_3

つまり、フリータンクを利用するという前提で改めてプランについて考え直すと、500MBなら1.5GB、1GBなら2GB、3GBなら4GB利用することができるということ。

こうなってくると、500MBプランの700円という料金は十分お得になりますし、1GB800円もかなりお得な金額です。

3GB900円も、4GBであると考えると、イオンモバイルの4GB900円と同じ料金設定となりますので、とてもお得です。

イオンモバイル以外にこの料金設定をしているMVNOはありませんので、フリータンクを含めた4GB900円というmineoの月額料金は、格安SIMにおける最も安い月額料金となりますね。

mineoの価格や最低維持費▼まとめ

mineoの最低維持費は、月額700円です。実質1.5GB利用できると考えると、十分安い最低維持費であると言えるのではないでしょうか。

mineoの魅力はフリータンクと「Aプラン」の存在です。au回線で格安SIMを安く利用したい場合は、mineoを選びましょう。

なお、au回線が利用できる格安SIMは、他にUQ mobileが存在しますが、そちらには3GB以上のプランはありません。そのため、au回線で6GB以上利用したいという方もmineoがおすすめとなります。

mineo公式へ

実測や安定度の評判は?mineoの通信速度

格安SIMを利用するにあたって、通信速度も非常に重要な要素です。

どんなにプランが充実していたり、サービスが豊富だったりしても、速度が遅くて使い物にならなければ何の意味もありません。

そこで次に、mineoの通信速度について解説していきたいと思います。

mineoの契約を検討している方は、是非ご覧ください。

mineoにはAプランとDプランがあり、それぞれ速度が違う

まず速度について解説する前に説明しておかなければいけないのは、mineoにはdocomo回線を利用しているDプランと、au回線のAプランがあるということです。

この二つのプランは同じmineoが提供してはいるものの、まったく異なる存在です。そのため、回線速度も基本的には異なっています。

自分の契約したいプランの回線速度を知っておく必要がありますね。

契約者の数が多いのは、Dプランだと言われています。mineoは2015年にDプランの展開を開始してから、キャンペーンの展開で一気に契約者数を増やしていきましたので、元からあったAプランよりも人数は多くなっていることが予想されます。

docomoから乗り換える場合はDプラン、auからであればAプランの契約が主流ですので問題ありませんが、SoftBankやY!mobileから乗り換えるのであればどちらを選ぶべきか、じっくりと検討する必要があります。

ソフトバンクからの乗り換えの場合は、SIMフリースマホも同時に購入する必要がありますよね。そのため、おすすめしたいのはDプランです。

au回線が利用できる格安スマホはあまり多くないので、Dプランを契約していればスマホの機種変更を今後何度かしていったとしても、そのまま同じSIMカードを利用することができます。

mineoは元々、かなり通信速度が速かった

2015年に始まったmineoのDプラン。Dプランは元々かなり回線速度が速く、昼間に30Mbps以上出ていたこともありました。

徐々に速度は落ちていってしまったものの、それでも混雑していない時間帯であれば10Mbps以上の速度が出ていたので、およそ1年近い間にわたって、mineoはその人気をどんどん高めていったのです。

Aプランについては、どちらかというと速度は遅めで、昼間においても大体4~8Mbps程度の実測となっていました。

2016年夏以降、Dプランの回線速度はかなり落ちている

さて、現在mineoのDプランの回線速度は残念ながらかなり落ちてきてしまっています。

安定度が高かったmineoですが、2016年の6月頃から、特に夕方から夜にかけての通信速度ががた落ちしてしまっています。

夜20時頃にスピードテストを行うと、大体下り速度は1Mbps前後となっています。画像を読み込むのにとても時間がかかりますし、動画はほぼ見られないといって良いでしょう。
通常利用がかなり困難ですので、Wi-Fiが利用できるのであればWi-Fi回線に接続した方が良いという状態です。

外出先でWi-Fiが利用できない場所にいて、mineoの格安SIMを利用した通信で調べ物をする際は、なかなか検索結果が表示されないためストレスを感じてしまうのが現状となっています。

一度通信設備の増強が行われましたが、残念ながら改善には至っていません。さらなる改善が必要とされています。

なお、Aプランについても回線速度は特に速いということはありませんが、Dプランが速度低下していることにより、比べてみるとややAプランが速度では勝っています。

mineoでは、今後プレミアムコースが登場する

mineoでは低速化の対策として、「プレミアムコース」の準備が行われています。これは格安SIMにおける初の試みで、別料金を支払うことにより、混雑時にも快適に通信を行うことができます。

会社員の方や学生の方は、混雑しやすいお昼や夕方に格安SIMで通信を行うことが多いですよね。そういった方々は、プレミアムコースを利用することで、ストレスなく通信を行うことができるようになると考えられます。

title_trial
追記:(プレミアムコースは、2017年2月から正式サービスとして提供です!詳しくはこちら!

mineoは現在速度が低下しているが、今後改善される可能性はある

mineoの通信速度は、確かに下がっています。しかし、今後改善される可能性は、大いにあります。

mineoでは現に、7月に一度通信設備の増強が行われています。そして、Dプラン開始時に始まった、月額料金が最大9ヶ月無料になるキャンペーンの適用期間が終わっていっているため、解約者も増えていくことが予想されます。

現在mineoを利用していいかどうか迷っている方は、入ってからしばらく様子を見てもいいですし、契約せずに速度の改善を待っておくのもいいでしょう。

mineoの通信速度▼まとめ

格安SIMにおいて、サービスが非常に充実しているmineo。残念ながら回線速度は徐々に落ちてきてしまっていますが、今後に改善されていくことに十分期待できます。

また、プレミアムコースの登場によって、追加料金はかかってしまうものの快適に通信を行うことができるようになる可能性は上がります。

フリータンクやパケットギフトなど、ユーザー目線の便利なサービスが豊富なmineo。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

mineo公式へ

デメリットや解約に関する、mineoご利用の注意点

mineoを契約するにあたって、デメリットや解約方法においても知っておきたいということはありますよね。

デメリットは、契約して利用しているとかならず向き合わなければいけなくなるものですので、事前に知っておくと安心です。

契約する前に知っておきたい、mineoを利用するうえで知っておくべきデメリットと解約方法について解説していきます。

mineoは現在速度が下がってきている

まず2016年の現在において最も大きなデメリットである、通信速度について解説していきたいと思います。

mineoDプランの通信速度は、2015年9月の登場時点では「爆速」と言えるようなスピードの速さでした。

しかし、2016年の6月頃からは回線速度がかなり下がってしまっています。

特に混雑時のスピードの遅さは顕著で、1Mbps出れば良いほうです。

問題は、混雑する時間帯も徐々に伸びてきてしまっているということ。今までは12~13時頃と17~19時頃が混雑していましたが、現在は特に夕方、17時頃からはそのまま22時過ぎまでずっと速度が低下してしまっています。

退館時間では低速回線を利用しているときよりも遅いという状況で、この点についてはとても大きなデメリットとなってしまっているのが事実です。

一度設備増強は行われましたが、残念ながら解決には至っていません。

もちろん今後さらなる設備増強で速度が改善されていく可能性は大いにありますし、プレミアムコースという、追加料金の必要な専用高速回線が提供されますので、快適に利用する方法が生まれることにより、速度問題も解決されていくかもしれません。

title_trial
追記:(プレミアムコースは、2017年2月から正式サービスとして提供です!詳しくはこちら!

しかし、現時点ではやはり速度の遅さはデメリットとして挙げられるのが事実です。

フリータンクのシステムは、少々手間がかかる

mineoにはフリータンクという画期的なシステムがあり、ここから1GBまで、毎月通信料を無料で引き出すことができます。

しかし、このシステムの利用には少し手間がかかるのも事実。

マイネ王というサイトに会員登録しなければいけませんし、通信量を引き出す際にはコメントをしなければいけません。

また、通信量を引き出せるのは月末のおよそ10日間に限られます。

ただし、こういった制限がなければフリータンクはすぐに空になってしまい、サービスは成り立たなくなってしまうでしょう。

ユーザーの善意と制限によって成り立っている画期的なシステムということで、この点については妥協も必要ですね。

時にはフリータンクに通信量を自分からチャージすることも大事ではないでしょうか。

500MB、1GBの月額料金は少し高い

mineoではフリータンクやパケットギフトなどの独自のサービスが盛り込まれているため、お得な運用が可能です。

しかし、回戦の最低維持費は500MBプランの契約による700円と、少々高めです。

1GBプランだと800円で、3GBプランの900円100円しか変わりません。多くのMVNOでは3GB900円ですので、3GBプランがお得というよりは1GBまでのプランが割高に思えてしまいますよね。

ただし、フリータンクにより最高1GBまで通信量を増やせますので、実際のところは割高ではありません。しかし最低維持費は700円ですので、もっと最低維持費を下げたい場合はDMM mobileなど、他社の方が良いでしょう。

mineoの解約はホームページから行える

mineoの解約方法は、IIJmioDMM mobileといったMVNOに比べて少々難易度が高いという特徴があります。

そのため、これもまたデメリットとして数えられるかもしれません。

なお、パケットシェアを契約している場合は、解約時にそれを設定解除しなければいけませんので、注意しましょう。

さて、解約するには、mineoのホームページを開きます。しかし、正直なところ解約ページは探しづらいので、Googleで「mineo 解約」と検索した方が早いかもしれません。

「mineoの解約方法について教えてください。 -mineoユーザーサポート」というページを開き、解約理由を選択。その際解決方法がたくさん表示されるのですが、これを無視してページの下に行きましょう。

一番下に、「解約の方はこちら」という項目が現れますので、そこから解約手続きを行うことができます。

あとは手順に沿って入力すれば、mineoの解約は完了です。

mineoを解約したら、SIMカードの返却は必要?

mineoを解約した場合、AプランならばSIMカードの返却は必要ありません。

しかし、Dプランの場合は解約手続き後にSIMカードの返却が必要となります。

返却先は解約時のメールに記載されていますので、普通郵便などで送りましょう。

ちなみに、返却しなかった場合の違約金などについては特に記載がありません。

もしかしたら送らなくても問題はないかもしれませんが、念のため返却してしまうことをおすすめします。

mineoのデメリットや注意点、解約方法▼まとめ

mineoには、速度が低下していること、最低維持費の高さなどのデメリットがあります。

しかし、デメリットを踏まえてもサービスが充実しているため、非常に魅力的な格安SIMであることは間違いありません。

解約方法が少々手間であるという点が、最も大きなデメリットではないでしょうか。

mineo公式へ

サービス?価格?mineoはこんな人におすすめ

格安SIMを契約するにあたって、その格安SIMの特性について理解しておくことはとても大事です。

MVNOや、MVNOが発行している様々な格安SIMごとに、特徴があります。何かに特化していたり、通信速度が速かったり、低速回線のみだったりと様々です。

最後に、mineoはどんな人におすすめの格安SIMであるかを解説していきたいと思います。

mineoは非常に変わった、そして魅力的な格安SIMですので、ぜひこの記事を読んで、自分の使い方に合っているかどうか検討してみてはいかがでしょうか。

mineoは、低速回線をたくさん利用したい人におすすめ

mineoでは高速回線での通信を行うのが基本ですが、普段は低速回線に切り替えて運用するという方法もあります。

mineoに限らず、大手のMVNOが展開している格安SIMにはターボオン/オフ機能などと呼ばれる、高速通信と低速通信の切り替え機能があります。

しかし、IIJmioDMM mobileなどの場合はこの低速通信の通信量に制限があります。

DMM mobileの場合、3日間に366MB以上低速回線で通信を行うと、低速回線が速度制限されてしまい、さらに遅くなってしまいます。

mineoの場合は、実はこのような制限が特にありません。つまり、低速回線が使い放題なのです。

700円の500MBプランを契約し、普段は低速回線、どうしても速度が必要なときにだけ高速回線を利用するという運用方法ができるのは、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

格安SIMの利用において月額料金はできるだけ抑えたいものですし、通信量はできるだけ多く持っておきたいものです。

低速回線による節約を行えば、500MBや1GBでも3GBプランと同じような運用が行えますね。

通信量が多く必要な人には、mineoがおすすめ

mineoでは、最大10GBまでのプランを選ぶことができます。キャリアで10GBを契約すると、例えばdocomoなら12500円近い金額になってしまいますよね。

しかし、mineoであればデータプランで2520円、docomo回線の音声通話プランであれば3220円で利用できてしまいます。

わずか4分の1程度で同じ容量が使えますので、通信量をたくさん使いたいという方にはmineoはとても魅力的です。

もちろん低速回線は使い放題ですので、上手く切り替えていけばとても大容量の通信が行えます。

ただし、回線速度はキャリアには敵いませんので、高画質な動画の視聴など、大容量の通信を一度に行うのには向きません。

さらに、mineoではフリータンクというサービスが提供されているため、通信量が多く必要な場合、最大1GBまで無料で追加することができます。

500MBプランでもおよそ1.5GB、10GBプランなら11GB利用できますので、とても便利です。

mineoでは、au回線が利用できる

auユーザーでこれから格安SIMに乗り換えようと思っている方には、mineoがおすすめです。

格安SIMにおいてau回線が利用できるのは、mineoUQ mobileの2社しかありません。

それでは、mineoはどういった場合、au回線の利用がおすすめになるのか。解説していきたいと思います。

UQ mobileには、基本的に3GBプランしかありません。さらに通信量が少ないぴったりプランや低速通信使い放題プランが他にありますが、基本的には3GBプランを選ぶこととなります。

つまり、3GB以上の通信は、先月分の繰り越しという形でしか行うことができません。

mineoの場合は6GBプラン、10GBプランの二つがこの上に存在していますので、こういった大容量のプランを契約したい場合はmineo一択となります。

UQ mobilemineoのこの他の違いは、UQ mobileならば別料金はかかるもののキャリアメールを利用することができるということ、そしてUQ mobileは回線速度がかなり安定しているということです。

mineoでは、パケットシェアを行うことができる

mineoでは、家族間でのパケットシェアや、パケットギフトによる友人など他者とのパケットの譲渡を行うことができます。

パケットギフトでは専用のコードが発行されますので、それを入力すると相手の通信量が譲渡されてくるという仕組みです。

あまり推奨はできませんが、ヤフオクなどではこういったパケットがGB単位で格安で販売されています。そのため、通信量を使い切ってしまってもすぐに、そして安い金額でチャージができるという点が魅力的です。

mineoはこんな人におすすめ!▼まとめ

mineoは、

  • 通信量を節約したい人
  • 通信量をたくさん必要とする人(動画をよく見る人など)

こういった方におすすめの格安SIMです。

低速回線が使い放題であるということとフリータンクは、大きな他社とのアドバンテージです。スマホでの通信をよく行うという方は、mineoの契約がおすすめですよ。

データ通信sim 音声通話sim 最安でのデータ容量
mineo-logo
mineo
700円~ 1400円~(docomo)
1310円~(au)
500MB
docomo,au回線が選べる!
サービスやサポートが充実!
初心者ならmineoかTONEが定番!

mineo公式へ

-SIMカード詳細一覧